6月8日(土) シンセモジュラーワークショップ開催決定!!( Pioneer SQUID & gizm0x x0xb0x・x0x-heart )

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

皆様こんにちは、梅田ロフト店デジタルアドバイザーの阪口です。

来る2019年6月8日(土)にシンセモジュラーワークショップ開催が決定しましたのでお知らせいたします。

今回はパイオニアの話題のTORAIZシリーズ新製品SQUIDと一か月前ぐらいから新規で取り扱いを開始し非常に好評をいただいているgizm0xのx0xb0x・x0x-heartの2部構成でワークショップを実施いたします。

Pioneer SQUIDのワークショップではDJ Yogurtとの作品や音楽制作ソフトウェア=Ableton Liveの認定トレーナーとしてAbletonユーザーグループAbleton Meetup Tokyoの立ち上げ等で広く知られるKoyas氏を、x0xb0x・x0x-heartのワークショップでは、数々のTB303のメンテナンス、カスタム等で著名なgizm0x氏、西のアシッドマスターとして名高い909state氏をお迎えして開催いたします。

Pioneer SQUIDは突然発表され色々と謎に包まれたまま瞬く間に発売されましたが、欧米のモジュラーシーンをリサーチ、意識して開発したシーケンサーということもあり、従来のDAWやMIDIコントローラーではできなかったランダムな挙動で制作者に多くのアイデアや閃きを与えてくれるとのことで発売後好評を博しています。(ちょうどMake noise RENEに近い印象です。)

gizm0x x0xb0xはビンテージTB-303の所謂当たりと言われるモデルの挙動を再現したTB-303クローンの究極のモデルと言えます。またその音源部のみをユーロラック規格モジュール化したx0x-heartについても一緒に解説いただける予定となっています。

もちろんシンセモジュラーワークショップ恒例のライブセッションもオープン前13:00-15:00で開催予定ですのでライブをやりたい方はぜひ担当の阪口まで直接お電話か店頭にて申し込みをよろしくお願いいたします。(1人15分まで定員8組)

イベント詳細

シンセモジュラーワークショップ(Pioneer SQUID & gizm0x x0xb0x・x0x-heart)

開催日 2019年6月8日(土)
会場 島村楽器梅田ロフト店内スタジオ
(大阪府大阪市北区茶屋町16-7 梅田ロフト8Fq)
時間 Live Session Start 13:00 / Workshop Start 15:00 / Close 17:30 (予定)
チケット料金 ¥500(込)(ご予約ご希望の方は090-7956-4339 担当:阪口までご連絡下さい)

Guest Artist Profile

Koyas

Koyasは東京を中心に活動しているアーティスト/プロデューサー。その活動はレーベル運営/音楽制作ソフトウェア=Ableton Liveの認定トレーナー/ライターなど多岐にわたる。

彼はDJ Yogurtと共に数々の作品をリリースし、Fuji Rock Festivalをはじめとする数々の舞台に出演、曽我部恵一BAND/奇妙礼太郎/ケンイシイ等幅広いジャンルのリミックスを手がけた。

その後2013年に電子音楽における演奏の要素にフォーカスしたレーベル、”psymatics”を設立し、翌年にはCD HATA(from Dachambo)との即興セッションユニットで作品を発表。psymaticsレーベルは、2015年にイギリスの伝説とも言えるアーティストThe Irresistible ForceのリミックスEP ”Higher State of Mind”を12インチヴァイナル限定でリリースした。

2014年には音楽制作ソフトウェア=Ableton Liveの認定トレーナーとして公認される。翌年、東京のAbletonユーザーグループAbleton Meetup Tokyoを立ち上げ、音楽制作を通じて音楽に関わる人たちを繋げるイベントを隔月で開催している。

2017年にはマルチチャンネルのサウンドインスタレーションにも活動の幅を広げ、Jeff Millsのアルバム"Planets"のアルバムを使用して、スピーカー60本並べてフルオーケストラを再現したインスタレーションを手がけた。

2018年にはバンドやアーティストとコラボレーションした音源をマンスリーでリリースするEPを4タイトルリリースした。

彼はそうしたアーティスト活動の一方で音楽機材や制作に深い造詣を持ち、雑誌やwebメディアに音楽制作や機材についての記事を寄稿・翻訳するなど文化的な活動もしている。近年では子どもに電子楽器を使ったジャムセッションを体験させる”Kids Disco”や、子どもを持つアーティストに取材する記事「子どもと音楽活動の両立」などを手がける。

共著に"Ableton Liveによるトラックメイキング 基本から実践スキルまで”,”トラックメイキングの基本スキル”(共にグラフィック社)

web
http://koyaspro.com/

psymatics
http://psymatics.net/

Ableton Meetup Tokyo
https://www.facebook.com/AbletonMeetupTokyo/

Spotify
https://open.spotify.com/artist/74Ah80XOCgo68rRWaRWnnI?si=8nCV0gA7SGKKTYiLOdweXw

909state

2009年 Maltine Records、vol.4 recordsより「909state」としてデビュー。

Andreas Dorau、Hardfloor来日公演のサポートアクト、「Re:animation」、「KYOTO FESTIVAL OF MODULAR」、花澤香菜公式イベント「KANAight」など、各地でライブ活動も行う。

ファッションブランド「GLAD NEWS」のプロモーション映像への楽曲提供や、リミキサーとしてHiroshi Watanabe、Cristian Vogel、Shin Nishimura、dj newtown、ikkubaru、

ゆnovation、佐伯誠之助など多数の公式リミックスを手掛けている。

近年はオーストラリアのAcidWorxから作品をリリース。国内ではDJ EMMAプロデュースのプロジェクト「AcidCity」に参加。今後は秋葉原重工、Newmasterpieceから作品リリース予定。

gizm0x

大阪市在住。

アシッドマシン製作家。

アシッドサウンドを代表するTB-303のリファインと、そのクローンであるx0xb0xのオーダーメイド製作を中心に活動。

狭い範囲をねちねちと深く?やってます。

info.gizm0x@gmail.com

x0xb0x is Copyright (c) Limor Fried & Adafruit Industries

シンセサイザー新製品一覧は ⇒ こちら

「synthesizer」タグの関連記事

↑ページトップ