ギタセレ(Guitar Selection)

島村楽器のギターが探せる!見つかる!情報発見サイト。

Inquiry Form - For Overseas Customers

特集記事

30日13:22更新【楽器フェア】海外の著名ブランドや、国内の一流ブランドを扱っている神田商会ブースレポート!

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

自社ブランドを中心に海外の著名ブランドや、国内の一流ブランドを扱っている神田商会のブースレポートお届けしますよ!

IMG_9795

IMG_9794

赤と黒が基調のインパクトがありつつ高級感漂う神田商会ブース。
数々のアーティストがお出迎えしてくれます。

IMG_1337

では早速各ブランドを見ていきましょう。

ZEMAITIS (ゼマイティス)

ロニー・ウッド、ジョージ・ハリソン、エリック・クラプトンなどの偉大なギタリストにも愛用されているZEMAITIS。
繊細な彫金をボディトップのパネルに施したメタルフロント、輝きに満ちたパールフロント、精巧なインレイなど、どれも斬新な多くのアイディアに溢れたギターだと言えますね。

こちらはZEMAITISの正面のブース。見事な彫刻です。

IMG_1080

彫刻入りでないモデルも多数展示。

IMG_1086

中央のモデルはCustom Shop Pearl Front Series。
見事なデザインですね。

IMG_1094

IMG_1101

豪華なモデルが多数ありましたが、その中でギタセレ取材担当スタッフが注目したギターはこちら!

 ■C24SU BP HEART

IMG_1152

Casimere(カシミア)シリーズのハート・インレイが美しいC24SU BP HEART。
ウッド・マテリアルには新たな試みであるナトー材を使用し、ネックとボディはZEMAITIS独自のセットネック方式で強固にジョイント。ブラックのボディ・シェイプに沿って施された白蝶貝によるインレイとハート・インレイが綺麗で、おしゃれな中にも落ち着きのあるデザインです。黒とインレイの相性が抜群ですね。

他のZEMAITIS (ゼマイティス)の詳細を知りたい方はこちらをご確認ください。
【エレキギター】ZEMAITISよりAntanus・Casimere・Casimere Pearl Front・Custom Shopシリーズなど一挙14モデル登場!

MUSICMAN

MUSICMANは、1972年にフェンダーの創業者であるレオ・フェンダーやフェンダーのアンプの設計者であるトム・ウォーカーを初めとしたフェンダーの関係者によって立ち上げられたブランド。

フェンダーのブランドと企業を手放したレオ・フェンダーがこのブランドを立ち上げた理由は自身が「技術者として新製品を開発したい」という気持ちからであると言われています。

そして意外なことに、最初にMUSICMANの名が入った製品はギターやベースではなくアンプ。最初に発売したHD-130と412GSはエリック・クラプトンなどが使用し、ブームを巻き起こしました。

その後、1976年にミュージック・マン初のギター・ベース、スティングレイを発表、1987年にスティーヴ・モーズで初めてシグネイチャーモデルを発表して以降、エドワード・ヴァン・ヘイレンなどのシグネイチャーモデル(後のAXIS)を発表。そして一躍話題のブランドとなり、現在に至ります。

早速ブースへ。青いMUSICMANがお出迎えです。

IMG_1342

John Petrucciモデルがずらりと並びます。圧巻ですね。

IMG_1335

IMG_1344

独特なシェイプのARMADA(アルマダ)。意外(?)と女性に人気のようで、写真をとっている姿を良く見かけました。

IMG_1117

ギタセレ取材担当も持っていたSTINGRAY。圧倒的な破壊力のあるサウンドを紡ぎ出します。

IMG_1121

IMG_1122

そして今回のメインのギターはこちら!

■Axis Neptune Blue

IMG_1118

フィギュアドメイプルトップ・アフリカンマホガニーバックの鮮やかな青のボディを持つモデル。
ネックにはフィギュアド・ローステッド・メイプル・ネックを使用し、ステンレスフレットを使用。ピックアップにはDiMarzio custom humbuckingを搭載し、パワフルなサウンドを生み出します。
まさに名前の通り海の神たる貫禄を持つギターですね。
商品詳細はこちら!
【エレキギター】MUSICMANからAxis&LIIIの2014リミテッドカラーが登場しました!

Gretsch

1883年、ドイツからの移民であるフリードリヒ・グレッチュ(Friedrich Gretsch)ことフレデリック・グレッチ(Frederick Gretsch)によってブルックリンで創業されたブランド。当初はバンジョー、タンブリン、ドラムなどを扱っており、1950年代頃に「6120」および「ホワイト・ファルコン」に代表されるエレクトリックギターがヒットし、さらにチェット・アトキンスが「カントリー・ジェントルマン」を使用したことによって有名となりました。

その後数々の有名アーティストが使用したこともあり、グレッチはギター業界にいてギブソン、フェンダー、リッケンバッカー等と並ぶブランドに成長しました。

では早速ブースを見ていきましょう。

IMG_1103

Rancherシリーズがずらりと勢揃い。圧巻です。

IMG_1107

IMG_1108

IMG_1109

G6120をはじめとする代表的なモデルがずらり。

IMG_1347

楽器フェアならではの限定モデルや、グレッチのカスタムショップモデルも登場です。

そんな中で注目のギターが!

■G6129TCS-1957(SilverJet Heavy Relic)

IMG_1155

まさにブライアンセッツァーモデル。細部まで作りこまれていますね。

こちらもカスタムショップモデル。

■G6128CS(Cadillac Green Duo Jet Relic)

IMG_1157

新品でありながら、ヴィンテージの風格漂うモデルですね。

Jackson

グローバー・ジャクソンが1978年11月にウェイン・シャーベルからシャーベル社を買い取り、リペアを中心としたギター工房をスタートしたのが始まりのブランド。

その後世界中を巻き込んだLAメタル旋風で、MTVから流れるラウドなヘヴィメタル・サウンドと派手なルックスは大きな衝撃を与え、今までのギターでは飽き足らないギタリストが数多く来店し、成長。まさにメタルの代名詞とも言うべきブランドです。

では早速ブースを見ていきましょう。

IMG_1127

IMG_1129

IMG_1128

変形モデルもたくさんありますが、オーソドックスなST形状のギターも多数ありますね。

その中で注目の1本はこちら!

■B7 Custom/Crimson Metallic

IMG_1130

Jacksonの7弦ギター。ボディ材にはアルダーを使用し、ピックアップにはEMGを搭載。指板にはEbonyを使用。
ヘッドは7弦のリバース仕様でしょうか。まさに驚異的なサウンドを生み出すモデルですね。

ほかにも様々なブースが登場です。

Fender Japan

言わずと知れたFender Japanブース。今回はアーティストモデルが中心の展示でした。

fIMG_1138

IMG_1332

IMG_1137

Sterling by MUSICMAN

Sterling by MUSICMANも展示。ジョンペトルーシーモデルも多数。

IMG_1125

IMG_1350

IMG_1123

Charvel

こちらはディンキーギターの代名詞ともいわれるCharvelブース。

IMG_1339

IMG_1135

IMG_1136

Greco

こちらはGrecoのブース。最近は復刻板のモデルも作成しつつ、新たなモデルも多数リリースしていますね。
IMG_1116

IMG_1115

IMG_1352

IMG_1113

Vigier

山下昌良シグネイチャーモデルも登場です。
IMG_1343

IMG_1142

アンプブース

■Ampeg

IMG_1141

■GALLIEN-KRUEGER

IMG_1140

■Ashdown

IMG_1144

■BLACKSTAR

IMG_1139

IMG_1145

いやあ、なかなか見ごたえのあるブースでしたね。
私的には一番見ごたえがあったのはやはり「ZEMAITIS (ゼマイティス)」!
今回は一挙に14モデルのリリースがあったこともありますが、見ごたえがありました。
今後も期待のブランドのひとつですね。

随時更新!2014楽器フェア新製品情報&レポート トップページはこちら

随時更新!2014楽器フェア新製品情報&レポート トップページはこちら