ギタセレ(Guitar Selection)

島村楽器のギターが探せる!見つかる!情報発見サイト。

Inquiry Form - For Overseas Customers

特集記事

ギターを高く売る方法って?

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

皆さんこんにちは。
ギターセレクション委託販売担当のノミヤです。

皆さんはギターを売りに行ってこんな経験をしたことはありませんか?

お店に自分の楽器を売って、一週間後位に再度お店に行って、自分のギターが売った金額の倍以上の価格で売られているなど・・・。

私も何年か前、引っ越しの際に自分の機材を整理しようと思い、
必要なものと不要なものを分けました。
結構古い機材もあり、部屋に置いておくのも邪魔だし、この機会に処分しようと思ったのです。

IMG_7170

そして売る前に大体いくらになるのか、持っている機材の中古の販売金額を
PCで検索。相場を確認した上で、処分する機材を車に詰んで、中古の買い取りをしているお店に向かいました。

shop店頭

お店に到着。機材積み込みからすでに1時間程度経過。
※このときは結構機材が多かったので、店舗から台車を借りて駐車場から商品を
運搬しました。

お店に中古買取を希望する旨を伝え、金額査定を依頼。
「査定にお時間がかかりますので、店内でお待ちください。」
その後だいたい30分から40分くらい待たされて、買取金額を伝えられました。

「えっ、こんな金額にしかならないの?」
来店する前に大体の中古の価格を確認してきたのですが、提示された金額とは結構開きがありました。
だって、買ったときはもっと高かったし、状態も悪くないし、中古ではこのくらいの価格で販売されているし・・・。

DSC07241

いまいち価格に納得がいかず、金額交渉をしたのですが、
「いやー、お客様。これ以上は厳しいですねー」

・・・何がどう厳しいのか全く理解できなかったけれども、どうにもこうにも
これ以上の金額にはならない模様。

一瞬持ち帰ることも考えましたが、
いや待てよ、ここまで持ってきたものをもう一回車に積むのか?
今自分には必要のない機材だし、自宅に置いてても邪魔だし、30分以上待ったしなどいろいろな思いが重なって、・・・まあいいか、売っちゃおうと思ったわけです。

「じゃ、お願いします」

way03

これで売買契約は終了。
金額に対して納得感はあまりない状態ですが、長い間不要だと思っていたものが無くなり、かつ「処分できた」という達成感があり、自宅に帰りました。

DSC07230

一週間後、そのお店に弦を買いに来店。
ついでに先日売った自分の商品がいくら位で売られているか気になり、ついつい自分の打った楽器を探しました。
(まぁ、自分が売った楽器の販売価格を見ることも、目的の一つで弦を買いに行った訳ですが・・・)

DSC07236

そして自分が売った商品を発見。
・・・明らかに買い取りに出したときより高い店頭販売価格。
「そんな価格で売るなんて聞いてないぞ、それならもっと高く買い取ってくれよ」という心の声が聞こえました。

でも売っちゃったし、商売なのもわかるし、いまさら文句も言えないし。
できればもっと高く売りたかったな、オークションも考えるんだったかなといろいろ思いつつ帰りました。

以上、私の楽器買い取りエピソードですが、こんな経験をしている方は多いのではないでしょうか。

上記の経験を生かし、こんな便利なサービスを始めました。

エレキギター・エレキベース・アコースティックギターを預けて販売してもらう「ギターの委託販売」です。

「ギターの委託販売」って?

「ギターの委託販売」って何だろうって感じですが、
簡単に言うと自分が持っているギター・ベースをお店に預けて、販売できたときに販売金額から委託手数料を引いた金額をもらうという仕組み。

・・・何か自分で言っててあんまり簡単じゃない感じがするので(笑)、例を出して説明しちゃいます。

例えば写真のギター。

J45

「今まで数々のライブで活躍してくれてありがとう。君の事は忘れないよ。」なんて思いつつ、ギターを売りにいく訳です。
そんなに思うなら売らなきゃいいのになんて突っ込みは無用です(笑)

そして買い取りに持っていくと8万円と言われたのですが、
世の中ではこのギターは中古でなんと13万円で売っているのです。
このまま売るのはばかばかしい。もう少し高く売れないかなと思い、
同じ商品を委託で申し込んで、市場価格の13万円で売れたら、

なんと97,500円もらえちゃうんです。
ちなみに中古で売っちゃうよりも17,500円多くもらえます。

ちなみに内訳は、
販売価格が13万円-委託販売手数料32,500円(販売価格の25%)で、
もらえる額は97,500円。

買い取りみたいに、その場で即金で受け取ることはできないけど、
売れた時は、買い取りよりお得ですね。

オークションとの違いは?

図3

よーし、じゃあ委託販売申し込むぞと思う前に、「ちょっと待てよ、13万円で売れるのはわかった。なら、オークションで売ったら13万円丸々もらえんじゃねーの。こっちのほうがお得だよね。」と思うのが当たり前。

そして意気込んでオークションに出してみたものの、「商品を送ったのに入金されない」「なかなか問い合わせがなくて売れない」なんてこともあるみたい。

「ギターの委託販売」は、楽器を一眼レフのデジカメで撮影し、コメントもこちらで考えて「ギタセレ」と「デジマート」に商品を掲載。

商品画像①

 

商品画像2

うーん、売れそうな予感がします(笑)

オークションで売れないよりも、売れるほうがいいし、
なおかつ、少しでも多くもらえるほうがいいと思いますね。

また、「ギターの委託販売」は、島村楽器がお客様同士の売買の仲介をするので、オークションで起きるような不安はありません。安心、安心(笑)

販売できなかった場合はどうなるの?

jm66co

でも買取だと100%売れるけど(なかには価格がつかないものもあるけど)、委託販売だと売れないときもあるでしょ。その場合どーすんのという感じですが、その心配もご無用。

どうしても販売できなかった時は、こちらで中古の買い取りも可能なんです。
残念ながら、委託販売よりは安くなるけど、どうせ売るなら一度試してみてもいいんじゃないかなと思います。

また、気が変わってどうしても手放したくない場合には、商品を返却することも可能。
ただそのときは事務手数料3,240円(税込)がかかるから、今は本当に必要ないというものを選んでからのほうがいいかもしれませんね。

長々と書きましたが、「ギター委託販売」は以上のようなメリットのある販売方法。
「売るっ」て決めたら一度試してみるのもアリかなって思います。

「委託販売」の詳細を知りたい方、お申し込みになる方はこちらもチェック下さい。

委託販売についての詳細・お申込み