ベースやアコギ、キーボードなど様々な機器に対応するスーパー DIボックス Radial JDV mk5

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

RDI_JDV-mk5_01

Radial ( ラジアル ) は、2 チャンネルのアクティブDIボックス「 JDV mk5 」を発売いたします。

「 JDV mk5 」は、クリップ式マイクなど様々なピックアップや楽器の出力を繋げられることができるDIボックスです。入力は2系統あり、それらを切り替えたりミックスが可能です。他にも、DRAGコントロール/ハイパス・フィルター/PHASER/+20dBスイッチ/180°極性反転/グランドリフトを始め、様々な機能を搭載しています。

2チャンネル
入力は2系統(A/B)あり、それらを切り替えて、もしくはミックスして出力できます。切り替えは本体で行う他、別売りのデュアル・フットスイッチでも行えます。フットスイッチを使えばミュートも可能です。

各種ピックアップ/楽器/マイクから入力
各種ピックアップ(パッシブ|アクティブ|ピエゾ)を搭載したベースやアコギ、キーボードの様な高出力のライン・レベル楽器、アコースティク楽器用のクリップ式マイク(CH Aのみ)等、様々な機器から入力できます。コンデンサー・マイク用に48Vファントム電源の供給も可能です。両CHともピエゾ・ピックアップに最適な10MΩに設定できます。

DRAG(ドラッグ)コントロール
チャンネルAにあるDRAGコントロールをONにすれば、インピーダンスを調節しアンプ直で繋いだサウンドを再現することができます。特にパッシブ・ピックアップの楽器を繋いだ場合に効果を発揮します。チャンネルBはインピーダンス切替(220k/10M)のみが可能です。

ハイパス・フィルター
A/B両チャンネルに搭載しているハイパス・フィルターは、不要な低域をカットし、すっきりとしたサウンドにします。特に、ウッドベース/アコギ/バンジョー/フィドル/マンドリン等、違うサイズのアコースティック楽器を一緒に演奏する際に便利です。

PHASER(フェイザー)
2系統の入力(A/B)をミックスする際、位相を調節できます。アコギのピックアップをAに、マイクをBに入力した場合、位相を揃えて一致させれば、生々しく輝きのあるサウンドになります。

+20dBスイッチ
出力をマイク・レベルからライン・レベルに切り替えます。プリアンプを使わず、本機からダイレクトに録音する際に便利です。

その他
ビンテージ機器用に180°極性反転、ハムノイズ対策用のグランド・リフトとアイソレート機能、アンプ接続用のスルー端子、チューナー用の専用端子もあります。

RDI_JDV-mk5_front-rear

発売日

2016年3月26日

販売価格

JDV mk5
(税抜)¥70,200 (税込 ¥75,816) 価格改定(2016年12月):(税抜)¥57,600 (税込 ¥62,208)
JANコード:4519581034602 JANコード:0676101043484

「プリアンプ」タグの関連記事

↑ページトップ