第7回シンセ・モジュラーワークショップ&ライブセッションSP 4/22(日)開催決定!

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

こちらのイベントは終了しました。

皆様こんにちは、梅田ロフト店デジタルアドバイザーの阪口です。

今回は4/22(日)開催が決定しましたシンセ・モジュラーワークショップ&ライブセッションのお知らせをさせていただきます。

梅田ロフト店は4/18にリニューアルオープンをする予定ですが、リニューアルオープンを記念して今回はスペシャルバージョンで開催いたします!

詳細はコチラ↓

第7回 シンセ・モジュラーワークショップ&ライブセッションSP
日程 2018年4月22日(日)
時間 13:00~15:00 オープニングアクト・フリーライブセッション(一人10~15分のライブ、定員8組)
15:00~18:00 ワークショップ&ライブセッション
場所 島村楽器梅田ロフト店内イベントスペース&スタジオ
料金 ¥600(税抜)メンバーシップカード提示で¥500(税抜)
定員 20名
申込方法 お電話、または店頭にご来店いただき担当の阪口までご予約をお願いいたします。

13:00~15:00はオープニングアクトのライブ出演をしていただける方を募集していますので、ご希望の方はぜひ担当の阪口までお気軽にお問合せください!

そして15時より関西圏を中心に勢力的に活動をしている実力派アーティストによる見逃し厳禁のライブ&ワークショップを店内スタジオにて行います。

かなり見応えのある非常に内容の濃いイベントになると私も今から非常にワクワクしてます。。が、初心者の方やちょっと興味のあるぐらいの方、作曲やライブをこれからやってみたい方でも十分に楽しんでいただけるイベントになると思いますので、経験、未経験問わずリニューアルオープンした新生梅田ロフト店をのぞき見がてらぜひお気軽に遊びにいらしてください!

ワークショップ&ライブセッション出演者紹介

Unyo303

2007年以降、関西を中心に様々な空間で、モジュラーシンセによるライブパフォーマンスを披露。五線譜の時間軸から飛び出したサウンドは、聴く人を不思議な電子音の世界へ誘っている。また、ユーモアと誰でも楽しめる電子音楽ライブやイベント企画を模索している。

西田彩、江夏正晃らと共に《Envelope77e》でも活動中。サワサキヨシヒロがプロデュースする《Naturally Gushing Electric Orchestra》に参加、2017年9月には1st.アルバム『エレクトロスパウト!』をリリース。

大須賀淳監督による日本初のシンセサイザードキュメンタリー映画『ナニワのシンセ界」に出演。『モジュラーフェスティバルvol.1〜5』、宇川直宏主宰『DOMMUNE/KANDA INDUSTRIAL』、『Kyoto Festival of Modular 2015』、『Tokyo Festival of Modular 2016』、『シンセ温泉』等に出演。

また、『THE STAR FESTIVAL 2017』では謎のセレクター“Ghost” Selectors”の一員として参加。

マニアックな電子音楽人を招いてのライブ&トーク『電音ハッカーズ』主宰。

http://www.unyo303.com/

Yuri Urano(a.k.a.Yullippe)

1993年生。

インダストリアルなテクノサウンドと自身の声や自然音をブリコラージュさせた独特の世界観を武器に注目が集まる新悦女性プロデューサー。

2014年、元ロックマガジン編集長であり音楽評論家の阿木譲氏に抜擢され、「Red Bull Music Academy presents 0g night “DO BLOOM IN THE SILENCE”」にライブ出演。同イベントにて、edition.nordよりカセット音源『test I: i.a.m.y.o』を限定リリースし、即日Sold Outさせる。また同年、関西を代表するトラックメイカーとして、「Red Bull Music Academy presents “LOST IN KARAOKE”」にtofubeats、Seihoと共にライブ出演。

TEDxKobeへの楽曲提供や、「The Star Festival 2017 “RBMA presents トワイライト・ゾーン”」にて、謎のセレクター”Ghost Selectors”としてDJ出演するなど、その多才さを様々なフィールドで発揮。国産テクノレーベルDifferent10より1st EP『Crash & Reborn』、最新アルバム『Selfish & Anchor』(2017年12月発売)をBandcampから自主リリースしている。

2018年1月、次世代エレクトロニック・クリエイターオーディション「INTERLUDE from TDME」でグランプリを獲得。日本国内のみならず、ドイツやイギリスなどの海外公演をはじめ、グローバルに活動の幅を広げている。

polyshaft

大阪在中トラックメーカー。TB-303に限定しない広義なアシッドサウンドを追い求めている。2013年からTracer Records、Acidworx、Electrax Japan、Damolh Recordsなど国内外のレーベルからリリースを重ねる。

2017年夏ごろからモジュラーシンセに全力でのめりこむ。2018年3月にモジュラーブランド「moddict」を立ち上げ、mutable instruments elementsの小型版「micro elements」を発表。

現在、micro elementsやDIYモジュール(mutable instrumentsやOrnament & crimeの小型版など)を島村楽器梅田ロフト店で販売中!

909state

2009年 Maltine Records、vol.4 recordsよりデビュー。 Andreas Dorau、Hardfloor来日公演のオープニングアクト、野外フェス「Re:animation」や、「KYOTO FESTIVAL OF MODULAR 2015」出演など、各地でライブ活動も行う。

ファッションブランド「GLAD NEWS」のプロモーション映像への楽曲提供や、リミキサーとしてはCristian Vogel、Shin Nishimura、dj newtown(tofubeats)、佐伯誠之助など多数の公式リミックスを手掛けている。

近年はオーストラリアElektrax Music傘下のアシッドハウス専門レーベルAcidWorxおよび自身のプライベートレーベルDESTRUCTION BABYから作品をリリース

Molecule Plane

京都府出身の音楽家、サウンド・エンジニアのYuki Ohtsukaによる「音色と音響の可能性の追求」に特化したソロ・プロジェクト。

電子音響音楽(ミュージック・コンクレート/アクースマティック)の作曲および多層化立体音響システム「アクースモニウム」の演奏からくる経験を基に、持続的な音色を膨大にレイヤーすることによって生じる新たな響きをもって音楽を構築する。

2014年より活動をスタートさせ、2016年に1stアルバム『Acousticophilia』を299 MUSICより、2ndアルバム『SCHEMATIC』をきょうRECORDSよりそれぞれリリース。楽曲はフランス電子音響音楽のフェスティバルやラジオ放送などでも上演されている。

これまでRoute09名義でビート・ミュージックをモジュラーシンセで実演していたが、今回はMolecule Planeとして単なるアンビエントやノイズとは異なる「Drone Punk」なスタイルでモジュラーシンセを演奏する。


梅田ロフト店デジタル担当 阪口(さかぐち)
この記事を書いた人
梅田ロフト店デジタル担当 阪口(さかぐち)

DJ歴20年、現在も現役DJで活動をしているDJ専門スタッフの阪口です。
今までクラブイベントや野外イベントでDJ、バンドのトラックメイカー、オーガナイザー等々色々と活動してきましたので、DJに関する事なら何でもご相談下さい。

梅田ロフト店
梅田ロフト店

大阪府大阪市北区茶屋町16-7 梅田ロフト8F

電話番号:06-6292-7905

営業時間:10:30~21:00

HP:http://www.shimamura.co.jp/umeda/

↑ページトップ