ギタセレ(Guitar Selection)

島村楽器のギターが探せる!見つかる!情報発見サイト。

Inquiry Form - For Overseas Customers

特集記事

【こだわりの逸品】FRETWRAPS(フレットラップ)って何だ!? Strictly 7 Guitars FRETWRAPS【新製品】

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

Strictly 7 Guitars “FRETWRAPS(フレットラップ)”

この度、Strictly 7 Guitars(S7G)からFRETWRAPS(フレットラップ)が発売になります!

s-fretwrap

…。

「フレットラップって何?」

そんな声がたくさん聞こえてきそうですね。

フレットラップというのは、FRETをWRAPする、すなわちフレットを包むという道具です。

s-IMG_0589
よくギターやベースのネックに付けて演奏している人を見かけますが、どういった効能があるんでしょう?

  • カッコイイから?
    それもあります。でもそれだけじゃないはず。
  • カポ?
    いえいえ、弦を押さえているようには見えません。

今回のこだわりの逸品はこのフレットラップに迫ってみましょう。

■CYCLAMEN ギタリスト、勝乗貴志

今回は日本Djent界を代表するバンドのギタリスト、勝乗貴志さんにご協力頂きます。

s-IMG_0625
CYCLAMEN、そしてカツノリさんに関してはStrictly 7 Japanオフィシャルサイトをご覧下さい。(カツノリさんはS7Gアーティストの一人です。)

FRETWRAPSの構造

まずはフレットラップがどういった構造になっているのかを見てみます。

s-IMG_0146
これがフレットラップ。

s-IMG_0155
モコモコな部分と、

s-IMG_0158
ベルト部分で構成されています。

s-IMG_0154
マジックテープで着脱が簡単に出来るようになっています。

FRETWRAPSの役割

これが一番重要。

s-IMG_0174
実際にギターに装着してみるとこんな感じ。

s-IMG_0132
もしくはこんな感じ。

いろいろなところに装着出来るわけです。

■役割1

では実際にどんな役割で使うのかを解説します。まず一つ目は指板上で弦をミュートする使い方。

s-IMG_0601
これで普通に弾いても音は出ません。

これはタッピングする際に指の位置よりヘッド側の音をミュートするために使うのです。
説明するよりこちらを見て頂いた方が早いかもしれません。

まずはフレットラップ無しの演奏でした。
続いて「有り」の演奏を見てみましょう。

いかがでしょう?
タッピングする際に開放弦が不必要に鳴らないので、フレーズが綺麗に奏でられます。
そして使わないときはヘッド側にスライドさせておけば良いので邪魔になりませんし、ヘッド側に付ける効能も生まれます。
(カツノリさんは技術があるので無しでもほとんど変わらず弾けてしまうのでなかなか比較しづらいですが…汗)

■役割2

「俺はタッピングなぞやらんよ」という方。実はフレットラップにはさきほど少し触れた、もう一つの効能があるのです。ムフフ…

s-IMG_0594
カツノリさんの演奏、ヘッドにフレットラップを装着して演奏している際、フレットラップが無い時よりも、少し音がタイトに聞こえませんか?
今回の動画ではかなり音量を抑えて弾いていたので大きな変化は分かりにくいのですが、ライブなどで、大音量で鳴らすと特に顕著に分かります。

そうなんです。実はそういった理由でフレットラップを巻いているギタリストも多々存在するのです。
カツノリさんもその一人です。

続きを読む: 1 2