パイオニアがターンテーブル「PLX-1000」を正式発表!

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

PLX-1000_WEB01

Musikmesse 2014会場で一際目を引いたのが、標準モデルとも呼ばれるTechnics SL-1200ライクなルックスで参考出品(?)されていたPioneer(パイオニア)のアナログターンテーブルでした。

そしてこのたび本当に正式リリースされました!その名も「PLX-1000」

なんと30年ぶりとなるアナログターンテーブル復活

「PLX-1000」確実なDJプレイを可能にする操作レイアウトと素早い立ち上がりを実現する業界最高クラスの高トルクモーターを採用しクラブクオリティーを追求した高音質設計のプロフェッショナルターンテーブルです!

2014年7月17日に東京ミッドタウンbillboard LIVE TOKYOにて開催された新製品発表会の模様も合わせてご紹介して参りましょう!会場入口で展示されていた実機

DSC06969

PLX-1000の主な特徴

  • 使いやすさを追求した操作レイアウト
  • 安定した回転と素早い立ち上がりを実現するダイレクトドライブ方式(*1)
  • アナログレコードの音質を活かす高音質設定
  • 可変幅を3段階から選択できるテンポコントロール
  • 着脱可能な電源ケーブル・音声ケーブル
  • 端子接続部がある背面とミキサーを近接して設置する縦置きのセッティングを考慮し、接続したケーブルが本体の外形寸法から突出しない構造を採用しています。
  • インシュレーターのダンバー部分にゴムとバネを採用することで、外部からの振動によるノイズを吸収/遮断すると共に、安定した設置を可能にします。
  • START/STOPボタンの動作音を抑制したことで、快適にDJプレイができます。
  • 安定した持ち運びに配慮し、本体左右の底面に凹凸を施してます。

(*1)モーターとターンテーブルを直接つなぐ方式。モーターの回転力を駆動体に直接伝えることで、ロスが少なく、高効率で力の伝達が可能。

ダストカバーはフラットデザイン

PLX-1000_angle_cover

使いやすさを追求した操作レイアウト

DJ機器の世界的トップメーカーとして、長年培ってきたノウハウを活かしながら、ターンテーブルユーザーのニーズを徹底的に調査し、使いやすさを追求した操作レイアウトです。迷うことのない、直感的なDJプレイを可能にします。

PLX-1000_top01

ステージ上のDJブース

DSC06976

安定した回転と素早い立ち上がりを実現するダイレクトドライブ方式

ダイレクトドライブ方式の採用により、クラブ等の現場での使用に耐え得る安定した回転を実現しました。また、業界最高クラスの高トルク(*2)モーターの搭載により、4.5kg・cm以上の起動トルクを実現し、わずか0.3秒(33 1/3 rpm時)で定速回転に達します。

(*2)ある固定された回転軸を中心にはたらく回転力の強さ。

DJ KENSEIさんによるデモの模様

DSC06998

アナログレコードの音質を活かす高音質設計

1. トーンアーム内部にゴムチューブを搭載したことで、ハウリングを抑制します。

PLX-1000_section_アーム

2. 筐体の上部には質量が大きい亜鉛ダイキャスト、下部には厚さ8mmの樹脂を採用したことに加え、筐体の底部に厚さ9mmの振動抑制材を搭載したことで、優れた制振性を実現しています。

PLX-1000_section_振動抑制材

3. RCA端子には高級オーディオブランドである”TAD”のディスクプレーヤーにも搭載されている金メッキを施した削り出し部分を採用しました。

プラグとの安定した接続でPHONO信号をダイレクトに伝送することにより、アナログレコードの音を忠実に高音質で再生します。

可変幅を3段階から選択できるテンポコントロール

テンポ可変幅を、±8%、±16%、±50%から選択でき、幅広いテンポコントロールによりDJプレイの幅を広げます。また、RESETボタンを押すだけで瞬時に±0%の定速回転に戻すことができます。

PLX-1000_top_tenpo

着脱可能な電源ケーブル・音声ケーブル

電源ケーブルと音声ケーブル(アース線含む)が着脱可能なので、本機を持ち運ぶ際もケーブルが邪魔にならず、移動時の衝撃や引っかかりによる断線を回避できます。

PLX-1000_rear_

PLX-1000の仕様

  • 電源 : AC 100 V, 50 Hz / 60 Hz
    • 消費電力 : 8 W
    • 本体質量 : 13.1 kg
    • 外形寸法 : 453 mm(W) × 353 mm(D) × 159 mm(H)
    • 出力端子 : RCA端子 × 1
    • 付属品 : ターンテーブル、ターンテーブルシート、スリップマット、スリップシート、ダストカバー、バランスウェイト、サブウェイト、ヘッドシェル、シェルウェイト、EPレコード用アダプター、電源コード、音声ケーブル、アース線、保証書、取扱説明書
  • ターンテーブル部
    • 駆動方式 : クオーツサーボ式ダイレクトドライブ
    • モーター : 3相ブラシレスDCモーター
    • ブレーキシステム : 電子ブレーキ
    • 回転数 : 33 1/3 rpm,45 rpm
    • 回転数調整範囲 : ±8%、±16%、±50%
    • ワウ・フラッター : 0.1 % 以下 WRMS (JIS WTD)
    • S/N比 : 70 dB (DIN-B)
    • ターンテーブル : アルミダイカスト 直径:332 mm
    • 起動トルク : 4.5 kg・cm以上
    • 起動時間  0.3秒 (33 1/3 rpm時)
  • トームアーム部
    • アーム形式 : ユニバーサルタイプS字型トーンアーム、ジンバルサポート型軸受構造、スタティックバランス型
    • 有効長 : 230 mm
    • オーバーハング : 15 mm
    • 適正カートリッジ質量 : カートリッジ単体:3.5g~13g

      (シェルウェイト使用時 3.5g~6.5g/バランスウェイトのみ使用時 6g~10g/サブウェイト使用時 9.5g~13g)

    • トラッキングエラー : 3゜以内
    • アーム高さ調整範囲 : 6mm
    • 針圧可変範囲 : 0g~4.0g(1目盛0.1g)

PLX-1000_setcut

DSC07006

発売日

2014年9月13日(土)

販売価格

PLX-1000
(税抜)¥73,000 (税込 ¥80,300) 価格改定(2019年10月1日~):(税抜)¥72,000 (税込 ¥79,200)
JANコード:4988028245565


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

【関連記事】

UDG ターンテーブルハードケース、Apollo Twin 対応ハードケース、ホイール ラップトップ バックパックが発売

DJ新製品一覧は ⇒ こちら

「djvj」タグの関連記事

↑ページトップ