【NAMM2017】API 3124V / 3124MV 発表!ディスクリートの4チャンネルプリアンプ

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

API_3124V_3124MV

API ( エーピーアイ / Automated Processes ) は、4チャンネルプリアンプ「3124V」および「3124MV」を発表いたしました。

第一線で活躍するエンジニアの要望を取り入れて設計された各ユニットは、もっとも高品質な性能を誇るマイクプリアンプといえます。

シンプルな4チャンネルのマイク/ラインプリアンプである「3124V」は、基本的には「3124+」と同じ設計になりますが、2つの重要な追加機能が加わりました。一つは、長年要求されていた機能で「3124MB+」に採用されているフロントパネルに配置されたレベルコントロール機能です。このレベル調整を搭載したことにより他の入力レベルが敏感なデバイスにも対応できるようになります。

もう一つの新機能は、フロントパネルに配置された切り替え可能な3:1 アウトプットトランスセレクションです。このアッテネーター機能により、標準レベルで対応できない異なるレベルのハードウェアがあってもゲイン変更することが可能となります。

「3124MV」は、「3124V」に、AUXとPANを搭載したいわゆるミキサー機能が追加されたモデルです。

「3124V」および「3124MV」どちらとも、3124 +および3124mb +と同様のAPI2520オペアンプ、API独自のクラシックコンソール回路を採用。マイクはもちろん、Hi-Z用の入力を装備しているためエレキギターやベースといった、低レベルで高インピーダンスの楽器のレコーディングにも最適です。また、Hi-Z入力は入力レベルを+20dBuまでコンバートすることができるため、キーボードにも最適です。

NAMM2017にて
API_3124V_namm2017_3

API_3124V_namm2017_2

API_3124V_namm2017

API_3124V_3124MV_4

3124V / 3124MVの主な特徴

  • クラシックAPIコンソール回路設計
  • オリジナルAPI 2520オペアンプ
  • XLRマイク入力 x 4
  • 3:1 アウトプットトランスセレクション
  • 可変 アウトプットレベルコントロール
  • 1/4インチ アンバランスフォン入力 x 4(Hi-Z対応)
  • 極性反転スイッチ
  • -20dBパッドをフロントパネルに装備
  • マイク/ライン切換スイッチ
  • 48Vファンタム電源スイッチ

発売日

2017年7月10日(月)

販売価格

3124V
(税抜)¥407,000 (税込 ¥439,560)

3124MV
(税抜)¥467,000 (税込 ¥504,360)

「アウトボード」タグの関連記事

↑ページトップ