【HISTORY】KH-CYGNETのピックガードを変えてみた

KH-CYGNETのデザインピックガードプレゼントキャンペーンが4月20日より始まります。期間中KH-CYGNETをご購入頂いた方にもれなく非売品のピックガードをプレゼントする企画です。

ところで皆さんはピックガード交換をやったことありますか?未経験の方がちゃんと交換が出来るか心配になったので、難易度の確認ついでに自分でもやってみました。以下マニュアル風にしてみたので参考になれば幸いです。※キャンペーン詳細はこちら

ピックガード交換レポート

KH-CYGNETのピックガード交換は弦を外して行いますので、弦交換時に作業するとよいでしょう。なお今回使用した工具は以下を参照ください。

ノーマルピックガードを外す

弦を外します。なお弦を切るときに爪切りで切ると、一発で爪切りがダメになって家族に激しく怒られるので注意。弦切りニッパーは超推奨!

弦を外すとブリッジの弦高調整ネジ(ブリッジの両側にある50円玉みたいな丸い所)がすぐ動いてしまうので、マスキングテープで固定しておくとよいです。

ピックガードを留めているネジ(10本)を全部外す。

外したネジはトレイに入れるなどして無くさないように。

ピックガードを外すとピックアップの固定ネジが飛び出していますので、ボディに傷を付けないようクロスで保護しておくと良いですね。

マイナスドライバーでピックアップを外します。間に挟まっているスプリングを絶対に無くさないこと!

これで純正のピックガードが外れました。

新しいピックガードの取り付け

5タイプのデザインの中からチェック柄を選んでみました。

外した時の逆の要領。長いマイナスのネジをピックガードに差し込み、スプリングを挟むようにピックアップを取り付けます。

ピックアップが付きました。スプリングを付け忘れていませんか?(ピックアップの高さは後で調整するのでここでは大体で良い)

ついにピックガードの取り付け。中の配線がピックガードに挟まらないようボディの溝にちゃんと入るように注意します。

個体差で穴の位置がちょっとズレている時があります。まずは10本全部のネジを半分位入れてから最後に締めこむようにすると良いです。

ネジを締める時に力を入れ過ぎるとネジ穴が潰れて空回りしてしまう場合があるのでご注意を。これで取付完了。

セットアップ

弦を張ります。6弦分全部のぺグを回すと疲れるのでペグワインダーがあるとかなり便利。

全部の弦を張ってチューニングを済ませたら弦高のチェック。6弦の解放(押さえていない状態)は12F上で2.0mm⇒500円玉1枚が入る程度。

1弦の解放(押さえていない状態)は12F上で1.5mm⇒1円玉1枚が入る程度。

ピックアップの高さは最終フレットを押さえて弦との隙間を測ります。出荷時の設定が約3.0mm⇒1円玉を2枚。フロントとリアでそれぞれ左右(計4か所)調整しましょう。

完成しました。カッコイイですね!Y

キャンペーン詳細

公式ページ:http://history.gt/electric/products/kh-cygnet.html

期間:2017/4/20(木)~7/31(月)

ピックガード準備数がなくなり次第終了

ご注意

  • 先着順でお渡しとなりますので、デザインはご要望に添えない場合もございます。
  • 模様は樹脂パネルにUV塗装による印刷です。ご使用の状況によっては塗装が剝がれてくる可能性がございます。
  • ハンドメイドのため多少の個体差や塗装ムラ等がある場合がございます。
  • PCモニターやスマートフォン画面、プリントアウトした画像等ご使用機器の設定により実物とは色が若干異なって見える可能性がございます。
  • 交換作業に不安がある方は楽器店にご相談ください。

お問い合わせ先

くわしくは最寄りの島村楽器店舗にお問い合わせください。

名古屋ギターショールーム
名古屋駅近郊にある島村楽器の扱うハイエンドギターブランドのショールームです。専任のスタッフが店舗にてご案内をさせて頂きます。もちろん、全商品の試奏が可能です。
住所: 〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田5-4-26 S&Tビル2階
営業時間: 11:00~19:30 定休日:木曜日
お問合せ: 052-249-4070 お問合せフォーム
名古屋ギターショールームを見る ≫