ギタセレ(Guitar Selection)

島村楽器のギターが探せる!見つかる!情報発見サイト。

Inquiry Form - For Overseas Customers
  •  » 
  •  » 
  • 【ビギナーズ倶楽部】第11回 セッティング ~音出しまでのセッティング...

特集記事

【ビギナーズ倶楽部】第11回 セッティング ~音出しまでのセッティング方法~

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。

ギターを選んだ、必要なものも揃えた。あとは練習をスタートするのみ!

となった場合にまずは何から始めましょうか? それはセッティングです。
ギターを持ち帰ったら(オンラインストアでご購入の場合はギターが届いたら)まずは一息つきましょう。早く開けて触りたい気持ちは重々分かります。慌てて開けて傷つけたりしたら涙がちょちょ切れちゃいますよ。

①必要な物が揃っているか再確認!

まずは自宅で、購入したものが全部入っているか、もしくはそれで大丈夫か、もう一度確認しましょう。

■ギター本体

s-lf3_rds

■チューナー

s-VT6_1

■ピック

s-hp4m

■教則本

s-教本_ag s-教本_eg s-教本_eb

■アンプ(エレキギター、ベースの場合)

s-lga15 s-lba15

■シールドケーブル(エレキギター、ベースの場合)

s-lgc03ss

これだけあれば、まずは最低限大丈夫です。

あ、そうそう。保証書も忘れずにチェックしてくださいね。

s-IMG_2205
お店の印鑑と購入日が書いてあればOKです。(島村楽器では「購入証明シール」が一緒に入っていたりします。)

これらを確認できたら、さっそくギターをケースから取り出します。(ワクワク♪)

②ギター開梱!

■ギターを取り出す

ハイ、ギターをケースから取り出しましょう。(オンラインストア購入の場合はダンボールから取り出すのがスタートですが。)

s-IMG_2211
ここでチェック。

s-IMG_2212
ギターに傷はありませんか?

s-IMG_2214
弦は切れてませんか?

問題なければ次のステップです。

■シールを剥がす

ギターを買ってまず最初の難関! それはピックガードに貼られたシールを剥がすことです。

s-IMG_2217
このピックガードの部分、「なんだか傷がついてるんじゃないか?」と思う方もいらっしゃるでしょう。「ピックガードに「Solid Top」のシールも貼られてしまっている…」 でもご安心を。これはお店にギターが置いてあって試奏する際、傷が付かないようにするために、工場出荷時から透明なシールが貼ってあるんです。とっても大事な役割を担ってます。その上から「Solid Top」のシールが貼ってあるので、大丈夫なのです。

これの何が大変って、新品のギターのシールを剥がすのって何だか勇気いるじゃないですか? 剥がしたくないですよね?
でもダメです。剥がしてください。最初に剥がさないと剥がすタイミングを失って、1年ほどそれで使っているとシールの糊が剥がれなくなって逆に汚くなります。それが一番ツラいです。

ちなみにエレキギターやベースの場合は、こういった細かいところもあります。

s-IMG_2167s-IMG_2169
ここのシールを完璧に剥がすにはパーツを取ったりする必要があります。自分でやる自身が無い人は買って帰る前にお店で手伝ってもらいましょう。島村楽器のスタッフがお手伝いします♪

■悦に入る

そこまでチェックできたら次にやること。
鏡の前でポーズをキメます。

s-IMG_9843s-IMG_9846
これ半分冗談ですが、半分本気です。
自分がギターを持っている姿を見てウキウキする事、モチベーションUPになりますから。念願かなって手に入れたギターを持っている自分を見たら、誰だって嬉しいでしょう? そういうことです。

s-lgs500

この時に、ストラップは必要! 座ったままポーズを決めるより雰囲気出ます。

続きを読む: 1 2 3