用途別おすすめスピーカーランキングと選び方!

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

皆様こんにちは、梅田ロフト店デジタルアドバイザーの阪口です。

これから夏~秋にかけてお祭りや野外イベント他で使用するスピーカーの購入を検討されている方からのお問合せが増えていますので、一度こちらのサイトでスピーカーの選び方について用途別にまとめてみることにしました!

今回はお祭り・野外イベント、バー等でのミニライブ・カラオケ、会議・スピーチの3通りの使用についておすすめスピーカーをランキング形式で解説します。


お祭り・野外イベントにおすすめスピーカーランキングと選び方を解説!

【バー・レストラン】ミニライブ・カラオケにおすすめスピーカーランキングと選び方!

会議・スピーチにおすすめのスピーカーランキング!選び方を解説!

スピーカーを選ぶポイント

よくあるご質問

こんな情報があればお問い合わせ頂いた際にスムーズ!

お問い合わせ


お祭り・野外イベントにおすすめスピーカーランキングと選び方を解説!

お祭りや野外イベント、広場などで音楽イベント・BGMを流したりしたいけども、どのようなスピーカーがいいのかわからない…というような問い合わせを頂く事がございます。
音楽を流したり演奏してもらったり…お祭り・イベントを成功させるにはスピーカー選びが欠かせません!…けど!
大がかりなスピーカーや専用のシステムを設置したいわけではない…。会場で音がしっかり届けばいいんだけど…。
などなど、スピーカーがあとから必要になった!という方は多いんです。

そんな方に!お祭り・野外イベントにオススメのスピーカーをランキング形式でご紹介!

選ぶのであれば簡単にセッティングができて、ちゃんと満足できる音量・音質がでるスピーカーがいいですよね。
お値段だけで選んで音量不足に陥ったり、大きすぎて運ぶのに労力が必要だったりとご購入後に相談に来られるパターンも多々あります。
種類が豊富な分用途にあったものを選ぶのが大切です!

1位 YAMAHA / STAGEPAS 600BT

10チャンネルパワードミキサー、10インチスピーカー2本からなるオールインワン型ポータブルPAシステム

STAGEPAS 600BT.

メーカー 型名 販売価格(税抜)
YAMAHA STAGEPAS 600BT ¥99,000


ワット数:680W (340W + 340W)
外形寸法
スピーカー:幅(W)335mm x 高さ(H) 545mmx 奥行き(D)319mm
ミキサー:幅(W)348mm x 高さ(H) 197mmx 奥行き(D)135mm
重さ:25.6 kg (スピーカー 10.9kg x2 +ミキサー 3.8kg)

小~中規模程度なら十分に対応できる680W (340W + 340W) の人気機種です。
PAセットを探していて…とご来店頂いたらまずオススメするオールラウンダーPA。
Bluetooth®ワイヤレス接続対応で、コンデンサーマイクにも対応可能なファンタム電源付きなのが非常に魅力的です。
ミキサーとスピーカー2本がセットなのでまずはこれから検討してみはいかがでしょうか。

2位 BOSE / S1 Pro system

電源がなくても対応可能なバッテリー付!小規模ならこれでOK

BOSE / S1 Pro System

メーカー 型名 販売価格(税抜)
BOSE S1 Pro system ¥69,800


ワット数:非公開
外形寸法:(W)240mm x 高さ(H) 332mmx 奥行き(D)282mm
重さ:7.1 kg

1台でPAスピーカーとフロアモニター、楽器用アンプ、さらには音楽再生機として、いつでもどこでもマルチに使えるオールインワン・ポータブルPAスピーカーです。
路上ライブでのメインスピーカーやステージ上でのモニタースピーカーにも使用でき、何より[!バッテリー標準搭載のため、電源が無い野外でも安心!!
]1台でも2台でもしっかり音を届けることが可能です!

3位 YAMAHA / STAGEPAS 1K

運動場や広い会場でとにかく音を届けたいならこれ!

メーカー 型名 販売価格(税抜)
YAMAHA STAGEPAS 1K ¥120,000


ワット数:1000W(HF:190W+LF:810W)
外形寸法(最大時):幅(W)334 mm x高さ (H)2,000 mm x 奥行き(D)418 mm
重さ:23.0 kg(ラインアレイスピーカー 1.8 kg + パワードサブウーファー 20.0 kg + スペーサー 0.6 kg × 2本)

1000W(HF:190W+LF:810W)の大出力で、大規模な会場でもとにかく音をしっかり届けたい。という要望にお応えできる機種です。
コラム型と呼ばれるこちらのスピーカーは低音がでるのがメリット!
5チャンネルデジタルミキサーを搭載しているにも関わらず簡単なセットアップが可能な有能機種です!大き目の会場の場合はこちらがオススメ!

※店頭に在庫・展示が無い場合がございます。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。


【バー・レストラン】ミニライブ・カラオケにおすすめスピーカーランキングと選び方!

店頭でライブやイベントを開催したいけども、どのようなスピーカーがいいのかわからない…というような問い合わせを頂く事がございます。
美味しい料理やドリンクと演奏を楽しんで欲しい…けど!
今から大がかりなスピーカーや専用のシステムを設置したいわけではない…。軽いアコースティックライブやピアノ演奏と合わせて歌を歌ってもらいたいだけ!
BGMとは別に、お客さんの耳に届くような音量でマイクを使用したい。などなど、スピーカーがあとから必要になった!という方は意外に多いんです。

そんな方に!店頭でのライブやイベントにオススメのスピーカーをランキング形式でご紹介!

ライブイメージ

選ぶのであれば簡単にセッティングができて、ちゃんと満足できる音量・音質がでるスピーカーがいいですよね。
お値段だけで選んで音量不足に陥ったり、大きすぎて運ぶのに労力が必要だったりとご購入後に相談に来られるパターンも多々あります。
種類が豊富な分用途にあったものを選ぶのが大切です!

1位 YAMAHA / STAGEPAS 600BT

10チャンネルパワードミキサー、10インチスピーカー2本からなるオールインワン型ポータブルPAシステム

STAGEPAS 600BT.

メーカー 型名 販売価格(税抜)
YAMAHA STAGEPAS 600BT ¥99,000


ワット数:680W (340W + 340W)
外形寸法
スピーカー:幅(W)335mm x 高さ(H) 545mmx 奥行き(D)319mm
ミキサー:幅(W)348mm x 高さ(H) 197mmx 奥行き(D)135mm
重さ:25.6 kg (スピーカー 10.9kg x2 +ミキサー 3.8kg)

小~中規模程度なら十分に対応できる680W (340W + 340W) の人気機種です。
PAセットを探していて…とご来店頂いたらまずオススメするオールラウンダーPA。
Bluetooth®ワイヤレス接続対応で、コンデンサーマイクにも対応可能なファンタム電源付きなのが非常に魅力的です。
ミキサーとスピーカー2本がセットなのでまずはこれから検討してみはいかがでしょうか。

2位 Roland / Cube Street EX

電池駆動アンプの定番モデル!多くの方に愛される50Wスピーカー

Roland / Cube Street EX

メーカー 型名 販売価格(税抜)
Roland Cube Street EX ¥52,500


ワット数:50W(25W+25W)
外形寸法:(W)490mm x 高さ(H) 341mmx 奥行き(D)305mm
重さ:7.4 kg

コンパクト・サイズかつ単3電池8本で駆動可能にも関わらず50W(25W+25W)という大出力かつ高音質な人気アンプスピーカーです。
ストリートと名の通りハードな使用にも耐える頑丈さを持つABS樹脂が使用されています。
3段階のパワー・モードを有し、電池で最大20時間の駆動が可能です!
専用アプリと連動し、曲を再生しながら歌や演奏を録音できます。音楽向けのポータブルアンプで楽器演奏にもオススメ!

3位 YAMAHA / STAGEPAS 1K

広い会場でとにかく音を届けたいならこれ!

STAGEPAS 1K

メーカー 型名 販売価格(税抜)
YAMAHA STAGEPAS 1K ¥120,000


ワット数:1000W(HF:190W+LF:810W)
外形寸法(最大時):幅(W)334 mm x高さ (H)2,000 mm x 奥行き(D)418 mm
重さ:23.0 kg(ラインアレイスピーカー 1.8 kg + パワードサブウーファー 20.0 kg + スペーサー 0.6 kg × 2本)

1000W(HF:190W+LF:810W)の大出力で、大規模な会場でもとにかく音をしっかり届けたい。という要望にお応えできる機種です。
コラム型と呼ばれるこちらのスピーカーは低音がでるのがメリット!
5チャンネルデジタルミキサーを搭載しているにも関わらず簡単なセットアップが可能な有能機種です!大き目の会場の場合はこちらがオススメ!

※店頭に在庫・展示が無い場合がございます。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。


会議・スピーチにおすすめのスピーカーランキング!選び方を解説!

会議やスピーチで使うとしたら…どのようなスピーカーがいいのかわからない…というような問い合わせを頂く事がございます。
大事な内容をしっかりと届けるためには会場や規模にあったスピーカー選びが欠かせません!…けど!
大がかりなスピーカーや専用のシステムを設置したいわけではない…。会場で音がしっかり届けばいいんだけど…。
などなど、スピーカーがあとから必要になったけどわからない!という方は多いです。

そんな方に!会議・スピーチにおすすめのスピーカーをランキング形式でご紹介!

選ぶのであれば簡単にセッティングができて、ちゃんと満足できる音量・音質がでるスピーカーがいいですよね。
お値段だけで選んで音量不足に陥ったり、大きすぎて運ぶのに労力が必要だったりとご購入後に相談に来られるパターンも多々あります。
種類が豊富な分用途にあったものを選ぶのが大切です!

1位 YAMAHA / STAGEPAS 400BT

8チャンネルパワードミキサー、8インチスピーカー2本からなるオールインワン型ポータブルPAシステム

STAGEPAS 400BT

メーカー 型名 販売価格(税抜)
YAMAHA STAGEPAS 400BT ¥69,750


ワット数:400W (200W + 200W)
外形寸法
スピーカー:幅(W)289mm x 高さ(H) 472mm x 奥行き(D) x 275mm
ミキサー:幅(W)308mm x 高さ(H)180mmx 奥行き(D)116mm
重さ:18.3 kg (スピーカー 7.7 kg x2 + ミキサー 2.9 kg)

小~中規模程度なら十分に対応できる400W (200W + 200W) 出力の人気機種です。
PAセットを探していて…とご来店頂いたらまずオススメするオールラウンダーPA。
ハウリングを自動的に除去する「フィードバックサプレッサー」を搭載しており、安心感も抜群
ミキサーとスピーカー2本がセットなのでまずはこれから検討してみはいかがでしょうか。

2位 BOSE / S1 Pro system

電源がなくても対応可能なバッテリー付!小規模ならこれでOK

BOSE / S1 Pro System

メーカー 型名 販売価格(税抜)
BOSE S1 Pro system ¥69,800


ワット数:非公開
外形寸法:(W)240mm x 高さ(H) 332mmx 奥行き(D)282mm
重さ:7.1 kg

1台でPAスピーカーとフロアモニター、楽器用アンプ、さらには音楽再生機として、いつでもどこでもマルチに使えるオールインワン・ポータブルPAスピーカーです。
路上ライブでのメインスピーカーやステージ上でのモニタースピーカーにも使用でき、何より[!バッテリー標準搭載のため、電源が無い野外でも安心!!
]1台でも2台でもしっかり音を届けることが可能です!

3位 JBL PROFESSIONAL / EON ONE PRO

バッテリー駆動可能ながらしっかりとした出力が可能なコラム型スピーカー

JBL PROFESSIONAL / EON ONE PRO

メーカー 型名 販売価格(税抜)
JBL PROFESSIONAL EON ONE PRO ¥156,800


ワット数:380W
外形寸法(最大時):幅(W)267mm x 高さ (H)2,023mm x 奥行き(D) 400mm
重さ:17kg

こちらがオススメの理由は何よりも約5時間の充電でおよそ6時間使用でき、充電中も使用可能なこと!
6chミキサーを内蔵。ファンタム電源の供給やハイ・インピーダンス機器の接続、Bluetooth経由での入力にも対応し、端末充電用のUSB端子も装備しており野外での使用にもピッタリです。

※店頭に在庫・展示が無い場合がございます。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

「よい音環境で楽しんでもらう」には?

今回ご紹介したのは1つにまとまった「PAシステム(*1)」の一種です。
こういった「一体型PAシステム」は「どこでも気軽にPAシステムを持ち運べる」というのがメリットです。
会場や店舗の規模・面積によって対応できる・できない、があるため、適切な機材選びのためにも「目的のイメージ」は少しでも明確になっていることが重要になってきます。


サウンドはPAセットの選び方、使い方で大きく変わります。PAセットはイベントの出来を左右するとても重要な存在と言えるでしょう!
わからないこと、ご不安な点は是非、当店へご相談ください。規模や環境にあわせて最適なご提案をさせて頂きます!
ランキングでは選んだ理由や本体のサイズやワット数、対応できる規模感などもご紹介していますので参考にしていただけますと幸いです!
選ぶ際に参考にして頂きたいスピーカーを選ぶポイントをお伝えしましょう!

スピーカーを選ぶポイント

スピーカーを選ぶポイントは3つあります。まずはこれを押さえて商品をみてみましょう!

  1. 音圧
  2. カバー出来る範囲
  3. 設置位置

音圧

音圧はパワーアンプ(*2)でどれぐらい増幅させ、どれぐらいのレベルでスピーカーから出力するのかで決まります。
おおよその目安としてはパワーアンプの1W(1ワット)で1人に音を届けることができると言われています。
しかし、これはあくまで会議等で話す、BGMで流す程度の目安ですので「音楽を聴く」には足りないんです。
同じ200名でも会議使用やBGMなどでしたら~400W(ワット)程度で十分ですが、ロック系のバンド演奏等は1500~3000W(ワット)、クラブイベントなどの使用だと4000~6000W(ワット)必要だったりしますので音楽ジャンルや人数などスタッフにしっかりお伝えください。

カバー出来る範囲

スピーカーの音が届く距離のことです。スピーカーから近い位置にいる人には比較的容易に音を届ける事ができますが、スピーカーから離れた位置に音を届けるためには音圧の他、設置する位置や高さが重要になります。
また人が多くなればなるほど音を吸収してしまうため、さらに音は遠くに届きにくくなります。これも聞こえるためには重要なポイントです!


設置位置

ワット数はクリアしているけど、音が遠くに届きずらい環境が予想される…。
このような場合にはスピーカーの数を増やす、スピーカースタンドを利用して高い位置から鳴らすなど「設置位置」の工夫で広範囲をカバーできるようになります。
どこに置くのか?どんな高さで置くのか?も重要になってきますで本体のサイズなどもしっかり確認しておきたいですね!


よくあるご質問

Q:設置する際に必要なものはスピーカー以外にありますか?

A:あります。代表的なPA機材としては音の出口である「スピーカー」や、手元で音質を調整する「ミキサー」がありますが、マイクやケーブル類も含めてPA機材と総称される場合もあります。おおまかに必要なのは以下の通り。

  1. 音を入れる機材
    • マイク-スピーチや歌、アコースティック楽器等はマイクを使用して入力します。
    • オーディオケーブル-キーボードなどの楽器はオーディオケーブルでミキサーに繋ぎます。
  2. 音を調整する
    • ミキサー-入力された音をまとめ、最適なバランスに整えて聞きとりやすい音を作るための機材です。
  3. 音を増幅させる
    • パワーアンプ-調整された音をスピーカーに送る為に増幅させるのがパワーアンプです。スピーカーなどに内蔵されている場合もあります。
  4. 音を出す
    • スピーカー-メインスピーカーの他、演奏者が音を確認するためのモニタースピーカー、低音に特化したサブウーファー等があります。

こんなに必要なのか!と感じられるかもしれませんが、ご安心ください!
いまある機材を活かしてセッティングを考えましょう!


Q:予算に合わせたいけどランキング以外のスピーカーも取り寄せできますか?

A:もちろん、こちらで紹介させていただいたスピーカー以外もお取り扱い可能です!
ご予算や用途に合った商品をご提案させて頂きますので是非詳細にお聞かせください!

こんな情報があればお問い合わせ頂いた際にスムーズ!

なるべく詳細に伺えれば適切なご提案が可能になります!
是非以下のような情報をご準備の上お問い合わせくださいませ。

  • 開催規模、場所
  • 音を届けたい人数
  • 電源の有無
  • 設置予定場所のスペースの広さ

もちろん、分からない場合でもお気軽に最寄りの島村楽器までお問い合わせください!
皆様のご来店を心よりお待ちしております!


お問い合わせ

店舗 島村楽器梅田ロフト店
住所 大阪府大阪市北区茶屋町16-7 梅田ロフト8F
営業時間 11:00-21:00
電話番号 06-6292-7905
担当 西岡・阪口

梅田ロフト店デジタル担当 阪口(さかぐち)
この記事を書いた人
梅田ロフト店デジタル担当 阪口(さかぐち)

DJ歴20年、現在も現役DJで活動をしているDJ専門スタッフの阪口です。
今までクラブイベントや野外イベントでDJ、バンドのトラックメイカー、オーガナイザー等々色々と活動してきましたので、DJに関する事なら何でもご相談下さい。

梅田ロフト店
梅田ロフト店

大阪府大阪市北区茶屋町16-7 梅田ロフト8F

電話番号:06-6292-7905

営業時間:10:30~21:00

HP:http://www.shimamura.co.jp/umeda/


*1: PAとは?…Public Addressの略で「大衆に伝達する」と言う意味で、PAセットとは「多くの人に音を伝える音響システム」のことです。近年ではProffesional Audioと表記されるケースもあります。つまりPAセットとは、演奏者の音を拾い、集約し、調整・増幅してスピーカーから出力するためのシステム全般のことですね。

*2: ミキサーに集められた音をスピーカーに送る前に増幅する機材。

↑ページトップ