ギタセレ(Guitar Selection)

島村楽器のギターが探せる!見つかる!情報発見サイト。

Inquiry Form - For Overseas Customers

特集記事

25日17:30更新【楽器フェア】ギタリスト必見!MESA/BOOGIEブースレポート

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

キョーリツコーポレーション内Mesa Boogieブース。
私も個人的にものすごく好きなブランドのひとつの「Mesa Boogie」。

では早速レポートしますよ!

Mesa Boogie

IMG_0994
IMG_1005

大きなロゴ入りのパネル・真空管を模したパネルでMESAの重厚さをアピール。サンタナをはじめとする有名アーティストたちもパネルでお出迎えです。

IMG_0995

IMG_1253

おっと、King Snakeもお出迎え。恐縮です(笑)

IMG_1252

では早速製品を見ていきましょう。
まずはアンプから。

■TA-30Head(写真上側)、LONE STAR HEAD(写真下側)

IMG_1041

トランスアトランティックTA-30は2つのチャンネルを装備。プリアンプモードも5つあるため、多彩な音作りが可能ですね。

LONE STAR HEADは2チャンネル構成のシンプルなつくりになっており、パンチのあるサウンドからクリーンサウンド、さらには設定次第でMark1を思わせるような存在感のあるサウンドを創る事も可能ですね。

■Dual Rectifier(写真上側)

IMG_0999

今までよりクリーンがパワーアップして、より透明感のあるサウンドになっております。歪みもさらにパワーアップ。生々しくも厚みのある歪みサウンド、Modernモードではよりタイトなサウンドが得られるようになっていますね。

■Triple Rectifier(写真下側)

IMG_1001

トリプルレクチもデュアルとほぼ同様。違いはマルチワット機能の切り替えが50/150Wになっている点です(デュアルは50/100W)。ただ個人的な意見ですが、より重厚なサウンドが出ている感じはありました。

■CABCLONE

IMG_1008

CABCLONE™ は、ロードボックスを搭載したパッシブタイプのキャビネットシミュレーター/スピーカー+マイクのオルタナティブで、スピーカーキャビネットを接続せずに、アンプのスピーカーアウトからミキサーやマイク・プリアンプ、あるいはコンバーター(レコーダー)に接続するためのダイレクトインターフェースとして使用することができます。
ヘッドホンも使えるので、深夜の練習でも使えます。なかなか夜にキャビは使えないですからね。これは一台持ってて間違いないですね。

※商品をより詳しく知りたい方はこちらの記事をご確認下さい。
【キャビネットシュミレーター】Mesa/Boogieより、大型チューブアンプを繋いで手軽に宅録や自宅練習でも楽しめる「Cab Clone」登場!

■BASS PRODIGY(写真上部)・BASSSTRATEGY(写真下部)

IMG_0998

MESA/BOOGIEは歪みの代名詞的なアンプで有名ですが、実は一番最初に作ったのはベースアンプなんです。そのコンセプトを引き継いで作られたのがこの2種類。図太い音が出ていましたよ!

次はエフェクターをみていきましょう。

IMG_1010

■TONE BURST

IMG_1042

透明感のあるクリーンブーストが特徴のオーバードライブペダル。エッジの効いたサウンドも作れましたね。

■GRID SLAMMER

IMG_1044

70’s風の中域が特徴のオーバードライブペダル。ブルースソロに適したサウンドでした。

■FLUX DRIVE

IMG_1047

豊富な倍音が特徴なドライブペダル。ソロで使うにはうってつけですね。

■THROTTLE BOX

IMG_1050

MESAならではの切れ味鋭いディストーションペダル。中域カットノブでMESAサウンドを生み出せますね。

■FLUX-FIVE

IMG_1013

FLUX-DRIVEに5バンドEQを搭載し、よりパワーアップさせたオーバードライブペダル。HI/LOモードで更なる音作りのバリエーションが広がりました。

■Five-Band Graphic

IMG_1015

5バンドイコライザーのみを抽出したペダル。伝説の「Vカーブ」を再現することが可能です。

■THROTTLE BOX

IMG_1017

ブルースからモダンメタルまで、幅広い領域をカバーしたサウンドを生み出すオーバードライブペダル。ブースとしたときのローエンドがたまらないですね(笑)

そしてメインはこちら!

■MARK FIVE 25

IMG_1247

25Wでありながらこの歪みとクリーンサウンドは素晴らしい!今回は「XTREME」モードも加わり、さらに攻撃的なサウンドを生み出すことも可能です。
またCABCLONEを内蔵しているため、ヘッドホンでも使えますし、かつPAに直でDI端子から出力も可能。

またスプリングリバーブも内蔵。まさに至れりつくせりのアンプです。
当日MESA/BOOGIEのイベントを行って下さっていた菰口雄矢さんも絶賛でした!

※商品の詳細はこちらをご覧下さい。
【ギターアンプヘッド】Mesa BoogieよりMARK Vのコンパクトバージョン「MARK V TWENTY-FIVE」発表!

随時更新!2014楽器フェア新製品情報&レポート トップページはこちら

随時更新!2014楽器フェア新製品情報&レポート トップページはこちら