よくある質問

絞り込み検索

「すべての管楽器共通」に関するQ&A

「定期調整」という言葉がありますが、壊れていなくても相談した方がいいという事ですか?

私たちの健康診断と同じです。半年に一度、あるいは一年に一度の定期的な楽器の健康診断をお勧めします。定期的に点検や調整に出す事で、普段の使用で気付かないタンポの変化や、コルクやフェルトの劣化などを発見する事ができます。使っていても使っていなかったとしても(!)、楽器の状態は変化していきます。相談してみてください。ある日突然音が出なくなった!レバーが動かなくなった!ピストンが動かなくなった!ということが減りますよ。

今使っている楽器を改造したいです!

改造には色々な内容がありますので、一度その想いを楽器屋さんに相談しましょう。見た目を変えたいのか、音色を変えたいのかなど、まずは自分の想いを伝える事が重要です。ただ、その想いが叶うかどうかはその後の話です。(もちろん叶えられるようお手伝いします!)

スライドグリスとコルクグリスは何が違うの?

コルクグリスは動きをスムーズにする為に使う物でクラリネットやアルトサックス、ダブルリード等「コルク」に使います。スライドグリスは動きをスムーズにすると共に、管の気密性を保つ為に使う物で金管楽器の抜き差し管等に使います。用途がそれぞれ違いますので、適したアクセサリーを使いましょう。

楽器を買ったらドライバーが付いてきた!自分でネジを回してもいい?

ネジをまわしたい気持ちはわかりますが、そこはまわさないで我慢してください。ネジによってはとても重要なバランスやキイメカニズムに関わる事がありますので、まわした事によってキイが動かなくなったり、音が出なくなる事もあります。まわして音が出なくなる前に、リペアスタッフに相談してみましょう。