新世代のアナライザーツール Flux Pure Analyzer が50%オフ!

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

こちらのイベント・キャンペーンは終了しました。

新世代のアナライザーツール「Flux Pure Analyzer」が50%オフとなるキャンペーンを実施します。

Flux Pure Analyzerは、AU / VST / AAX Native対応のホストDAWから信号を受け取り、スタンドアローンのアプリケーションとして動作することで、プラグインのオーディオ・アナライザーに比べてより高速かつ高精細なオーディオの視覚化が可能なソフトウェアです。ピーク・メーター、フェーズ・メーター、スペクトラム・アナライザー、スペクトログラム、オシロスコープ、独自のNebula表示など、圧倒的な美しさと視認性を誇ります。

プロモーション期間

2018年2月15日(木)から〜2018年2月28日(水)午後2時

販売価格

通常価格(税抜)¥40,000 (税込 ¥43,200)⇒キャンペーン価格(税抜)¥20,000 (税込 ¥21,600)
JANコード:4533940038230

製品概要

高精細なビジュアルと多彩な機能、次世代リアルタイム・アナライザー・システム

AAXと64-bitに対応したPure Analyzer System sp3が発表されました。数々の機能強化に加えて、スタンド・アローンのアプリケーションPure AnalyzerはMAC OS XとWindowsの64-bitに対応し、SampleGrabberプラグインは、AU/VST 32/64-bit, AAX Native/DSP 64-bitにも対応しています。

Flux:: Pure Analyzer Systemは、ネットワーク上でも他のコンピューターからの信号を受信できるRTA(リアルタイム・アナライザー)システムです。3つのモジュールを任意に追加することで、特定のフィールドで必要な機能を拡張し、様々な用途のオーディオ分析/計測に使用できます。

分析結果を表示するグラフィックのレンダリングには、GPU効率に優れた2D/3Dグラフィック・エンジンを使用しています。このエンジンには標準的なOpenGLが採用され、グラフィック・カード上のGPUを活用して、オーディオを視覚的に表現する処理を最適化しています。

Pure Analyzer Essentialには、Sample Grabberというプラグインが含まれます。このプラグインをDAWのトラックにインサートすることで、DAWプロジェクト内の任意のオーディオ信号を、解析するソースとしてPure Analyzer Systemに送ることができます。この他にもASIOとCore Audioにも対応しているので、オーディオ・インターフェースを経由した外部からの信号を解析することも、もちろん可能です。

Sample Grabber

Sample Grabberプラグインは、一つのDAW上でも、別々のコンピューターで動作している複数のDAW上でも、必要な数だけインサートすることができます。

Sample Grabberはサラウンドの設定にも対応しています。Pure Analyzer Systemでのネットワーク設定は完全に自動化されており、ユーザーがネットワークの複雑な設定をする必要はまったくありません。

Sample Grabberは標準的なDAWのプラグイン規格(VST、AU、RTAS、TDM(TDMはAvid Venueシステム用)) に対応しています。このプラグインがソースとなる信号をキャプチャーし、ZeroConf/Apple Bonjourプロトコルを使ってネットワーク上の別のコンピューターで動作しているPure Analyzer Systemに解析する信号を伝送します。

ネットワーク間のオーディオ伝送には、サンプルレートが44.1kHzの場合、チャンネル毎におよそ1.4Mbpsの回線スピードが必要です。適切に設定された標準的な100MbpsのEthernetネットであれば、まず十分な本数の信号を扱うことができるでしょう。

96kHzで5.1chのサラウンド設定を伝送しても、20Mbpsしか消費しません。Sample Grabberとアナライザーが同じコンピューターで動作している場合には、ネットワークの限界について考慮する必要はありません。

Pure Analyzer Essential

Pure Analyzer Systemの基幹であるPure Analyzer Essentialは、スタンドアローンのアプリケーションとして動作します。この基本アプリケーションは、ライブ、メータリング、マルチチャネルの3種類のモジュールを追加して機能を拡張することもできます。詳しく>>

拡張モジュール

Pure Analyzer Essentialの機能を拡張するために、3種類の拡張モジュールが用意されています(有償オプション)。使用するフィールドに応じて、必要とされるより高度なツールを各モジュールが提供します。これら拡張モジュールを使用するためには、Pure Analyzer Essentialが必須となります。

Pure Analyzer Metering:

インテグレーテッド・ラウドネス値の計測、メーターのヒストリーをグラフ/数値で記録、ファイルベースでラウドネス値などのレベルを解析など、より高度なメーター表示機能を追加。詳しく>>

Pure Analyzer Live:

複数地点でのマグニチュード計測、SPL 表示とキャリブレーション、サンプル精度のディレイ計測、インパルス・レスポンス、伝達関数、位相特性、スナップショットなど、ライブサウンド/設備のシステム計測に特化した機能を追加。詳しく>>

Pure Analyzer Multichannel:

合計16ch までの同時計測、Live Option追加時の複数マイク入力をサポート、Nebula サラウンド(トップ・ ビュー)、5.1ch、7.1ch をはじめ、様々なサラウンド設定に対応する追加モジュール。

対応フォーマット

  • Sample Grabber:VST (2.4)、AU、AAX Native、AAX DSP (Pro Tools 11以降、64bit)
  • スタンドアローン:ASIO (Windows 7-10)、Core Audio (Mac OS 10.7.5-10.11)

「プラグイン・ソフト」タグの関連記事

↑ページトップ