【楽器フェア】KORG ブース レポート KRONOS2が先行展示!

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

gakkifair2014_17

生産の都合上、惜しまれつつ生産完了となったフラグシップシンセ「KRONOS」の後継機であるニュー「KRONOS」(以下:KRONOS2)が先日発表され、コルグブースに先行展示されております。

gakkifair2014_23

KRONOS2の最大の特徴はピアノ音源「SGX-2」の搭載。SGX-1のジャーマン・グランド、ジャパニーズ・グランドのすべてを継承しさらに新たに重厚感のあるベルリン・グランドが内蔵されております。

12段階の細かいベロシティ層やストリング・レゾナンスを搭載し、ウナ・コルダ(ソフト・ペダル)にも対応していることにより、外部ペダルを繋ぐことによりソフト・ペダルによる演奏が可能になっております。

KRONOS2の詳細はこちら

https://info.shimamura.co.jp/digital/newitem/2014/11/38937

gakkifair2014_21

外観も変更されており、ブラックを基調としたカラーデザインにウッドサイドパネルを採用したオシャレなルックスに。

gakkifair2014_22

まもなく発売されますので、ぜひその前に試奏してみてください。

ステージではミトカツユキさん、和田建一郎さんによるパフォーマンスが披露されておりました。

gakkifair2014_18

gakkifair2014_46

300台限定のけいおん!スペシャル ショルキー

アニメ「けいおん!」放送5周年を記念してショルダーキーボードRK-100Sの"けいおん!スペシャルモデル"「RK-100S-MG」が楽器フェアと同時に発表されました。

琴吹 紬(ことぶき つむぎ/通称 ムギちゃん)がアニメで使っていたことでも有名な「RK-100」のコラボモデル。アニメ第1期OP「Cagayake!GIRLS」や琴吹紬のイメージソング「野生の情熱」などの楽曲のシミュレートプログラムを20種類内蔵しており、また、特製クリア・ポスターや特製ストラップ、特製ソフトケースが付属しているとのこと。

内蔵プログラム(抜粋)

  • Cagayake!GIRLS(テレビアニメ第1期オープニングテーマ)
  • Happy!?Sorry!!(Cagayake!GIRLS カップリング曲)
  • Don't say "lazy"(テレビアニメ第1期エンディングテーマ)
  • GO!GO!MANIAC(テレビアニメ第二期 前期 オープニングテーマ)
  • Diaryはフォルテシモ、野生の情熱、など

gakkifair2014_19

ちなみに上画像のポスターをよく見ると、むぎちゃんのうしろに写っている建物からしてこの撮影場所はコルグ本社前。

予約解禁はもう少し先になりますが、気になった方は数量がとても少ないので定期的にチェックですよー。

ショルダーキーボード「RK-100S けいおん!スペシャル」の詳細はこちら

https://info.shimamura.co.jp/digital/newitem/2014/11/39591

gakkifair2014_47

iOSアプリ「Module」発表

コルグの開発中のiOSアプリ「Module」がひっそりと展示されておりました。

gakkifair2014_36

この「Module」はiPadを音源モジュールとして利用できるように開発されたアプリです。iPadとインターフェース、MIDIキーボードなどと一緒に使うことでステージでも使用できるようにこだわった仕様。

gakkifair2014_38

gakkifair2014_29

わかりやすくカテゴライズされたプリセットから選ぶだけで音色をスムーズに呼び出すことができます。

gakkifair2014_37

内蔵している音色だけでも豊富なのですが、さらに音源をアプリ内課金で追加することもできます。

最初リリースされるのはSynthogyのピアノ音源とKORGのエレピ音源。

gakkifair2014_39

追加モジュールのひとつSynthogy「Ivory」はMAC/PCのソフトウエア・シンセサイザー・プラグインとして有名ですので、使っている方も多いのではないでしょうか。

gakkifair2014_40

MIDIキーボードとのタッチの相性もあるので、ベロシティカーブもアプリ内で設定することが可能です。

gakkifair2014_43

ステージで使うだけでなく、ピアノ練習としても使えるように録音機能やiPad内に入っているiTunesライブラリと一緒に演奏することもできます。

gakkifair2014_42

gakkifair2014_41

さらに、iOS8.1やMAC OS X Yosemiteで公開されたBluetooth MIDIの利用も可能とのこと。ただ、まだ対応するMIDIキーボードの方がないですね…。

「Module」のリリースは2014年11月下旬(来週)とのことですので、ぜひ、その前に会場でチェックしてみてください。

gakkifair2014_44

moog Sub37

NAMM Show 2014で発表され海外だけでなく国内でも話題となっているmoog「Sub 37」が先行展示されております。

これは発売を首長くして待っている方も多いのではないでしょうか。

触れてみましたがやたら太いサウンド。2オシレーターで鳴らしているのかと思ったらかこれが1オシレーター音色。2オシレーターにしたら更にとてつもない分厚いサウンドになりました。

フィルターのキレも非常にシャープ。これはヤバイ。コルグブースの中でも必見です。

「Sub 37」の詳細はこちら

https://info.shimamura.co.jp/digital/newitem/2014/01/18176

gakkifair2014_31

そのほか展示コーナー紹介

2014年9月に発売されたmoog「THEREMINI」も展示中。実機が試せるところが少ないからか試奏する方が多いです。

moog「THEREMINI」の詳細はこちら

https://info.shimamura.co.jp/digital/newitem/2014/01/18178

gakkifair2014_30

ヒット商品「Clip Drum Kit」や「WAVEDRUM mini」、奥には「WAVEDRUM Global Edition」も試奏できます。

gakkifair2014_33

さまざまな物をクリップではさむことにより遊べる「Clip Drum Kit」。食器などを使って実際に体験できるようになっております。

KORG「Clip Drum Kit」の詳細はこちら

https://info.shimamura.co.jp/digital/newitem/2014/09/33484

gakkifair2014_32

つい先日(2014年10月末)に発売された「VOLCA-SAMPLE」も試せます。

KORG「VOLCA-SAMPLE」の詳細はこちら

https://info.shimamura.co.jp/digital/review/2014/10/37649

gakkifair2014_27

もちろん、今月(2014年11月)に発売されたばかりの新エレクトライブ「electribe 2」も。

KORG「electribe 2」の詳細はこちら

https://info.shimamura.co.jp/digital/newitem/2014/09/33536

gakkifair2014_28

こちらはnordコーナー。

gakkifair2014_26

過去のカオスパッドシリーズやリズムマシーンギアが勢ぞろい。今となっては貴重ですね。

gakkifair2014_25

gakkifair2014_24

ニンテンドー3DSでバーチャルアナログシンセが楽しめる「KORG DSN-12」も試奏できます。

gakkifair2014_34

ギター関連製品の楽器フェアレポートはこちら

https://info.shimamura.co.jp/guitar/feature/gakki-fair2014-21-korg/


「gakki-fair2014」タグの関連記事

「korg」タグの関連記事

↑ページトップ