【録れコン2017】リプロダクションレポート

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

2.トラック修正編

03.オリジナルトラックの確認

全員が集合し、早速各々が準備を進めていきます。全員が集まった段階で本日の流れを説明し、まずはスタジオ環境でオリジナル音源を確認。

04.オルガントラックのピッチ補正

この作品はこれはこれで完結している秀逸な作品なのですが、細かいところでピッチのずれが気になった、と鎌田氏。「オルガンについて最初ピッチがフラットして聴こえたため、原因を追究したところ、ギターとのピッチの関係性が良くないことに気づき、ピッチを17cent上げてみました。その結果、よどんだ感じがなくなり、オルガン全体の音量を上げることが可能になりました(鎌田氏)」

単純に全体の音量バランスをとるだけでなく、ハーモニーをしっかり合わせるすることによって、音量の上げる余地ができ、各楽器のアンサンブルを際立たせることができるとのことでした!

05.ギタートラックの修正解説

また、ギターのコードの構成音が「当たっている」部分があり、その音符のみコード・トーンに寄せて修正を施し、音量を下げました。Celemony Melodyneのポリフォニック素材の処理機能を使って、コード内の当たっている音のみピッチを修正します。

この他、ヴォーカルに関してもピッチが若干低くなっている箇所を修正。また、いくつかの音が小さいトラックに関しては、ゲインアップ修正が行われました。


続きを読む: 1 2 3 4

↑ページトップ