ギタセレ(Guitar Selection)

島村楽器のギターが探せる!見つかる!情報発見サイト。

Inquiry Form - For Overseas Customers

特集記事

【メーカー探訪】G&L カリフォルニア・フラートンで受け継がれるレオ・フェンダーの意志

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

今やエレキギター・エレキベース界でその名を知らない者はいないであろう“Fender”。
そのFenderの創始者であるレオ・フェンダーがFender社を退いてから、1972年にこれまたFender創設メンバーの一人、ジョージ・フラートンと共に設立したのがG&Lです。

NAMM0-DSC08650

GはジョージのG、LはレオのL。
現在では両名ともこの世を去り、G&L創設メンバーはいませんがカリフォルニア・フラートンでG&L社は今もギター・ベースを作り続けています。
彼らの遺伝子はどのように受け継がれているのか、この目で見て来ました。

ロサンゼルス空港から一路、フラートンへ

ロサンゼルス空港からフリーウェイをとばして、一路フラートンへ向かいます。
s-DSC_0219

フラートンに着くと、見えてきました「Fender Avenue」。
NAMM0-DSC08656

このあたりは元々フェンダー氏の所有していた土地だったそうで、通りの名前もそれに由来するそうです。
NAMM0-DSC08654

いよいよ着きました、G&L。
NAMM0-DSC08651

入口の看板は意外と簡素。
NAMM0-DSC08649

いざ、工場内部に潜入!

さっそく工場内部に潜入して行きます!

①ネック&ボディ 整形セクション

のっけからいきなりネック製作現場。
NAMM0-DSC08571
まだG&L独特のヘッド形状になっていない状態から、トラスロッド仕込み、指板貼り付けが行われています。

左奥には、ネックの型のようなものが見えます。NAMM0-DSC08575

ボディも同じセクションで加工されます。
NAMM0-DSC08576

整形されたもディも並んでいました。
NAMM0-DSC08574

ここではヤスリなどでボディの最終的な仕上げを行うようです。
NAMM0-DSC08577

サンディング・マシンもかなり大きいですね。
NAMM0-DSC08578

②塗装セクション

続いて塗装ブースが用意されたセクションにやってきました。
NAMM0-DSC08580

塗装、手で一本一本やってますよ。
NAMM0-DSC08584
彼、かなりのご陽気さんでした。
(もともとの正確なのか、それとも…!?)

これは下塗り段階でしょうか。
NAMM0-DSC08587

かなり薄く塗られているのが分かりますね。
木の凹凸が見えます。
NAMM0-DSC08588

塗装されたネックもこのとおり。
NAMM0-DSC08585

G&Lらしいところを発見!
NAMM0-DSC08586
あのG&Lのラメラメ・カラーはここで生まれるんですね!
すごい量のラメです。

③塗装仕上げセクション

ガタイのいい二人がボディを研磨中。
NAMM0-DSC08589

細かいところも手を抜きません。
NAMM0-DSC08590

④電装系セクション

なんと!
ピックアップも手作業で作っています!
NAMM0-DSC08613

NAMM0-DSC08614

NAMM0-DSC08597

あのG&L独特のピックアップはこうして丁寧に作られています。
NAMM0-DSC08598

ポット類もしっかりハンダづけ。
熟練の作業ですね~
NAMM0-DSC08602

⑤組み上げセクション

ここからギターがギターとして形になっていきます。
NAMM0-DSC08604

ネック組み込み中。
NAMM0-DSC08608

ここでこんな機械を発見!
NAMM0-DSC08615
これはナットの溝を切るマシン。

フレットのおおまかなすり合わせも行うそうです。
NAMM0-DSC08617

⑥シッピング・セクション

金網の向こう側は…
s-IMG_0076

完成したギターたちが出荷を待っています。
NAMM0-DSC08619

だから他のセクションと違って、こんなに厳重なんですねー
IMG_0075

出荷前の最終チェックもここで行います。
NAMM0-DSC08620

現代エレキギターの知恵がつまったラボ

ここから、なんとレオ・フェンダー専用ラボにお邪魔します!
レオが生前使用していたそのままに保管してあるそうで、入る前からドキドキ。
NAMM0-DSC08622

MR. FENDER ONLYと書かれたドアを開けると…
NAMM0-DSC08623

時が止まっているかのようなラボが現れました。
NAMM0-DSC08646

製作途中のボディやネック。
NAMM0-DSC08626

ギター設計で座りっぱなしの身体を動かすためでしょうか、ランニング・マシンも。
NAMM0-DSC08643

自らが生み出したギターをさらに改良するためでしょうか、Fender テレキャスターも置かれています。
NAMM0-DSC08631

G&L設立後、MUSICMANのギターやベースをデザインしたレオ・フェンダー。
その時のものなのか、MUSICMANのネックも見えます。
NAMM0-DSC08629

レオ本人が普段よく座っていたであろう、デスクがここです。
NAMM0-DSC08636

大量の写真と一緒に、コレ。
NAMM0-DSC08644

もしやコレはG&Lサイトでレオが使用している…
s-Leo_Lab_1980
この器具ですね!
というか、まんまこの部屋ですよね!!
興奮してきました…

レオ宛の手紙もそのまま残ってます。
NAMM0-DSC08632

もう一つ部屋がありますよ。
NAMM0-DSC08645
こちらは電装系の研究を行っていたのでしょう。

レオはピーナッツがとっても好きだったそうで、机の上には大量のピーナッツ缶。
NAMM0-DSC08633

この部屋にもたくさんの製作途中(?)ギターたち。
NAMM0-DSC08627
あれはレオ本人のかばんでしょうか。

!!
レオのテーブルの下にこんなものを発見!
NAMM0-DSC08642
On-Stage Standsぢゃないですか!

島村楽器が代理店をつとめるスタンド関連を豊富にラインナップするブランドなんですよ。
なんだかこれをレオも使っていたと思うと、感慨深い…

G&L 工場訪問を終えて

現代エレキギターの礎を築いたと言えるレオ・フェンダー。
Fender社設立~離脱~G&L設立~MUSICMANデザイン~G&L発展と、彼の歴史はポップス、ロックの歴史です。

今回、彼がジョージ・フラートンと共に作り上げたG&L社を訪れて一番衝撃だったのは、世界的に名が通ったブランドとは思えないほどの手作業量。
訪問前のG&L社への勝手なイメージは、オートメーション化されて効率的な生産工程を持った工場でした。
しかし今回レポートしたように、ピックアップ製作に至るまで丁寧に作られるレオの魂、意志は、レオのラボが今も時を止めたかのように佇むのと同様、G&L社スタッフにも脈々と受け継がれてそこに存在しています。
NAMM0-DSC08652

世界中の音楽ファンが訪れるというG&L工場。

ギタリスト、ベーシストにとって「ギターの歴史」に触れる事の出来るその貴重な場所では、アグレッシブなCalifornian(カリフォルニア人)たちが今日もレオの意志を受け継ぎながらも新しい挑戦をし続けています。

島村楽器全店のG&Lギターの在庫はこちら»

島村楽器全店のG&Lベースの在庫はこちら»