ギタセレ(Guitar Selection)

島村楽器のギターが探せる!見つかる!情報発見サイト。

Inquiry Form - For Overseas Customers

特集記事

【レポート】ローランド新製品発表会「Roland Summer Forward 2015」に行ってきた

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

2015年5月13日(水)、ローランド新製品発表会が開催されるとの事で、さっそく会場へ向かいました。

到着したのはここ。

s-016fec9e318f1d76cf1a9bcef77a219c8768e3a83c
渋谷にあるライブハウス「duo」。ローランド新製品発表会が行われる場所としてもはや定番。(もちろんライブハウスとしても。)

開演前に製品チェック!

いざduoの中に入ってみるとスゴイ混雑っぷり。NAMM、Musikで発表された新製品ですが、みんな期待が高まっているんですね。

■ギターシンセ(SY-300)

会場に入ってすぐ目に飛び込んできたのはギターシンセの歴史を語ってくれる展示。

s-01af5cf64ba6b8afcc215717c86a50d20423babb6b
そして、なんとギターシンセ初号機、GR-500の姿が!

s-016bcc02dd06561e54b01dd57698346c156c91bd5a
1977年に発売されたヴィンテージ機材です。…同い年か。

そして80年代に入って、GR-500の後継機種として発売されたのがこのGR-300。

s-019205f930c149bae70d02333673d53ee01c1fd342
これもなかなかのレア物です。

あれ? 何か気づきませんか? 今回発売のSY-300がコレです。

s-013873b5ef9ffbc3ce5c80375033ecca9a51b47822
そう! 今回のSY-300はGR-300のデザインを踏襲して作られたのです!
初心に立ち返って改めてギターシンセをプロデュースするわけですね。

そりゃそうです。GKピックアップナシのギターシンセなんですから。それくらい革新的ですよね。

■スイッチャー(ES-8)

そしてそのギターシンセの横にはこちらも大注目のスイッチャー、「ES-8」が鎮座!

s-01702cad20ad73bab871294f3e033dd22832571192
この日発表になった情報だと…

なんと今日(2015年5月15日)から受注開始!! ということで早速。


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

このリンクからご注文可能です。

話を戻しましょう。
ES-8はBOSS初のスイッチャー。コンパクトエフェクターを8つ、ループで接続して内部でルーティング変更も出来る優れものスイッチャー。今のスイッチャーブームにいよいよ王者、BOSSが参入です。今後メインストリームに乗るのでしょうか? 楽しみです。

■ワウ(PW-3)

今回発表になっている商品はどれもこれまでのBOSSと少し違った、新しい方向性を指し示すものが多数。

s-01e46606e250046301af0cac2f4485588a1c3b553c
このワウもそうです。ヴィンテージ・サウンドの再現だけでなく、通常削られてしまう低音部分を持ち上げて、「ファットなワウサウンド」を得られるPW-3。これも今後定番化しそう…

■ギターアンプ(Blues Cube)

Duoの2階席にはBlues Cube各モデルが。

s-01d40f1a1f167c569fda0998832b9951f95b265bf4
Blues Cubeのフラッグシップ、“BC-TOUR” & “BC-CAB410”もありました。ここではみなさん弾きまくりでした。聞こえてくる音はトランジスタ・アンプとは思えないナチュラル&ウォームなサウンド。

このBlues Cubeシリーズ、一つ注目してみました。ココです。

s-012c0bcae382a62e0c84bee7bb566ab7b2b8a5c5e5
このノブです。BC-60など、過去にリリースされていたBlues Cubeシリーズを知っている人には懐かしい感じです。このギザギザが。

昔はこのノブが取れやすくて、ノブ無しで使っていた記憶があります。今回デザインを踏襲しているので、そこの所を直撃してみるとうれしいお答えが。

「デザインとを踏襲しながら、しっかり抜けにくくなっているんです」

これはすばらしい! サウンドだけでなくこういった細かいポイントに力を入れている点、かなり評価高いです。

次のページでは当日のデモンストレーションの模様をお伝えします♪

続きを読む: 1 2