【今さら聞けない用語シリーズ】MIDIとオーディオの違い

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

MIDIとUSBとの関係

最近はMIDIキーボード(音源を持たないMIDI出力が可能なキーボード)やオーディオ・インターフェースとパソコンを接続する際にはUSBケーブルで接続する場合も多いですね(※)。なかなかMIDIケーブルを使う機会も少なくなってきましたが、だからといって「じゃあもうMIDIって時代遅れ?」と思ってはいけません。

実はUSB接続されたMIDIキーボードからパソコンに送られるのは「MIDI信号(データ)」であることは今も代わりはないのです。やり取りする方法が「MIDI端子+MIDIケーブル」からUSBケーブルに変わっただけなのですね。ソフトシンセを鳴らすためにはあいかわらずMIDIデータが必要なのです。

今では KorgのmicroKEY AirやCMEのXkey Airのように、Bluetooth(ブルートゥース)でMIDI信号をワイアレスで飛ばすといったことも可能になっていますが、これもまたMIDI情報を飛ばして使っていることに変わりありません。

microKEY Air

microkey2_air_01

Xkey Air

XkeyAir9

(※)このようにUSBケーブルでは、MIDI信号の他オーディオ信号も送ることができるわけですが、他にもMIDI信号やオーディオ信号の送受信を行う事ができる規格には、IEEE1394(FireWire)、Thunderbolt(サンダーボルト)などがあり、これらに対応したオーディオ・インターフェースなどの製品も多く発売されています。

MIDIとオーディオの違い~まとめ

MIDI信号で演奏情報のやり取りができる!ということはお分かりいただいたと思います。重要なことはMIDIは主に「演奏情報」を扱う規格ですので、オーディオ波形のように音そのものの情報はありません。簡単に言うと「ドの鍵盤をこれだけの強さで弾いたよ~」といった情報に過ぎませんから、シンセやリズムマシン、サンプラーといった「音源を鳴らして初めて音が出る」わけですね。

MIDI_AUDIO_13

たとえばソフトシンセを下記の様な流れで使う場合を考えてください。

  1. MIDIキーボードでソフトシンセを鳴らす、音色を選択する。
  2. DAWに記録(録音・打ち込み)リアルタイム入力、またはステップ
  3. 再生してソフトシンセが鳴る

たとえばソフトシンセのピアノ音色を選んでDAWに打ち込んだとします。しかし再生する際にストリングスの音色に切り替えれば、打ち込んだMIDIデータはストリングスの音で鳴ることになります。

もし本物のギターをオーディオ・インターフェースにつないでDAWに録音した場合、あとからピアノの音色に変更することはできませんね、だってギターの音そのものですから。将来的に凄いエフェクターが発明されたらどうなるかわかりませんが、今のところそれは困難です。

一方、MIDIデータの場合は、鳴らしたい音源(ソフトシンセなど)側であとからいくらでも音色を差し替えることができます。それがMIDIデータの利点の一つです。打ち込みの時はエレピだけだったけど、後からブラスとオルガンをレイヤー(重ねること)するなんてこともDAW上であっという間にできてしまいます。

他にも、速弾きフレーズをテンポを落として録音(記録)、ミスノートの修正、クオンタイズ(タイミングを補正する機能)も自由自在です。「スコア(楽譜)」機能も便利ですね。

例)手弾きフレーズだとどうしてもタイミングがズレます

MIDI_AUDIO_46

クオンタイズ機能で一瞬でタイミング補正可能!

MIDI_AUDIO_47

音符の長さも自由に修正できます

MIDI_AUDIO_48

完成

MIDI_AUDIO_49

このように「打ち込みでは表現困難だったり、せっかくだから生が良いよねといったボーカル、ギター、サックスといった各種楽器はオーディオ録音で、その他は打ち込みで」といったスタイルの音楽制作を行っている方も多いと思います。

なおDAWのMIDIトラックに演奏を記録(打ち込み)することも慣例で「レコーディング、録」と呼びますが、実際には音声のレコーディングを行っているわけではありません。ややこしくてすみません。

MIDIトラックをオーディオにする場合

前述のとおり、オーディオとMIDIパートを併用して楽曲制作を行う方も多いと思いますが、完成形として作品をSoundcloud等にアップしたりCDを焼いたりする場合には、最終的には2トラックのマスターオーディオ・データ(ツートラミックスなどとも言います)に仕上げる必要があります。

DAWのエクスポート機能を使うことで、使用しているソフトシンセや各種エフェクトが反映されたツートラミックスを手軽に作ることもできます

Cubaseのエクスポート機能~オーディオミックスダウン

MIDI_AUDIO_43

たとえばCDに焼くなら44.1kHz、16ビットでエクスポートします

MIDI_AUDIO_45

このエクスポート機能は、MIDIトラックでソフトシンセを鳴らしている状態(オーディオトラックにはなっていない)プロジェクトであっても、曲全体をツートラミックスのオーディオとして書き出してくれます。内部で演算処理を行い「MIDIデータ+ソフトシンセ」をオーディオに変換しているわけです。便利ですね。

しかしソフトシンセを沢山立ち上げて制作をしていると、しまいにはパソコン処理が間に合わなくなって音割れや、動作が不安定になってくる場合もあります。

そこでソフトシンセを鳴らしているMIDIトラックを、ある時点で随時オーディオ・データに変換してしまうという方法もよく使われています。「もうこのパートはこの音色で決まり」という判断が付いた段階でMIDIトラックで鳴らしているソフトシンセをオーディオ化(フリーズなどとも言います)するわけですね。比較的非力なパソコンの場合は特に有効な手段です。

MIDIトラックのデータを、

MIDI_AUDIO_41

すべてオーディオデータにしてしまう

MIDI_AUDIO_42

Cubaseの場合、バージョン8から任意のトラックのMIDIデータを素早くオーディオトラック化してくれる「インプレイスレンダリング」という機能が実装されており、エフェクト設定なども反映することができるので非常に便利です。

こうして全MIDIトラックをオーディオ化することで、安定した環境で最終ミックスを行うことができるわけですね。

自宅で制作した楽曲のマルチトラックオーディオ・データを、スタジオのエンジニアに渡し、他のDAWで最終的にミックスダウンして仕上げてもらうといったこともできます。この場合注意しなくてはならないのは、時間軸を合わせるために必ずすべてのファイルが曲の頭から始まっているようにすることです。たとえば5分の曲で、最後の10秒しか出てこないパートであっても必ず曲頭から切り出しておく必要があるわけです。

こうしておかないと他のDAWで読み込んだ際に、各トラックのタイミングが合わずに大変な事になってしまいます。

0004

なおケースバイケースですが、他のDAWにデータを受け渡しミックスしてもらうことを考えると、リバーブやディレイ等のエフェクトがかかっていないドライな音にしておいた方が良い場合もあると思います。

各楽器のトラックをエクスポート

MIDI_AUDIO_50

他のDAWで読み込んでミックス作業

MIDI_AUDIO_52

楽曲データの受け渡しには「OMFファイル」という異なるDAW同士で互換性のあるファイル形式を使用する方法もあります(※)。このファイル形式では使用しているオーディオ・データや映像ファイルの位置などに互換性があるので、コラボ(共同作業)などが楽になりますね。ただしOMFファイルにはMIDIデータは含まれないので、必要に応じて後述のSMFを併用する必要があります。

(※)OMF対応のDAW:ProTools、Cubase、Nuendo、SONAR、Logic、DP など

CubaseのOMFファイル書き出し

0005

OMF

MIDIデータの活用例

MIDIデータはオーディオデータと比較するとデータサイズが非常に小さく、またテンポやキーチェンジに柔軟で、楽譜表示なども可能であるため、現在でも「MIDIデータ楽曲」は通信カラオケ等でも活用されています。また特定のシンセ音源用に作られた楽曲ファイルがいまだ販売(※)もされていますし、MIDI楽曲制作愛好家も大勢いらっしゃいます。中には楽譜代わりに活用している方もいらっしゃるようです。

【関連記事】DTM黎明期の銘器「SC-88Pro」が復活!ローランドが「SOUND Canvas for iOS」を発表

あるDAWで作った楽曲MIDIデータを、他のDAWでも読み込みできるようにするためには SMF(Standard MIDI File)という形式で保存すればOKです。このSMFを単に「MIDI」と呼ぶ方も中にはいらっしゃいますが「MIDI規格」「MIDI信号」「MIDIデータ」「SMF」の違いはしっかり理解しておきたいですね。

日進月歩のオーディオ解析・編集の技術ですが、もしかしたら将来的にはMIDIデータ並に融通が聴くようになるかもしれません。オーディオからの楽譜表示や、2chマスターから楽器パートごとにマルチトラックオーディオを抽出してしまう等、夢の様な技術が現れるのは非常に楽しみです。とはいえまだまだ「MIDI」の利便性は手放すことができません。

というわけでオーディオとMIDIをうまく活用して楽曲制作を楽しんでいただきたいと思います。


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

続きを読む: 1 2 3

Namm Show 2018

↑ページトップ