ギタセレ(Guitar Selection)

島村楽器のギターが探せる!見つかる!情報発見サイト。

Inquiry Form - For Overseas Customers

特集記事

【メーカー探訪】MOON GUITARS ~PGM乳井和彦氏の歴史と経験から生み出される珠玉の名器たち~

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

久々のメーカー探訪です。
皆さん、大変長らくお待たせいたしました。

moon_logo

今回はギタセレでのブランド検索で常に上位をキープしているMOON GUITARSの制作現場にお邪魔して、そのコダワリと高品質な理由をこの目で確かめたいと思います。

MOON GUITARS & PGM

MOON GUITARS

MOON GUITARSは1978年に始動した、カスタム・コンポーネント・メーカー。1979年には現在もMOON GUITARSを制作するPGMでの生産を開始します。その後、TOTOのSteve Lukatherが”あの”真っ赤なボディ&ネックに、ピックガードを含めたアッセンブリーをゴールドでまとめたSTモデルを使用してMOON GUITARSの名は日本だけでなく世界にとどろきます。

s-st_35anniv_tr_01
↑35周年記念で製作された当時のモデルを再現したST-35th ANV TR/M GO

今やMOON GUITARSはコンポーネント・メーカーとして国内では角松敏生、山本恭二、鮎川誠、近藤房之助、西山毅、海外ではLarry Grahamを始めとした数多くのアーティストが愛用する一流ブランドとしての地位を築いています。

PGM(Professional Guitar Manufacture)

PGMは代表の乳井和彦氏が1978年に設立したコンポーネント・メーカー。PGMブランドでのギター製作だけでなくMoonやその他ブランドのギター製作を担っています。先述のとおりMOON GUITARSとの縁は浅くは無く、MOON GUITARSの歴史はPGMとともに作り上げられたと言っても過言ではありません。ST用ツバ出し22Fネックや洋銀(シルバーニッケル)ナットなど、現在ではスタンダードになっているアイデアも乳井氏が生み出したものが多いのです。(詳しくは後ほど記載します)

いざPGMへ

2月某日、世間では大寒波が来ると寒さへの警戒をしている中、埼玉県比企郡にあるPGMへ電車で向かいます。

s-IMG_1890
目的地である小川町駅に向けて、だんだんとのどかな風景が広がってきます。

s-DSC08923s-DSC08924
着きました。MOONを製作するPGMはここから車で約10分。ワクワク♪

s-DSC08855
PGMの入り口には大きな看板は無く、「K.nui」というロゴ・ステッカーが貼られています。

潜入

入口~塗装ブース

s-DSC08865s-DSC08866
入口を入ってすぐ、MOON、PGMブランドを愛用する数々のアーティストたちの写真が飾られています。
桑田佳祐さん、Mick Taylerさん、今沢カゲロウさん…
国内、海外問わず錚々たる面々。

s-DSC08864
ネックで作られたドアノブを開けて塗装ブースを覗かせて頂きます。

s-DSC08862
ステキな塗装ブース。

いや、こっちじゃないです、すみません。

s-DSC08860
ちょうどメタリック・カラーの塗装をやっている最中で、手を止めさせてしまいました。
重ねがさねすみません…

s-DSC08858
塗装を終えた子達。

1Fは乳井氏のお部屋と塗装ブース、そして倉庫になっていて、作業のメインは2F。
いざ、2Fに上がって行きます。

続きを読む: 1 2 3