ギタセレ(Guitar Selection)

島村楽器のギターが探せる!見つかる!情報発見サイト。

Inquiry Form - For Overseas Customers

特集記事

【新製品】polytuneが「2」に進化!!レビューしてみました!

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

PolyTune2

先日、【まとめてみた】ペダルチューナー徹底比較の記事内で紹介しましたPolyTuneが新しくなる?!

これはいてもたってもいられない!

発売になったばかりのPolyTune2を早速Getしてきましたので、レビューしてみます!

・・・と、その前に

PolyTuneとは・・・

PolyTune

PolyTuneとは、2010年にTC Electronicが発売したギター/ベース用の複数弦同時チューニングが可能なペダル・チューナーです。
ギターの1弦~6弦を開放で、じゃら~んと弾くだけで、まとめて各弦のチューニングができるんです。

しかも、入力した時の音が単音(1本の弦を弾いているか)/和音(複数の弦を弾いているか)を自動的に感知し、ポリフォニック/クロマチックモードを自動切り替えするんです。

世界初ということもあり、発売時のその衝撃はまだ記憶に新しいですよね。

それでは、「2」のレビューいってみましょう!!

DSC00514-s

ばんっ

どうでしょうぱっと見あまり違いはないように見えますね。

DSC00515-s

今まで発売された機種と並べてみました。

左から順にPolyTune Mini、PolyTune(1)、そして一番右が新製品PolyTune2です。
※ナンバリングはありませんが、今後オリジナルのPolyTuneをわかりやすく「1」と表記していきます。

ロゴの位置や細かな表記が変化していますね~

DSC00519-s

リア・パネルも細かな表記の違い以外は、ほとんど変化はありません。
(ちなみに左が「1」、右が「2」です。)

それでは何が変わったんでしょう?
スイッチを入れてみますね。

DSC00553-s

おおっ!右の「2」の方が圧倒的に明るいですね~。
【まとめてみた】ペダルチューナー徹底比較で「1」を検証した時も感じたのですが、ディスプレイが暗く、若干見づらい印象がありました。

今回は、ディスプレイを改善してきたんですね。

DSC00533-s

なんとこのディスプレイは、Retinaディスプレイなんです。
この名前を聞いたことのある方は多いはず。Apple社のiPadやMacに採用されていますよね。

このディスプレイは、ひときわ明るく見えるように改良されています。
(※Retinaディスプレイではない事が判明しました。申し訳ございません。修正:2013年11月11日)

そしてもうひと工夫。
周りの明るさを検知するライト・センサーを内蔵しているんです。
そのため環境に合った明るさに自動調節されるんだとか?!

DSC00545-s

ちょっと試してみました。
左が明るい場所で、右が暗い場所で撮影してみました。
こんな感じで自動調節されるんですね~。

DSC00521-s

おっ、フットスイッチも変更されていますね。

以前の「1」はクリックが入るスイッチだったのに対し、「2」はソフト・スイッチタイプに変更になりました。
これでライブ、レコーディング時の不要な「カチッ」というノイズが軽減されます。

それでは次はその機能の進化に注目してみましょう!

DSC00537-s

今回の「2」では新たにストロボ・モードを搭載しています。
なんとこのストロボ・モードは±0.1セントのチューニング精度を実現しているんです!

ちょっとピンとこない方にご説明しますと、今、世の中に発売されているチューナーのほとんどが±1セントの精度です。
ということは、普通のザ〇の3倍速いシャ〇専用よりも、さらに上の10倍の精度を誇っているということなんです!
(※比較対象がおかしいですが・・・)

まとめ

「1」の時に、若干物足りなかった箇所を、しっかり補ったモデルになりましたね。
チューニング精度も上げ、やはり性能の良さに定評があるtc electronicだなという印象です。

フローティング・トレモロで、なかなか全弦のチューニングが合わせられないってお悩みの方は、この機会にいかがでしょう?

スペック比較表

Poly比較

メーカー希望小売価格(税抜)¥12,000 (税込 ¥12,960)
販売価格(税抜)¥9,620 (税込 ¥10,389)
ご注文は島村楽器オンラインストアまたは島村楽器各店まで!


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗