【今さら聞けない用語シリーズ】MIDIとオーディオの違い

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。


MIDI(ミディ)とは何でしょう?

先ほどのDAWの画面をもういちど見てください。

MIDI_AUDIO_01

黄色で囲ってある場所が「MIDIデータ」が収納されている「MIDIトラック」というものです。

ではあるMIDIデータを、色々な画面で見てみることにします。なお各画面の名前はCubaseでの呼び方で、これはDAWの種類によって変わります。

キーエディタ画面で見た場合

MIDI_AUDIO_4

縦軸が鍵盤になっています。ピアノロールなどと呼ぶDAWもありますが、なんとなく音がそこにある感じといったイメージは伝わりますね。

では次にリストエディタ画面。

MIDI_AUDIO_3

数字ばかりで何がなんだかよくわかりませんが、データ自体は先ほどのキーエディタ画面のデータとまったく同じものなのです、これホント。

では最後にスコアエディタ(楽譜)画面でみてみると・・・

MIDI_AUDIO_2

いかがですか?これでやっと音楽のデータという感じがしてきましたね。

というわけでMIDIデータというものはオーディオデータとは異なり、音そのものではなく主に「演奏情報」になるのです。MIDIデータは、非常に簡単に言うと主に「どの音程の音を、どれだけの強さで、どれだけの時間、弾いたか?」という情報をデジタル化したもので「人間の演奏をデータとして記録しているもの」と考えて下さい(実際は演奏データ以外の様々な情報を扱います)。

このMIDIデータを使ってソフトシンセ(プラグインソフト)や外部のシンセサイザーなどを演奏させることができるのです。

MIDI_AUDIO_13

ということで

MIDIデータ:主として演奏情報

とりあえずオーディオとMIDIの違いがなんとなくわかっていただいたと思いますが、「演奏情報?なにそれ?」という方のために、MIDIについて、さらに詳しくご紹介していきたいと思います。


続きを読む: 1 2 3 4 5 6

↑ページトップ