ギタセレ(Guitar Selection)

島村楽器のギターが探せる!見つかる!情報発見サイト。

Inquiry Form - For Overseas Customers

特集記事

【NAMMブースレポート】エフェクター編 vol.6 BOSSのブースにあったエフェクトボードはこんな構築図だった!

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

それでは引き続きNAMM Show 2015に出展しているブースの中で、エフェクターにスポットを当ててレポートいたします。

BOSSブース

こちらは、BOSSブース。
今回のNAMMでは様々な新商品を発表し、必ず押さえておくべきブース筆頭といえるでしょう!
そして、やはり個人的にも気になるこれ!
NAMM2015_4000111
BOSS初のエフェクト・スイッチャ― ES-8ですね。
様々な憶測を呼んでいるこの機種ですが、まだまだ正式な仕様は発表されておらず。。。

NAMM2015_4000114

こんな風にボードがどのように構築されているか図解もありました。しっかりMIDI対応もしていますね。
BOSSさん続報プリーズ!!

ちなみにBOSSの各新製品はギタセレでも既に紹介済みですので、要チェック!

Line6ブース

NAMM2015_400083

続いてこちらはLine6ブース。
このNAMMではLine6からもビッグニュースがありましたね。

NAMM2015_400088

そう、これ!FIREHAWK FX
iOS、Androidでトーンコントロールが出来るということで、非常に注目を集めました。

どんな風にコントロールするかというと、
NAMM2015_400086

画像はモデリングアンプのコントロール画面ですね。
EQや歪みを画面をタッチしてコントロールできる仕組みですね。

それ以外のエフェクト関連も画面上の表示を切り替えて、コントロールするのでしょう。
うん、これ直感的でわかりやすいですよ。今までマルチだとあーでもない、こーでもないと悩みながら様々なボタンを駆使していましたからね。

NAMM2015_400084

壁一面にFIREHAWK FXがずらり!斬新なレイアウトです(笑)

NAMM2015_400089

こちらは、昨年末に発表になったAMPLIFi TT。
卓上でコントロールするタイプのマルチエフェクターです。
音声の出力先はギターアンプにかぎらず、リビングにあるホームシアターやアクティブスピーカーなども使えます。
ギターアンプだと場所をとってしまいますからね。リビングで楽しむ卓上エフェクトといったところでしょうか?

今回、Line6から発表になった新製品は、別の記事でもご紹介しております。

tc electronicブース

NAMM2015_40002
こちらは、tc electronicブース。
NAMMの期間中に様々なイベントやデモンストレーションも行われ、非常に活気のあったブースです。
NAMM2015_40005
中でも、ベーシスト ネーザン・イーストのデモンストレーションはこの人だかりです。
写真を撮影するのもひと苦労。
NAMM2015_400029
そして、tc electronicから発表された新製品といえばこちら。
Viscous Vibe(写真左)とHelix Phaser(写真右)ですね。

【ビブラート】tc electronicのオリジナル版Shin-Ei Uni-Vibeサウンドを再現した「Viscous Vibe」発表!!
【フェイザー】tc electronicのTonePrintシリーズより高次元フェイザー「Helix Phaser」発表!

Wamplerブース

NAMM2015_400015
こちらは、近年日本でも人気が高まってきているWamplerブース。
北米インディアナ州にあるプライベート・ペダルビルダー/モディファイアーですね。

トレンドに左右されず、ギタリストが本当に欲しいものを作ることをポリシーにしているペダルです。

NAMM2015_400016

国内では未発表ですが、新製品もお披露目されております。
画像の上から2段目、左から2番目のペダルPlexi-Drive Deluxeが新製品ですね。
早く詳細な情報が欲しい!