ギタセレ(Guitar Selection)

島村楽器のギターが探せる!見つかる!情報発見サイト。

Inquiry Form - For Overseas Customers
  •  » 
  •  » 
  • 【メーカー探訪】ヤイリギター ~職人達が集う「手作業」にこだわったギタ...

特集記事

【メーカー探訪】ヤイリギター ~職人達が集う「手作業」にこだわったギター工場~

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

Yairiguitar-DSC02865

ギタリストでなくてもその名を耳にしたこともあるであろう「K.Yairi」。
ミュージシャンからの絶大な信頼を得る「Yairi」ブランドのギターを製作するヤイリギターに潜入取材!
今回は、ゼネラルマネージャーの矢入賀光(ヨシミツ)氏に工場内をくまなくご案内いただきました。
ヤイリギターの工場内、回ってみると本当に興味深い!

さっそく工場内へ一緒に向かいましょ〜

ヤイリギター潜入開始!

Yairi-ギターじゃなくても手作り

門をくぐって入口に向かうと…
Yairiguitar-DSC02825

こちらも手作りでしょうか。
かわいらしい看板が出迎えてくれました。
Yairiguitar-DSC02826

まずはロビーへ。
さっそくユニークなギターたちが目に飛び込んできます。
Yairiguitar-DSC02829
あ! 弦剣だ!

ロビーで「お掛けください」と引かれた椅子はなんと、ヤイリギターの職人お手製の椅子!
Yairiロゴマークにくり抜かれた背もたれは、ギターの形です!!
Yairiguitar-DSC02827
座らせて頂いても落ち着きませんw
だって周囲に面白そうなものがたくさんあるんですもの。

この壁も何やら見た事のあるような、ないような木材ですね…
Yairiguitar-DSC02828
「あ、その壁? 指板ですよ♪」

えぇ!?

確かに良く見るとローズウッドっぽい。
目を凝らしてみるとこんな感じの穴が…
Yairiguitar-DSC02831
「木材って、ギターに使えないものもあるんです」
「その穴は自然乾燥中に虫に食われた跡(笑)」
「もったいないから壁材に使ってます」

さすが日本でも有数の木材備蓄量を誇るギターメーカー…
楽器に使用できなくとも無駄にしないわけですね。

木材ストック〜乾燥

Seasoning-10年以上は当たり前

ヤイリギターには、今この瞬間から木材を買わなくても、およそ10年間はギターを作り続ける事が出来るだけのストックを持っています。
Yairiguitar-DSC02655

ヤイリギターの倉庫は風通しが良くなっていて、
Yairiguitar-DSC02607
こんな感じで、同じ方向に桟(サン)積みされています。(これはTOP材ですね)
それによって木材と木材の間に風が通って、乾燥されていきます。

なんと、ヤイリギターの自然乾燥は少なくとも10年は自然乾燥させるそうです。
昭和末期から積んである物もあります!!(奥の方だったので撮影できませんでした…)
画像は平成15年の12月に積み上げたという記述が。それでもすでの10年弱経過してます!

これ、桟積みするのに相当時間かかるし、かなり難しい作業らしいです。
積んでる間に横に曲がっていってしまうので、しっかり積むのにも熟練の技が必要ですね。
Yairiguitar-DSC02658
積み上げが美しい!

自然乾燥中にもこうやって木材が動いて、反る物も出ます。
Yairiguitar-DSC02660
最終的に、調整してギターに使えるかどうかを判断します。

ネック材は、ある程度製剤された状態でヤイリギターに入荷します。
Yairiguitar-DSC02663

かなり大まかですが、すでにネックの形をしています。
Yairiguitar-DSC02664

桟済みされる前のTOP材。
けっこうな厚みです。
ここから削っていって、TOP材の厚みになっていきます。
Yairiguitar-DSC02669

強制乾燥

このどデカイ機械が強制乾燥機です。
Yairiguitar-DSC02596

50~60℃の温度で1週間〜10日間くらい乾燥させるそうです。
Yairiguitar-DSC02597

ちなみに含水率は最終的に10〜12%くらいまで落ちます。
自然乾燥の最後の仕上げ的な作業です。
製品として出回るギターも8%くらいまで落ちているので、購入後の乾燥は必要以上にやらないで下さい、との事です。

※乾燥させすぎれば、やはり割れが出ます。適度な水分も必要なのです。

ストック部屋

強制乾燥が終わった物や、ある程度整形されたものがしっかり湿度管理されて保管されています。
Yairiguitar-DSC02585

温度、湿度はこのとおり、27℃、50%で設定されています。
Yairiguitar-DSC02586

ハカランダや、
Yairiguitar-DSC02588

マダガスカル・ローズウッドなどの
Yairiguitar-DSC02587
貴重な材もありました。

あ、よだれが…(笑)

ラミネート材ストック

ラミネート材のストックももちろんあります。
Yairiguitar-DSC02605

ちなみにヤイリギターでは、ラミネート材を安くて悪い材とは考えていません。
熱を加えて反らせるときに、単板だとやはり弱いので、あえて合板を使う、

またエレアコは、ハウリング防止の為にサイドとバックは合板にする、
などといった使い方をします。
Yairiguitar-DSC02603

アーティスト用エレアコのサイドとバックは基本的に合板がほとんどだそうです!
Yairiguitar-DSC02601
島村楽器のコラボレーションモデルの材もしっかりストックされています。

社員食堂

ヤイリギターの社員食堂にやってきました。
Yairiguitar-DSC02612

あれ? 食堂にステージが…?
Yairiguitar-DSC02611
社員の方はもちろん、アーティストの方もここに来て演奏を披露されるそうです。

食堂を歩いていると、ふと矢入氏、

「この床、マホガニーですよ」
Yairiguitar-DSC02614

…え!?

導管に水分が入らないように目止めをして、ネジでいつでも外せるようになっているそうです。
ちょっとしたシーズニング(笑)
味噌汁をこぼしたりして、適度な水分になるのでしょう…

次に現れたのが、このスプルース原木丸太、樹齢約380歳。
Yairiguitar-DSC02619

年輪ごとに歴史的出来事が書かれた年表が貼られています。
この木が生まれたのは「関ヶ原の戦い」の年!
Yairiguitar-DSC02627

実際にTOP材として使うのはこの部分。
(え? これしか使えないの!?)
Yairiguitar-DSC02626

古い部分は堅すぎるし、若い部分はコシが無い。
けっこうギターに使える部分って少ないんですね。
そりゃあ、個体差が出るわけです。
Yairiguitar-DSC02622

ギターを選ぶ楽しさってこういう所からも伺い知れますね。

生産工程

では次に、生産工程を見ていきましょう!
※工場内を歩き回ってきたので、歩き回った順に紹介します。生産工程順ではありません。

s-bookmath

TOP材のブックマッチをここで行います。
Yairiguitar-DSC02646
この行程はニカワでの接着になります。

ちなみに、タイトボンド等の合成接着剤が発達している中、今でもニカワが使われる理由は

  • 接着力が強い
  • 振動を殺さない
  • 暖めて外す事が出来るから、修理が出来る

というものです。
Yairiguitar-DSC02643
ある程度作り貯めしておいて、「密閉されたストック部屋」に保管されるわけですね。

s-tikaragi

厳選されたTOP材に、
Yairiguitar-DSC02684

このような機械で力木(ブレーシング)を取り付けます。
Yairiguitar-DSC02687

熱を圧力を加えて、接着されていきます。
Yairiguitar-DSC02686

ヤイリギターのネックは挿し込み部分が深いので、元浮きしにくいんです。
Yairiguitar-DSC02695

s-side

そしてボディ・サイドの曲げ加工。
Yairiguitar-DSC02697
お湯で湿らせて熱を加えながらプレスして曲げて行き、

Yairiguitar-DSC02698
片側ずつ曲げたものを両サイド接着して、ギターの形に仕上げていきます。

s-topandbaxk

細やかな作業が行われています。
Yairiguitar-DSC02705

単板の甲付けは、力木が干渉しないように手作業で削っていきます。
Yairiguitar-DSC02707

これを行うのはかなり熟練の技が必要ですね。
Yairiguitar-DSC02709

削り終わったのがこの状態。
Yairiguitar-DSC02708

TOP材を貼るとこうなります。
Yairiguitar-DSC02710

ちなみにラミネート材の場合はこのように突き抜けています。
Yairiguitar-DSC02712

次の作業は飾り付け。
ボディの余分な部分をカットしたら、溝を掘って「飾り」を付けます。
Yairiguitar-DSC02717
コレだけ見ると、なんじゃこりゃ?って感じですね。
バインディングの内側にある、あのラインです。

Yairiguitar-DSC02714

こうやって接着して、
Yairiguitar-DSC02716
この後にバインディングをつけます。

Yairiguitar-DSC02718
貝の場合はこういった細かいものを手で一つずつ付けて行きます。

s-jointo

ここでギター製作の、とっても重要な部分に入ってきました。
Yairiguitar-DSC02719

ボディにネックをはめてみて、ものさしで角度を見ます。
Yairiguitar-DSC02720

Yairiguitar-DSC02722

ズレを確認したらネックを取り外して、
Yairiguitar-DSC02726

削ります。
Yairiguitar-DSC02723

また付けてみて図って、
Yairiguitar-DSC02725

外して、
Yairiguitar-DSC02727

削ります。
Yairiguitar-DSC02728

指板貼り付け面の平らにすべく、
Yairiguitar-DSC02729

削ります。
Yairiguitar-DSC02730

この行程は「プロ」の領域。
ヤイリギターの中でもこの工程が出来るのは多くはないとの事。

何度繰り返すのかはその個体によってマチマチだそうです。
Yairiguitar-DSC02731

ネックとボディは合成接着剤での接着となります。
外す必要が無いので。
というよりも、外れたら困るので。

s-seaoning

ここでは、ヤイリを使用するアーティストの曲が流されています。
やはり、振動して育てる楽器なので、生産工程から曲を聴かせて振動させています。
Yairiguitar-DSC02738

工場内で作業中のものは、その日の終業時間が来たらここに一次収納されます。
Yairiguitar-DSC02735

指板材のストックもあります。
Yairiguitar-DSC02737

s-neckbodyfret

オーダーする方はここでネックの握りを確認しながら削ってもらう事が出来ます。
Yairiguitar-DSC02745

遠方で来られない方は、好みのネックを送ってもらえればそれと同じように整形します、との事。
Yairiguitar-DSC02746

ネックの削り見本。
(なぜか爆弾付き?)
Yairiguitar-DSC02750

右から、

  • A:Vネックタイプ(ヴィンテージMartin系)
  • C:カマボコタイプ(Gibson系)
  • B:Yairiの一般的な形状
  • 無印:左右非対称ネック(MUSICMAN AXISなどで採用されているタイプ)

となっています。
個人的には左右非対称が好みでした♪
Yairiguitar-DSC02751

親指を上に出して握りこみたい方はオススメです。
次はボディを磨いてフレットを打ち込みます。
ボディ表面を磨いて、
Yairiguitar-DSC02753

磨いて磨いて、
Yairiguitar-DSC02757

塗装されるとこんな感じ。
Yairiguitar-DSC02758

フレットはある程度短く切られた状態で入荷します。
Yairiguitar-DSC02759

フレットが打ち込まれたらいよいよ熟成(?)です。

s-classic

ここが噂のクラシック音楽ルーム。
Yairiguitar-DSC02763

けっこうな大音量でクラシックが流れています。
弾き込んだ時の状態に近づけられるように、との事。
Yairiguitar-DSC02764
低音が鳴った時のギターの振動が特にすごかったw

s-bridge

バフがけした後は、ブリッジ取り付けになります。
Yairiguitar-DSC02766

このように塗装を一度はがして、
Yairiguitar-DSC02769

ブリッジを貼付けます。
Yairiguitar-DSC02767

小刀~ノミで剥がしを行います。
これはかなりの技術を要しますね。

ここの接着は合成接着剤、ニカワを使い分けます。
季節によって乾きやすい方を選択するとの事。

ナットやサドルはこういった整形されていない状態で入荷します。
Yairiguitar-DSC02783

サドルも四角い形のまま。
Yairiguitar-DSC02782

サンディング・マシンで一つずつ削ります。
Yairiguitar-DSC02780

こんな感じで形ができあがり。
Yairiguitar-DSC02779

お客様からよく「この型名のこのシリアルのナットをください」と言われるそうです。
しかしヤイリギターは一個体一個体のギターに合わせて作っています。
そのギターに合わせたナット、サドルじゃないと意味がないので、ぜひギターをヤイリに預けて、ナットとサドルを作ってもらってください、との事です。

次にペグ付け、弦張りを行います。
Yairiguitar-DSC02775

最終検品。
細かい所までチェックを行います。
Yairiguitar-DSC02776

カスタムショップ

最後に、ヤイリギターのカスタムオーダーメイドを製作する、カスタムショップにお邪魔しちゃいます。
Yairiguitar-DSC02837

ん?

階段を登る途中で、なんだか気になりました。
Yairiguitar-DSC02836
この階段の補強材、ネックの補強材ですよね!?
やはりヤイリの匠たちは、自分たちで床や階段なども補修してしまうんですね!

Yairiguitar-DSC02682
やってきました、カスタムショップ!

左手ではお客様やミュージシャンのギターをリペア、調整しています。
Yairiguitar-DSC02846

あれ?

調整(修理?)待ちのギターの中にこんなお名前も…
Yairiguitar-DSC02851

写真もありました。
左右は言わずと知れたあの方々。
真ん中に写っているのが、マスタークラフトマン、Ken小池さん!
Yairiguitar-DSC02842

この日は奥でお客様とオーダー品の打ち合わせをされていました。
Yairiguitar-DSC02848
この後、いろいろ教えていただきました。
「匠」、「職人」という言葉から連想するイメージとは程遠い、とっても朗らかな方でした♪
ありがとうございます!

ちなみに、匠の技が光るこんなギターも製作中~
Yairiguitar-DSC02672

Yairiギターラインナップ@社員食堂

ヤイリギター内でその姿を目撃した、非売品のレアなギターたちを紹介しちゃいますよ。
さきほどの食堂には過去の歴史的なギターが並んでいます。
Yairiguitar-DSC02628

■戦前モデル

1963年に矢入一男氏が始めてのクラシックギターを作ったということを考えると、これはお父様の矢入儀市氏製作のものでしょうか?
かなりの年代ものです。
Yairiguitar-DSC02630

■KENT ’56

これも’56年製のクラシックギター。
KENTというブランド名が入っていることから、OEMで生産したものかもしれません。
Yairiguitar-DSC02629

■YAIRI GUITAR ’60

’60年製なので、こちらもヤイリギターの年表に合致しないモデル。
試作品でしょうか。
謎のあるギターってワクワクします。
Yairiguitar-DSC02631

■YW-350 ’71

71年といえば、日本初のトップ単板ギター「YW-250」が製作された年。
型名から見ると、その上のモデル?
Yairiguitar-DSC02632

■ラコート ’71

19世紀フランスのギター製作家、ラコートが製作したギターはラコート・ギターと呼ばれ、通常のクラシック・ギターよりも一回り小さ目のギターです。
これは71年にYairiで製作されたラコートギター。
Ken小池氏の作品?
Yairiguitar-DSC02633

■CBS MASTER WORKS YF-200 ’71

ヤイリギターとアメリカの大手楽器商「セントルイス・ミュージック」と契約したのが70年。
その翌年の作品ですね。
「CBS MASTER WORKS」という名が冠されていることを考えると、ALVAREZ YAIRIとは違った輸出用モデルでしょうか。
Yairiguitar-DSC02634

■ALVAREZ YW-200 ’71

こちらは同71年製のALVAREZ。
ヘッドの形など、シンプルですがこの年代に作られたものなのに、狂いの無さそうなその風体。
さすがYairiといったところ。
Yairiguitar-DSC02635

■K.YAIRI YW-500 ’72

YW-500ということは、当時の定価は5万円?
今の価値に換算すると20~25万円くらい?
なんにせよ、価値のあるドレッドノートタイプのギターです。
Yairiguitar-DSC02636

■K.YAIRI 睦月 ’72

これは「睦月」と名づけられたクラシックギター。
サウンドホールの中にはすでにK.Yairiのロゴマーク、ブランド名がしっかり記載されていますね。
Yairiguitar-DSC02637

■ALVAREZ DY-95N ’72

ヤイリギターの輸出モデル、ALBAREZのドレッドノート。
豪華なインレイやボディの飾り、口輪などなど、貫禄の一本ですね。
Yairiguitar-DSC02638

■K.YAIRI YW-600 ’73

こちらはさきほどのYW-500のランク上? それとも後継?
Yairiguitar-DSC02639

■ラコート ’77

またもや登場、ラコートです。
当時は比較的、クラシックギターの製作も多かったのでしょうか。
Yairiguitar-DSC02641

■K.YAIRI DY-45 ’91

年代が追いついてきました。
現行モデルのDY-45ですね。
製作されたのは91年とのことですでに20年以上経過しているにもかかわらず、やはりYairi。

状態が良い!

Yairiguitar-DSC02640

Yairiギターラインナップ@ショールーム

ロビーの2階はショールームになっています。
ショウルームには、それこそ「なんじゃこりゃ!?」なギターが目白押し。
Yairiguitar-DSC02784

ぱっと見ただけでも、なんだかおかしなヘッドを持ったギターなんかが見えますよね?
Yairiguitar-DSC02785

Yairiguitar-DSC02806
では、何本かご紹介しちゃいましょう。

■カブトムシ

まず最初はコレ。
表からは、「なんか鹿の角みたいなヘッドだな」程度ですが…
Yairiguitar-DSC02787

裏返すと、カブトムシ!
Yairiguitar-DSC02786
背中の茶色い艶もうまく再現されてますw

■フルムーン

見てのとおり、まあるい満月の形をしたボディにダブルネック…
Yairiguitar-DSC02798

え?
Yairiguitar-DSC02807

えぇぇぇぇ!?
Yairiguitar-DSC02808
そういうことですか。

■ネコギ

夢のギターデザインコンテスト2009で銅賞に輝いた作品を現実化した「ネコギ」です。
Yairiguitar-DSC02797

画像は横の方が見やすいですね。
倒します。
s-DSC02797
猫ですね。

■一男さん

こちらはボディにコテで絵が描いてあります。
Yairiguitar-DSC02815

これも倒して見ましょうか。
Yairiguitar-DSC02816
矢入一男さんとヤイリギター工場です。

■ラコートギター

ここにもラコートギター。
Yairiguitar-DSC02810

ラコート・スクールっぽいネックジョイント。
Yairiguitar-DSC02811

■一五一会

何本か、製品化されていない一五一会がありました。
まずこちら。
Yairiguitar-DSC02821

なんと「屋久杉」で作られた一五一会です!
Yairiguitar-DSC02820

ちなみに一五一会以外にも屋久杉を使用したギターが何本かありました。
Yairiguitar-DSC02789
屋久杉を材として持っているのはヤイリギターだけ!とのことです。

こちらは欅(けやき)材使用の一五一会です。
Yairiguitar-DSC02819

次は象牙をブリッジに使った一五一会。
Yairiguitar-DSC02817

一番奥にはベースとギターを一本のネックに配したギター。
Yairiguitar-DSC02809
発想がすごいw
(でも弾ける自信はない…)

ちなみにその手前にあるドレッドノートタイプは、ハカランダ・オール単板!
作ってみたら「やっぱりTOPはスプルースのほうが良いね」となったそうです(えぇ!? せっかく作ったのに…?)

そのほかにも豪華なインレイや装飾がたくさん♪
Yairiguitar-DSC02795Yairiguitar-DSC02796

ヤイリギターの職人の遊び心が満載すぎるショウルーム。
非売品との事で私たちの手元に来ることはないモデルたちですが、一見の価値ありです!

■最後に

すべて回って、ロビーに帰ってきました。
回っていると時間がたつのが早い。あっという間に2時間経っていました。
来た時には気づかなかったのですが、ロビー入り口にはこんな物たちが。
Yairiguitar-DSC02862

ギター製作過程で出た端材にK.Yairiの焼印を押したキーホルダー、
Yairiguitar-DSC02860

そしてコースター。
これはサウンドホールですね。
Yairiguitar-DSC02861
ちょっとしたお土産で喜ばれそうです。

帰路へ

それでは矢入ゼネラルマネージャーにお別れして、帰路に着きます。
入り口のエンジェル像にもご挨拶。
Yairiguitar-DSC02863

そういえば、工場を回っている途中に出会ったやいりくんに挨拶し忘れた!
あとでツイッターでご挨拶しておかなきゃ。
Yairiguitar-DSC02742

島村楽器全店のK.Yairi在庫はこちら»