Doepfer Dark Energy III | MIDI、USB MIDI、CV/Gate コントロールが可能なアナログ・モノフォニック・シンセサイザー

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

DOEPFER ( ドイプファー )がアナログ・セミモジュラー・シンセサイザー「Dark Energy III」を発表しました。

「Dark Energy III」は「Dark Energy II」の後継となるセミモジュラー。MIDI、USB MIDI、CV/Gate コントロールが可能なアナログ・モノフォニック・シンセサイザーです。ウォームアップピリオドのないVCOに改良され、より広いフリケンシーレンジを備えた三角波を搭載。リセッタブルLFO、改良されたADSR、DIYersのための多くの内部アクセスポイントの調整、等、様々なアップデートが加えられています(フィルターの変更はなし)。

The NAMM Show 2018会場にて

Dark Energy IIIはモノフォニックながらスタンドアロンで動作し、USBとMIDIインターフェースを搭載。サウンドジェネレーターとモジュレーションソースは100%アナログ。USBとMIDIインターフェース部分のみデジタル制御となっています。ボディーはブラックメタルケースに木製のサイドプレート、高品位のメタルシャフト付きノブは本体にしっかりと固定されています。

Dark Energy II から Dark Energy III での変更点

  • VCO がノコギリ波コアから三角波コアに変更
  • ウォームアップ時間が不要になり、電源を入れてすぐに安定したピッチで演奏可能
  • VCO のチューニング精度が向上し、8オクターブに渡る 1V/Oct トラッキングを実現
  • VCA のコントロールががリニア・スケールに変更
  • コントロールパネルの LFO1 出力と エンベロープ出力の代わりに LFO1 と LFO2 のリセット入力を搭載 (LFO1 出力と エンベロープ出力は内部基板にピンヘッダーが用意されており、改造により使用可能です)
  • 内部基板の機能拡張用ピンヘッダーが増加、インバーターが追加 (※電子工作に詳しい方向けの機能追加です。ユーザー自身で改造を施した場合は保証の対象外となります。)

仕様

  • VCO
    • 三角波ベースの VCO コア
    • マニュアルチューン・コントロール (内部ジャンパーを使用して半オクターブまたは +-2.5 オクターブに設定可能)
    • レンジスイッチ (-1 / 0 / + 1 オクターブ)
    • フリーケンシーレンジ 約 32Hz (C0) 〜 4.2kHz (C8)
    • FM モジュレーション ソース選択スイッチ (LFO1 / OFF / ADSR)
    • 矩形波のマニュアル・パルスワイズ・コントロール
    • PWM コントロール ソース選択スイッチ (LFO2 / OFF / ADSR)
    • 波形切替スイッチ (ノコギリ波 / OFF / 三角波)
    • スイッチで選択した波形と矩形波の合計を VCF に供給 (矩形波をオフにするにはパルスワイズ・コントロールを0にします)
    • 1V/Oct 外部 CV 入力
    • 矩形波 PWM の外部 CV 入力
    • 内蔵 USB/MIDI インターフェースの CV1 出力に入力された周波数(1V/Oct)の内部 CV 入力
    • ウォームアップ時間なし 電源投入後すぐに安定したピッチコントロールで使用可能
    • 8オクターブに渡る 1V/Oct トラッキング
  • VCF
    • 12dB マルチモードフィルター (ローパス、ノッチ、ハイパス、バンドパス)
    • ローパスからノッチを経由してハイパスに、そしてバンドパスへ連続可変するモード・コントロール
    • マニュアル・フリーケンシー・コントロール
    • トラッキング・スイッチ (ハーフ / OFF / フル) VCO の外部 CV 入力に内部接続されており、ハーフまたはフルに設定されていると VCF が VCO に追従
    • XFM ソース切替スイッチ(LFO2 / OFF / ADSR)
    • XFM コントロール・アマウント (+または-)
    • マニュアル・レゾナンス・コントロール (自己発振可能)
    • 外部オーディオ入力 (VCO に加算)
    • フィルター・フリーケンシーの外部 CV 入力
    • サイン波オシレーターとして数オクターブに渡る 1V/Oct が可能
  • VCA
    • マニュアル・アンプリチュード・コントロール (イニシャル・ゲイン)
    • AM モジュレーション・ソース選択スイッチ (LFO1 / OFF / ADSR)
    • VCA アンプリチュードの外部 CV 入力
    • リニア・コントロール・スケール
  • LFO1, LFO2
    • マニュアル・フリーケンシー・コントロール
    • 波形切替スイッチ (三角波 / OFF / 矩形波)
    • レンジ切替スイッチ (Low / High (オーディオレート) / Middle)
    • リセット入力 (最低 5V からのゲート、トリガー、矩形波の立ち上がりエッジに反応、リセット後 0V から三角波が動作開始)
    • LED ディスプレイ (信号の +/- がモニターできる緑と赤の2色LED)
  • ADSR
    • アタック、ディケイ、サスティン、リリースのマニュアルコントロール
    • レンジスイッチ (Long / Short / Mideum)
    • LED ディスプレイ (明るさで信号の強さがモニターできる青LED)
    • 外部ゲート入力 (内蔵 MIDI / USB インターフェースのゲートアウトに内部接続)
  • USB / MIDI インターフェース
    • MIDI チャンネルとリファレンス・ノート (最低音のC) はラーニング・ボタンと LED で設定
    • ゲート信号と3つのアナログ CV 信号を生成 CV1 : ピッチCV、CV2 : VCF フリーケンシー(MIDI コントローラーに割り当て可能) CV3 : リアパネルから出力 (ベロシティ)
    • CV レンジ : 0 〜 +5V (5オクターブに相当)
    • ゲート信号と3つのアナログ CV 信号はリアパネルからも出力
  • 入力 / 出力
  • フロントパネル
    • CV 入力 VCO フリーケンシー (1V/Oct)
    • CV 入力 VCO パルスワイズ (フルスケールでおよそ5Vレンジ)
    • CV 入力 VCF フリーケンシー (〜1V/Oct)
    • CV 入力 VCA アンプリチュード (0 〜 +5V)
    • ゲート入力 (0 / +5V 〜 +12V)
    • 外部オーディオ入力 (標準 1Vss 入力、ディストーションなし)
    • LFO1 リセット入力
    • LFO2 リセット入力
    • オーディオ出力 (ライン出力、標準1Vss、モノラル)
  • リアパネル
    • USB (タイプB)
    • MIDI IN
    • ラーンボタン
    • Gate : 0/+5V (ゲートおよびラーン機能表示用 LED)
    • CV1 : MIDI ノートメッセージ (0 〜 +5V)(1V/Oct VCO の CV 入力に内部接続)
    • CV2 : MIDI ピッチベンド (-2.5V 〜 +2.5V または -5V 〜 +5V に設定可能 内部ジャンパーにより設定)内部接続なし
    • CV3 : MIDI ベロシティ (-5V 〜 +5V)内部接続なし
    • CV4 : MIDI コントロール・メッセージ (ラーンモードでアサイン可能)内部接続なし
    • CV4 はオーディオ出力としても使用可能 (内部ジャンパーにより設定)
    • 電源 : 12〜15V AC 最小 500mA

発売日

発売中

販売価格

(税抜)¥64,723 (税込 ¥69,900)
JANコード:4582348929886


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

「ユーロラック」タグの関連記事

↑ページトップ