Teenage Engineering OP-Z | ワイヤレス 16トラック マルチティンバーシンセ

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Teenage Engineeringがガジェットライクなワイヤレス 16トラック マルチティンバーシンセサイザー「OP-Z」を発表しています。(写真中央がOP-Z、下はOP-1)

内蔵音源はすべてのパラメータがシーケンス可能、また映像をVJのようにリアルタイムでシーケンスする機能を搭載しています。待ちに待った国内での発売は2018年を予定。詳細は後ほどお伝えいたします。

OP-Z ファームウェア OS 1.2.5リリース

OP-Zでサンプリングができるようになりました!!このOSには新たにサンプリングモード機能が搭載されており、マイク、ヘッドセット、USBから直接OP-Zにサンプリングができます。

新しいOSは2チャンネルオーディオインターフェイスを搭載しており、デジタルオーディオをサンプリング用としてOP-Zに送信したり、OP-Zからデジタルオーディオを受信したりして簡単に録音することができます。また、ピッチ、ゲイン、再生モード、再生方向をサポートした完全なOS-1サンプルフォーマットを使用できるようになりました。さらに、安定性が向上し、バグが修正されています。

OP-Z ファームウェアアップデート方法特設ページ:https://www.minet.jp/contents/info/op-z_firmware-update/

demo by Grant Smith (TeenageEngineering)

「OP-Z」は、完全にスタンドアローンで動作し、音楽&ビジュアル&ライティングを操作できるシーケンサーです。ディスプレイは搭載していませんが、iPhoneなどの液晶を使って表示できるため直感的に操作可能です。

USB-Cホスト/デバイス・ポート、BLEによるワイヤレス・コミュニケーション、4極 3.5mmステレオ・ヘッドフォン/ライン出力、加速度センサー、交換可能なバッテリ、内蔵マイク等、充実のハードウェア機能も備えます。

シーケンサー

OP–Zの特徴の1つは、各トラックを他のトラックに対し、完全に独立して再生・操作できるところにあります。異なるスピードでの再生長さやループ・ポイントもトラックごとに設定できる自由度高いシーケンス機能となっています。さらに、トラックを個別にジャンプ・カットバック/フォワードさせる、といったイレギュラー/ランダムな動作をさせることも可能です。繰り返しの短いシーケンスでも変化を付け加えることができます。

各トラックは1〜144ステップの長さをトラックごとに設定できます。100%クオンタイズされたビートはもちろん、グリッドから完全に離れた状態にまで自在に操ることができます。また。リアルタイム・メロディ分析機能を利用すれば、6オクターブにおよぶシーケンス全体を、異なるスケールに自動でトランスポーズさせることも可能です。

サウンド・エンジン

OP-Zは8種類のシンセシス・サウンド・エンジンを搭載しています。さらに多くのエンジンが継続して提供される予定で、OP-Zアプリのコンフィギュレーターから入手できるようになります。

サンプル

OP-Zには、16種類のサンプル・パックが付属、各パックは24個のサンプルを収録します。基本となるコンフィギュレーションは、キック、スネア、パーカッション、そしてエフェクトで構成されています。もちろん、ユーザーオリジナルのサンプルも簡単に追加することができます。

エフェクト

OP-Zでは、2つの個別FXバスが用意されています。これらはすべてのインストゥルメント・トラックで共有することができます。内蔵エフェクトはディレイ、リバーブ、ビット・クラッシャー、ディストーションを収録。将来的なファームウェア・アップグレードにより、さらに多くのエフェクトがOP-Zに提供される予定です。

iOSデバイスへワイヤレス接続

OP–ZをワイヤレスでiOSデバイスと接続することもできます。BLEテクノロジーで実現した低消費電力モードにより同期したまま、何時間も動作させることが可能です。

OP-Zアプリを利用すれば、制作中の楽曲を数値とグラフでリアルタイムにチェックしたり、各インストゥルメントのミックスバランスや、割り当てているエフェクト量なども、ひと目で確認できます。

ピッチベンドとマイク

OP-Zのフロント部分は、ピッチベンド用の柔らかい感圧式ボタンを備えています。また本体を口元に向ければ、加速度センサーによってマイクが自動で起動。ファンクション・ボタンを押し続ければマイク設定を変更することができます。

メイン機能ボタンと拡張ポート

OP-Zのリアパネルには、プロジェクト、ミキサー、テンポ、そしてスクリーン接続ボタンを備えています。これらのボタンを押しながら操作することで、OP-Zの主要機能にアクセスできます。

曲制作を行うプロジェクトボタンを使用すると、10個のプロジェクトの選択を行えます。1つのプロジェクトは16パターンあり、1つのパターンは8トラックのインストゥルメントで構成されています。
ミキサーボタンはライブミキサーにアクセスして、トラックのバランスを調節することができます。また、このボタンを押すごとに、クリーン・ボイス(パス・スルー)とOP–Z の二つのリアルタイムFXバスを切り替えることができます。

ボタンと並んで備えられた拡張ポートはハードウェア機能の追加に使用します。今後発表される予定の、素晴らしいモジュールにご期待下さい。

フォトマティック

OP-Zはフォトマティック機能を搭載しています。これは数枚のスナップ写真を撮り、これらをビートに合わせて演出するといったミュージック・ビデオを、”あっという間に”作成することができます。フォトマティックは、24枚までの画像を使ったシーケンスを最大10個まで作成可能。さっと撮影して幾つかのフィルターを適用すれば、ミュージックビデオがその場で完成します。

Unity® 3Dを完全統合

OP-Zは、豊かな3Dアニメーションを、作成した曲やビートとリアルタイムで同期することができます。ビジュアルは、世界で最も人気のマルチプラットフォームのゲーム・エンジン Unity®で独自に作成することができます。Unity®にリンクしたOP-Zの内部コントロール・データを公開することで、ユーザーはUnity®内でさまざまな制作を行い、パフォーマンスをポリゴン単位にまでカスタマイズ、ライブセットに合わせたユニークなビジュアルを完成させることができます。

VJにおける最大の弱点は常にコンテンツ作成だったといえます。もし、アイデアが浮かばないのなら、Teenage Engineering videolabのgithubにアクセスし、いくつも用意された素材をダウンロード、3Dの世界を味わってみてください。

予定される仕様

  • シーケンス:アドバンスド・マルチスピード16トラック・シーケンサー
  • ステップ・コンポーネントによる楽曲制作
  • エンドレス・シーケンスステップ
  • トラックごと独立した長さに設定可能
  • トラックごと独立したスピードに設定可能
  • パラメーターロック
  • ステップ・レコーディング
  • ライブ・レコーディング
  • MIDI、CVおよびトリガートラックによるシーケンス
  • イメージ/3Dグラフィックシーケンス
  • DMXライティング・シーケンス
  • インストゥルメント・トラック:16の個別に独立したシンセシス、サンプラー、コントロールトラック
    • キック
    • スネア
    • パーカッション
    • サンプラー
    • ベース
    • リード
    • アルペジオ
    • コード
    • FXスロット1
    • FXスロット2
    • テープ
    • ミキサー
    • MIDI
    • cv & trig
    • ライティング
    • モーション
  • パターン
    • 160のユーザープログラミング・パターン
    • エンドレスパターンのチェーンが可能
  • エフェクト
    • アップグレード可能なモジュラーエフェクト・アーキテクチャ。内蔵エフェクト: ディレイ、リバーブ、フィルター、トレモロ他。
  • ステップ・コンポーネント
    • 14のマルチプログラム・ステップ・コンポーネントによる先進のステップシーケンス。
  • スクリーン
    • iOSとペアリング接続することでiOSデバイスをOP-Zのディスプレイとして使用可能。
  • iOSアプリ
    • OP-Z iOSアプリがApp Storeから無償ダウンロード可能に
  • 対応
    • Apple Metalグラフィック規格に対応するiOSデバイスで使用可能
  • デュアルドメイン・シンセシス
    • デュアルドメイン・シンセシスによる超低レイテンシー・パフォーマンスを実現
    • ハードウェア
    • analog devices blackfin 70X DSP
    • cirrus logic audio co-processor
    • 1250 MMACS
    • 48kHz 24-bit DAC
    • 122 dB SNR
    • 115 dB ダイナミックレンジ
  • センサー
    • 6軸モーションセンサー(G-Force)にあらゆるシンセ・パラメータをアサイン可能
  • ワイヤレス
    • bluetooth 5.0 LE
  • バッテリ
    • スタンバイモードで1年間
    • 最大6時間の動作時間
    • 交換可能
  • コネクタ
    • usb type c
    • 3.5 mm 4-poleジャック
  • 入力
    • 2オクターブ・鍵盤キー
    • 51 メカニカル・キー
    • 感圧式ピッチベンド
    • 4 つのマルチ高解像度カラーエンコーダー
    • ボリュームノブ/電源スイッチ
    • ペアリング・ボタン
  • UI
    • 53 LEDインジケータ
    • 29個のRGB+W LEDインジケータ
    • 24個のW LEDインジケータ
  • マイクロフォン
    • MEMSマイクロフォンを内蔵
  • 堅牢な設計
    • 高硬度のプラスチック筐体
    • IXEF 1022 PARA + グラスファイバー50%
  • ユニークなエンコーダ設計
    • 独自設計のフローティングボール・ベアリングホールセンサー・エンコーダで高さと使用による劣化を最小限に
  • 寸法 *ボリュームノブ部 6mmは除外
    • L 212.5 mm
    • H 57.5 mm
    • D 10 mm
  • 付属品:usb t充電およびコントロール用USB C - USB-Aケーブル。

こんなプリセットグラフィックもあるようです(なぜか日本のデコトラ)。

OP-Z(TE012AS001)

発売日

2018年11月26日

販売価格

(税抜)¥68,000 (税込 ¥74,800)価格改定(2019年10月1日~)(税抜)¥63,300 (税込 ¥69,630)
JANコード:4533940089751

近日中価格改定となります


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

関連アクセサリー(別売オプション)

oplab module

oplab module | OP-Zに楽器をリンクさせるモジュール

oplabモジュールは、OP-Z用の初めてのハードウェア拡張モジュールです。OP-Zの背面にoplabをセットするだけで、ポケットオペレーターやモジュラーシンセサイザーを含むあらゆるハードウェア・シンセサイザー、標準的なCVとゲートを使用するあらゆる機器と接続することが可能になります。搭載されている3つのCVアウトと1つのゲートアウトは、すべてOP-Zから設定/コントロールすることが可能です。

例えば、手のひらサイズのPOシリーズをoplabモジュールを通してOP-Zに接続すれば、ポケットオペレーターから出力されるpo sync out信号に同期させて演奏することも思いのまま。

標準MIDIデバイスとの接続には、3.5mmジャックのMIDIケーブル、もしくは付属のMIDI over dinアダプタケーブルを使用可能。oplabはMIDI IN/OUTとTRIG IN/OUTの両方の入出力を装備しているので、様々なシンセサイザーやシーケンサーとの接続が可能。また、モバイルやPCの専用アプリケーションを通して、様々なパラメータを確認しながら、簡単に設定の変更/コントロールが行えます。

スペック

  • CV 出力: 最大電圧: 0 to +5V
  • CV 2 / 3 出力: 最大電圧: -5 to +5V
  • gate 出力: 最大電圧: 0 to +5V
  • midi 出力: 最大電圧: 0 to +5V
  • trig 出力: 最大電圧: 0 to +5V
  • po 出力: 最大電圧: 0 to +5V
  • midi 入力: 最大電圧: -10 to +10V
  • trig 入力: 最大電圧: -10 to +10V

OP-Z oplab module(TE015AS001)

発売日

2019年8月26日

販売価格

(税抜)¥18,000 (税込 ¥19,800)
JANコード:4533940103426


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

rumble module

rumbleはOP-Zのハードウェア拡張モジュールです。内蔵の触覚サブウーファーで、高解像度の振動触覚フィードバックと心理音響技術を使用して、音楽を感じることができます。周波数応答10 – 150 hz。サイレントメトロノームモードも備えており、ライブを行うときにビートを正確に把握できます

発売日

2019年10月25日

販売価格

(税抜)¥10,800 (税込 ¥11,880)
JANコード:4533940109206


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

アクセサリーOP-Z 専用ケース

OP-Z pvc roll up yellow bag
(税抜)¥2,400 (税込 ¥2,640)
JANコード:4533940089768

OP-Z pvc roll up grey bag
(税抜)¥2,400 (税込 ¥2,640)
JANコード:4533940089775

アクセサリー OP-Z ケーブル

OP-Z cable reg right angle150cm
(税抜)¥3,200 (税込 ¥3,520)
JANコード:4533940101996

OP-Z audio cable reg 750mm
(税抜)¥2,400 (税込 ¥2,640)
JANコード:4533940102009

OP-Z cable reg curly 1200mm
(税抜)¥3,200 (税込 ¥3,520)
JANコード:4533940102016

USB cable type C to type C
(税抜)¥3,200 (税込 ¥3,520)
JANコード:4533940101439

「synthesizer」タグの関連記事

↑ページトップ