【楽器フェア2016】アーティストデモ レポート ~佐々木亮介氏~

_b060069

a flood of circleのヴォーカル&ギター佐々木亮介氏にBadCatのアンプを使用して弾き語って頂きました!

a flood of circle

2006年結成。ブルース、ロックンロールをベースにしたサウンドとメロディ、そして佐々木亮介氏の強烈な個性を持った声が特徴のバンド。佐々木亮介氏はBadCatのアンプ“ホットキャット30R”、とエフェクター“SiameseDrive”を愛用中。→BadCatアーティスト紹介ページ

デモ演奏レポート

_b060091

BadCatアンプ2台に囲まれて登場した佐々木さん、右のアンプがホットキャット30、そして左にはど派手なモデルが!!これはブラックキャット30Rをベースにした楽器フェアモデルです。このモデルの詳細はコチラ⇒【BadCat】世界で1台のみ!朱い龍を纏ったブラックキャット楽器フェアモデル

1曲目~Christmas Time~

まずは左側の楽器フェアモデルから。ベースとなっているブラックキャット30Rはクリーンサウンドに特化したモデルで、リハーサル中から「これめっちゃいいなあ!」と気に入ったご様子!

_b060080

「もっとやりたい、もっとクリーンにこだわれそうだからいっぱい色んな事が出来そう!」と、クリーンサウンドを追求したモデルだからこその可能性の大きさを感じて頂けました。

2曲目~Black Eye Blues~

続いて右側のホットキャット30で演奏。ハイゲインなディストーションサウンドが特徴のモデルで佐々木さんは普段これにリバーブが付いたホットキャット30Rを愛用しています。ライブでの佐々木さんのセッティングを特別に教えて頂きました!(チャンネル1)↓↓↓

レコーディングではチャンネル2を大音量で鳴らして使うそうです!

_b060084

「弾いた瞬間に音が出るから、ちょっと触っただけのノイズも出る。ごまかしが利かないから自分のプレイをそのまま聴けて新しいことを発見できる。」と語る佐々木さん。音の反応が良いのでピッキングのニュアンスで様々な表現が出来ますよね、というBadCat担当スタッフの言葉に強く頷いていました。佐々木さんのBadCat愛を感じるデモンストレーションでした!

BadCatアンプのサウンドをライブでも聴きたい!という方はa flood of circleのライブへGO!!

a flood of circle今後のライブ情報

公式Twitter

名古屋ギターショールーム
名古屋駅近郊にある島村楽器の扱うハイエンドギターブランドのショールームです。専任のスタッフが店舗にてご案内をさせて頂きます。もちろん、全商品の試奏が可能です。
住所: 〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田5-4-26 S&Tビル2階
営業時間: 11:00~19:30 定休日:木曜日
お問合せ: 052-249-4070 お問合せフォーム
名古屋ギターショールームを見る ≫