ギタセレ(Guitar Selection)

島村楽器のギターが探せる!見つかる!情報発見サイト。

Inquiry Form - For Overseas Customers

特集記事

【徹底検証】ギター・シールド徹底検証 その3 ~NEOオヤイデ~

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

第一回、第二回と好評を頂いております、ギターシールド徹底検証シリーズ。早くも第三弾となりました。今回取り上げるシールドはこちら。

プリント

「NEOオヤイデ」ケーブルです! こちらを製作しているオヤイデ電気は、昭和27年創業、60年の歴史を持つ老舗電線会社です。電線に対する貪欲なまでの姿勢から生まれる製品は、9mm Parabellum Bullet や凛として時雨、サカナクションをはじめとした若手人気バンドから、秦 基博DEPAPEPEなどのアコースティックを得意としたミュージシャン、寺岡呼人や人時といったベーシスト、などなど数々のミュージシャンだけでなくエンジニアからも高い評価を得ています。2013年月には、クラムボン、toeなど著名ミュージシャンが集って「創立60周年記念イベント」を開催してしまうほどです。

そんなオヤイデの魅力に迫ってみたいと思います!

【おさらい】基準シールドと使用楽器

しつこいようですが、基準シールドはCANARE、使用楽器は以下のとおりでいきます! 基準&ルールについての細かいお話は「Belden編」をご参照下さいませ。

DSC01360-s-sDSC01382-s-s

基準シールド  CANARE G03 
販売価格 (税抜)¥2,000 (税込 ¥2,160)
使用シールド 3m
使用楽器 ギター:History GH-SV/C(シングル・コイル)  ベース:Cool-Z  ZJB-1R/5(ジャズベース・タイプ・パッシブPU)

DSC01372-s-s-sDSC01386-s-s-s

 NEO オヤイデ検証スタート!

それでは、「伝統から革新へ」のオヤイデ・ケーブル検証です~

①『G-SPOT CABLE』3m S/S

DSC01822-s
DSC01848-s
GSpotCableSS3.0 販売価格(税抜)¥3,420 (税込 ¥3,693)


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

 

G-SPOTのGはGuitarのG?! メーカーさんいわく「ギターに求められる周波数帯域に重点を置いて開発された」のだそうです。 「クリアでナチュラルなサウン ドは、プロ・ユースは勿論、初心者の方でも非常に使い易く、ワンランク上のギター・プレイをお約束します」とのキャッチ・フレーズですが、さて、その実力やいかに!

g_spot-s

【ギター】中高域にピークがありますね。少々粘りもあって「ギターに合わせて作った」感がしっかり表れているサウンドです。70~80年代のロックを彷彿とさせるような、気持ちいい弾き心地です。
【ベース】ギター向けということだけあって高域の音抜けはベースでもしっかり再現されます。低域は速いパッセージの曲でもメリハリが効いています。

まずは目を引かれるのがその外観。ド派手なカラーリングと、オヤイデ・オリジナルの「G-SPOT CABLE専用ゴールドカバー・フォンプラグP-260MG」で独特の存在感を放っています。シールド・ケーブル自体が非常に柔らかいので変なクセもつかないでしょう。取り回しも非常に楽だと思います。サウンドに関しても優秀な「ギター用シールド」という印象です。いい意味でのロー・ファイ感がたまりませんね。

■オススメマッチング


70年代ロックといえば、ラージヘッドストラトが浮かんでしまう、様式美好きの中の人。SGにも合いそうです。
やはりベースでもブリブリな音のモデルに使用して、ヴィンテージ感を楽しみたいです。

②『FORCE’77G』3m S/S

DSC01828-s
DSC01850-s
force77G/3.0SS 販売価格(税抜)¥4,000 (税込 ¥4,320)


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

 

 

「高性能エクストリーム・ライン・ケーブル」と名づけられたFORCE’77G。こちらもプラグはオリジナルで、FORCE’ 77G 専用に作られた高純度金メッキ・プラグP-275BGを装備しています。ギザギザな表面が特徴の”NOTCHES ENVELOPE”シースを採用していることで、地面、ケーブル同士の干渉を減らすと共にタッチノイズ・外部ノイズの影響を極限まで抑えるとのことです。(下の画像がシールドを輪切りにした図です。ギザギザです。)
force_spec77-s
【ギター】ストラトがストラトらしく鳴ってくれる、つまり「素直」ですね。音が前に出てくる感じもあってとても気持ちいいシールドです。ピッキングの反応も良いですね。外装は硬いのですが、シールド全体として柔らかいので取り回しも楽です。
【ベース】クセがなく、ベース本来の音に近い印象。優秀なフラットサウンドといえます。程よいコンプ感も気持ちいいです。ベース本来のカラーを出したい方におススメです。

見た目と音に差があるシールドですね~。パッと見、なんだか重厚そうな印象ですが鳴らした瞬間の「スム~~ス」な出音が良い意味で期待を裏切ってくれます。重厚な見た目に一躍買っているシールド表面の加工ですが、これ、かなりのモノです。「干渉面積を減らす」という発想に納得です。クリーンなサウンドでファンキーなカッティングをしたくなります。

■オススメマッチング


抜けの良いギターをそのまま突き抜けさせるような、そんなサウンドにしたいです。
ベースも同様にカラッとしたサウンドを突き通すイメージで弾きたいですね。

②『QAC-202 G』3m S/S

DSC01832-s
DSC01852-s
QAC202 G SS/3.0 販売価格(税抜)¥4,680 (税込 ¥5,054)


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

こちらも「ギター/ベース専用にアレンジした」シールドとのことです。鮮やかなグリーンが目を引くシールドに、NEOオリジナルPシリーズのプラグを組み合わせ、楽器用シールドに定評があるKESTER“44”ハンダを使用して組み上げられています。オヤイデ・ケーブルは音質だけでなく、ルックスでもこだわりを見せているシールドですね。

202-s
【ギター】FORCE ’77Gの周波数特性をそのままに、もっとモダンに、ハイファイにした印象です。すこし中高域にピークがありますが、やはりフラットで「素直」なシールドです。シールド自体がFORCE ’77に比べて多少硬いのでレコーディングにベスト・マッチすると思います。
【ベース】FORCE’77を、よりナチュラルにした感じですね。ベースでもやはりレコーディングに使いたくなる一本です。

このナチュラルさはクセになります。FORCE’77Gと同じ方向性の音質ですが、中高域にピークがあることで音が前に飛んでくる感じがします。バンドの中でギターの音をしっかり際立たせてくれると思います。シールド自体は硬めではありますが、ライブ使用に問題ありません。クセのない、ギター本来の音質に忠実なシールドです。

■オススメマッチング


やはりこのナチュラルな感じは、オールジャンルいけそうですが、JAZZなんかにもオススメです。
ベースでもナチュラルなサウンドを前面に押し出したいので、このセレクトです。

検証後記

今回取り上げましたNEOオヤイデ・ケーブルは、随所に電線会社らしさを感じました。総じてどのシールドもクリアで素直な印象です。プラグに関してもオヤイデオリジナルのプラグを使用するなど、オヤイデにしかなしえないシールド作りを行っていますね。60年という歴史を築き上げてきたプライドを感じました。クオリティーに対して価格設定がお手ごろで、コストパフォーマンスが高いと思います。

NEOオヤイデケーブルにはホルダーが付属してきます。

DSC01826-s

実際にシールドに取り付けてみるとこんな感じ。
DSC01829-s

また、各モデルともパッケージがファスナー付のビニール製になっており、購入後もプラグなどの酸化を防げるようになっています。細かな部分にも老舗ゆえの心遣い。う~ん、オヤイデ、侮れません。

 スペック表

各シールドのスペック表を載せておきますので、シールド選びの参考にしてみて下さいね。
hyou

Oyaideシールドのご注文は島村楽器オンラインストア、および島村楽器各店までどうぞ

イオン葛西店にて特設試奏コーナー展開中!

今回検証した「NEOオヤイデ・ケーブル」3モデルはすべてイオン葛西店特設試奏コーナーにて展示中(2013年7月21日(日)まで)!
じっくりお試しできますのでお気軽に遊びにいらして下さい。

DSC01893-s

※「シールド徹底検証 その1 ~Belden~」のラインナップも展示延長中~(Beldenシリーズは予告なく展示終了となる事もございます)

「徹底検証 シールド編」関連記事