手軽に高音質レコードサウンドが楽しめDJプレイにも対応したPioneer DJ ターンテーブル PLX-500

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

PLX500MAIN

Pioneer DJは同社のプロフェッショナル・アナログターンテーブル「PLX-1000」のサウンドクォリティを踏襲した、幅広い方にアナログレコードを楽しんでもらえるための機能を備えたモデル「PLX-500」を発表しました。

主な特徴

LINE出力に対応

PHONO出力だけでなくLINE出力に対応しています。例えばパワードスピーカーと直接接続するだけで高品位なアナログレコードサウンドを手軽に楽しむことができます。

USB端子搭載

plx-500-k-rear

本機のUSB-B端子とPC/Macを直接接続し、アナログレコード音源をデータ化してPC/Macに録音することが可能です。録音の際は無償の音楽管理アプリケーションrekordbox™ (Ver.4.2.1以降) の録音機能を使うことにより、簡単な操作でデジタル録音することが可能です。これにより、お手持ちのアナログレコードを簡単にデータ化して保管することができ、モバイルデバイス等で外に持ち出して聴くことが可能となります。

ダイレクトドライブ

plx-500-k-front

ハイトルクダイレクトドライブ方式を採用していますので、2台の PLX-500 とDJミキサーを組み合わせることで楽曲のミックスやスクラッチなどのDJプレイが可能です。

インテリアにも配慮した設計

開いたダストカバーにレコードジャケットをディスプレイできる設計になっています。レコードジャケットを鑑賞しながらアナログレコードサウンドをお楽しみ頂けます。

Pioneer_plx-500-k_dust

定番のブラックカラーに加え、コードプレーヤーには珍しいホワイトカラーも登場。部屋のインテリアに合わせカラーを選べます。

plx-500-w-angle

上位機種PLX-1000との比較

PLX-1000 PLX-500
駆動方式 クオーツサーボ式ダイレクトドライブ サーボ式ダイレクトドライブ
ターンテーブル アルミダイキャスト 直径:332mm アルミダイキャスト 直径:332mm
モーター 3相ブラシレスDCモーター 3相ブラシレスDCモーター
ブレーキシステム 電子ブレーキ 電子ブレーキ
回転数 33⅓-45 rpm 33⅓, 45, 78 rpm
回転数調整範囲 ±8, ±16, ±50 % ±8 %
ワウ・フラッター 0.01%以下 (この値は、モーターに内臓のFG信号を用いて測定した値です。) 0.15 %以下WRMS
S/N比 70 dB 50 dB
起動トルク 4.5 kg/cm以上 1.6 kg・cm 以上
起動時間 0.3 秒(33⅓ rpm時) 1 秒以下 (33⅓ rpm時)
トーンアームタイプ ユニバーサルタイプS字型トーンアーム

ジンバルサポート型軸受構造

スタティックバランス型

ユニバーサルタイプS字型トーンアーム

ジンバルサポート型軸受構造

スタティックバランス型

オーバーハング 15 mm 16 mm
有効長 230 mm 230.5 mm
トラッキングエラー 3°以内 3°以内
アーム高さ調節範囲 6 mm 6 mm
針圧可変範囲 0-4 g (1目盛 0.1 g) 0-4 g (1目盛 0.1 g)
適正カートリッジ質量 3.5-13 g < 9.5 g

発売日

2016年9月16日

販売価格

PLX-500-K
(税抜)¥36,852 (税込 ¥40,537) 価格改定(2019年10月1日~):(税抜)¥36,000 (税込 ¥39,600)
JANコード:4573201240460


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

PLX-500-W
(税抜)¥36,852 (税込 ¥40,537) 価格改定(2019年10月1日~):(税抜)¥36,000 (税込 ¥39,600)
JANコード:4573201240484


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

【関連記事】

「djvj」タグの関連記事

↑ページトップ