Rupert Neve Designs PORTICO 535 発売!500シリーズのダイオードブリッジコンプレッサー

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Rupert Neve Designs(ルパートニーヴデザイン)は、Neve 33609コンプレッサーの原型ともいわれる2254コンプレッサーの魂を受け継ぐ500シリーズ規格のコンプレッサー「PORTICO 535 (ポルティコ535)」を国内受注開始いたします。

「PORTICO 535」は、パンチと音の太さで知られる2254コンプレッサーなどオリジナルのダイオードブリッジコンプレッサー設計を改修し、高度なタイミングコントロール、完全なステップコントロール、ノイズの低減化、内部並列処理など​​の最新装備を盛り込んだコンプレッサーです。高く評価されている「Shelford Channel」のダイナミクス回路を基に人気の高い500シリーズフォーマット向けに再設計されており、Rupert Neve DesignsのカスタムトランスとクラスA出力アンプを装備しています。

ダイオードブリッジ
「PORTICO 543」や「PORTICO II MASTER BUSS PROCESSOR」で採用されているVCAタイプのコンプレッサーは、透明度ある鮮やかなサウンドを提供しますが、ボーカル、エレキギター、ベース、ドラムなど重要なパートをミックスの中で際立たせたい場合、ダイオードブリッジタイプの重厚で豊かな倍音を湛える音色が不可欠です。
2254のようなオリジナルのダイオードブリッジコンプレッサー設計を当時は限界があったトポロジーを改めて見直すことによって、あの魅力あるサウンドの再現をしながらも、ノイズフロアの改善、タイムコンスタントの拡張、ダイナミックレスポンス向上のための全波形のサイドチェーン検出の追加、スレッショルドとレシオの制御範囲の拡大、ダイオードブリッジ自体のヘッドルームの引き上げなど、あらゆる面に於いてアップデートが施されています。

ドラム(キック/スネア):バイパス

ドラム(キック/スネア):「PORTICO 535」

アコースティックギター:バイパス

アコースティックギター:「PORTICO 535」

PORTICO 535 主な機能

  • Threshold:31箇所のクリック付きノブでコンプレッションのかかり始めるポイントを-25dB~+20dBの間で設定します。
  • Ratio:コンプレッションのスロープを6つの値(1.5:1~8:1)から選択します。
  • Timing:アタックタイムとリリースタイムを1つのノブで設定します(6つのポジション)。
  • Gain:31箇所のクリック付きノブでコンプレッションされた信号レベルを-6dB~+20dBの間で調整します。
  • Blend:31箇所のクリック付きノブでコンプレッションされた信号とされていない信号のミックス比を設定します。パラレルなコンプレッション処理なので、音づくりの幅広がります。
  • Fast:スイッチをオンにするとアタックタイムとリリースタイムが半分になります。
  • Link: スイッチをオンにするともう1台の535ダイオードブリッジコンプレッサーとリンクされ、ステレオオペレーションが可能になります。
  • S/C HP:スイッチをオンにするとコンプレッサーのサイドチェーン信号に150Hzのハイパスフィルターが効くので、キックドラムなどの低音域に反応しないようにできます。

発売日

2017年12月8日(金)

販売価格

(税抜)¥112,000 (税込 ¥123,200)
JANコード:4530027360147

「アウトボード」タグの関連記事



↑ページトップ