ギタセレ(Guitar Selection)

島村楽器のギターが探せる!見つかる!情報発見サイト。

Inquiry Form - For Overseas Customers

レビュー 特集記事 一覧

2017年09月20日

【ベース用マルチ徹底レビュー】BOSS “GT-1B” クラス最強レベルの音質を体感する

「ベーシストは特に強いこだわりがある」、そんな風に思います。 さて、ベースという楽器はドラムとともに「リズム隊」と呼ばれていますよね。そう呼ばれるほどに、ドラム演奏との兼ね合いで曲のイメージやノリまで変わってきます。言うまでもなくベースは音程のある楽器なのですが、リズムと音程を背負って立つベースは、バンドや楽曲の中で特に大きな役割を担っていますね。 そんなとっても重要なベースに「音色の…
続きを読む»


2017年07月28日

【プリアンプ徹底レビュー】MOOER ”MicroPreamp” 話題の全10機種に迫る ~アンプのサウンドをコレクト~

NAMM2017でも発表され、今エフェクター界を震撼させているMOOER ”MicroPreamp” 。NAMM2017ギタセレ紹介記事でも、発表から間もなく大きな反響がありました。 今やMOOERといえばおおよそ、サイズやサウンドなどのイメージが湧く方も多いかもしれません。そのくらい国内にもブランドイメージが浸透してきました。 今回、改めてそのMOOERを解説しながら、”MicroPre…
続きを読む»


2017年07月13日

【スイッチャー/マルチ】BOSS MS-3 変幻自在のスイッチャー 話題の製品を徹底レビュー

「スイッチャー/マルチ」 スイッチャーとは、複数のエフェクターを繋いで、足元で一気にエフェクターをオンオフできる機器。マルチエフェクターとは、歪み系から空間系など、数多くのエフェクトから好きに選んで音が作れる機器を指します。 どちらも、エフェクトを簡単に切り替えできる、呼び出すことができる点で似ています。 今回ご紹介するのは、そんな、スイッチャーとマルチエフェクターを合体したペダル・…
続きを読む»


2017年05月02日

【マルチエフェクター比較】ZOOM “G3n” vs BOSS “GT-1” ついに答えが出る

ギタリストであれば、だれもが1度はマルチエフェクターの購入を考えたことがあるのではないでしょうか? 1台で様々なエフェクトが手に入るマルチエフェクターは、入門者から上級者まで幅広いギタリストから常に注目を集めています。 現在も、各社から様々なタイプのマルチエフェクターが発売されていますが、その中でも楽器業界を沸かせている人気の高い機種があります。 それは、ZOOM “G3n“とB…
続きを読む»


2017年04月19日

【GIBSON 2017徹底解剖】読めば今日から語れるGIBSONの進化

早いショップでは2016年末にGIBSON 2017モデルが入荷してきていました。初出荷から4か月以上たった今、改めて続々と各ショップに出荷されております。2016モデルと一緒に目にする機会が増えてくると思いますので、今回改めて新モデルの紹介をしていきます。 ラインナップは、レスポール・SG・Firebird・Flying V・Explorer・エレキベースが登場しています。スペック…
続きを読む»


2016年07月22日

【試奏レビュー】Bluetooth接続で名機のサウンドをローディング! 次世代型のDSPプロセッシング・ペダル「XTOMP」

HOTONEは2013年に設立された新進気鋭のエフェクター・ブランド。 これまでは超小型でユニークなモデルが多く、特にビッグ・ノブという筐体の頭に取り付けられたツマミが印象的で、さらに価格もお手頃なことからビギナー向けのラインナップが主だと思っていた方も少なくないと思います。 “僕もそんな1人”でした…! もちろん、トゥルーバイパスや耐久性の高い亜鉛ダイキャスト製シャーシ…
続きを読む»


2016年04月29日

【試奏レビュー】一歩先行くギタリストはもう使ってる!? 無限のサステインで個性を生み出す「EBow Plus」に熱視線!

突然ですが、皆さんはEBow(イーボウ)をご存知でしょうか。 コチラです。 新型のホッチキスかな?と思ったあなた、不正解です。 EBowとは“エレクトリック・ボウ”の略で、振動電流によって磁気動作フィールドを作り出し、弦を振動させることで滑らかなアタックと無限のサステインを演出するアタッチメントのこと。 “ボウ”とはバイオリンやチェロで使用される“弓”を指しますが、…
続きを読む»


2016年03月25日

【レビュー&レポート】現れたFreedom C.G.R.のニューモンスター!「Dulake Libero」「Dulake Flat」を見てきた!

先日、アメリカ カリフォルニア州 アナハイムにて開催されたNAMM SHOW 2016。 世界最大級の楽器の祭典ということで、世界中から楽器が集まっているのですが、そんな中日本発のブランドも複数出展されています。 その1つが、こちらの「Freedom Custom Guitar Research」。 東京の中でも昭和の良さを残した魅力的な下町:町屋に工房をかまえているFreedo…
続きを読む»


2016年03月11日

【レビュー】ギタリスト「マーティ」(磯貝真由)がチェック! 初心者アンプ定番9モデル

初心者定番アンプ9モデルをギタリスト「マーティ」(磯貝真由)が徹底チェック! エレキギターを始める時は、ギターアンプが必要不可欠。(⇒それがなぜなのかはビギナーズクラブで再確認!) ただ、お店に並ぶアンプの数の多さに圧倒されてしまいがちです。 そんなアナタの強い味方となるべく、今回ギタリストのマーティに初心者定番アンプ9モデルを徹底的に弾き比べてもらいました。 ■ラインナップ まず…
続きを読む»


2016年02月03日

【試奏レビュー】本能をアンロックせよ! ワイド・ディスプレイ搭載のZOOM最上位マルチ「G5n」がゴキゲンすぎる!

ZOOMと聞くと、まずは“お手頃価格”という言葉が脳裏によぎるユーザーも多いのではないでしょうか。 その魅力的な価格が先行するがゆえに、肝心の品質面をスルーしてしまっている人も多い気がします。 かく言う僕もそんな1人でしたが、今回“ZOOM史上最強”と謳うマルチ・エフェクター「G5n」を触ってみて、そんなイメージは砂のお城のごとく吹き飛びました。 ZOOMのマルチ・エフェクトには…
続きを読む»


2015年10月27日

【レビュー】待ってたぜ! THRシリーズのDNAを受け継ぐアンプ・ヘッドYAMAHA「THR100H Dual」を弾いてみた

2014年2月、デスクトップ・アンプという新しいアンプのカタチを提案し、爆発的なヒットを記録したYAMAHAのTHR。最先端のモデリング技術、VCM(Virtual Circuitry Modeling)によるサウンド/フィーリングは、小型アンプの常識を覆すクオリティで数多のギタリストを虜にしました。 かくいう著者も購入を目論んでいましたが、タイミング悪く売り切れ&荒廃したお財布事情もあ…
続きを読む»


2015年10月23日

【レビュー】新進気鋭エフェクターブランド「Vivie」を切る! 〜「プロクオリティ」と言われるブランドの真価を問う〜

2015年3月に始動したばかりの新たなエフェクターブランド、Vivie。株式会社Cygnus Entertainmentが保有し、ビルダーがハンドメイドで製作するそのペダル達はアーティストを魅了して一躍人気に火がついています。そんなVivieを今回は徹底的にチェックします! Vivieラインナップ まずはVivieから発売されている現在のラインナップを見てみます。 ■Loud Hound 〜…
続きを読む»


2015年04月24日

【レビュー】KORG ギター用チューナー徹底レビュー 2015年編 ~お得なクーポン付(クーポン終了しました)~

寒かった冬も終わり、すっかり春ですねー。 この季節は、島村楽器でも新しくギター・ベースをはじめたい、というご要望をたくさんいただきます。 ギター・ベースを演奏する上で、まず欠かせないこと。 それは「チューニング」!! ギター・ベースを弾く前には、必ず正しくチューニングしましょう。 正確な音感が身に付きますしね。 ギタセレでは、以前こんな記事を作成しました。 【ま…
続きを読む»



2014年02月26日

【新製品】LINE6 AMPLIFi どこよりも早い製品レビュー!

「どこよりも早い製品レビュー」、今回もLINE6製品です。 NAMM Show 2014で話題をさらっていたAMPLIFi登場! 今回のレビューは先日のNAMM Show 2014で会場を沸かせていたコレ↓ AMPLIFiです! ギタセレ新製品ニュースでも要点を以下のようにまとめましたが、 5スピーカー・ステレオ・デザインを採用したハイパフォーマンスな75W/150wアンプ…
続きを読む»


2014年02月12日

【新製品】YAMAHA ニュー“L”シリーズに迫る!

NAMM Show 2014で初お目見えとなったYAMAHA、ニューLシリーズ。 これまでのLシリーズとどこがどう変わったのか! 全ラインナップをチェックしてきました!! Lシリーズとは YAMAHA Lシリーズは、1974年に発売されたL-31が最初のモデル。 当時は高級手工ギターとして高嶺の花でした。 その後1985年、2004年とモデルチェンジが行われ、ラインナップも…
続きを読む»


2014年01月17日

【レビュー】BOSS MEシリーズ、ニュー・フラッグシップ・モデル「ME-80」を試す!【検証動画アリ】

2014年1月、とうとう発表されたMEシリーズのフラッグシップモデル、“ME-80”。 「ME-70からのブラッシュアップ・モデルです」と聞いていたので、その進化のほどが気になってチェックしてみました。 ME-70 & ME-80をお取り寄せしてみた さっそく両機種をお取り寄せしてみました。 はい。見慣れた、安心感のあるこのパッケージ、ME-70です。 そしてこれが.…
続きを読む»


2013年12月30日

【レビュー】チューニングが10倍楽になる! オート・チューニング・マシン「Tronical Tune」

GIBSONのロボットギターに搭載されていたオート・チューニング・マシン「Tronical Tune」がいよいよ単体で販売開始となりました。 これでFenderギターもオート・チューニングが可能に! というわけでさっそく話題のTronical TuneをFenderギターに取り付けて試してみました! Tronical Tuneラインナップ 今回発売になったTronical Tu…
続きを読む»


2013年09月20日

【レビュー】クリープハイプ小川幸慈の“Fender Super Champ X2”レビュー

昨年メジャー・デビューし、3枚のシングルと2枚のアルバムをリリースしてきたクリープハイプ。 3rdシングル「憂、燦々」がCMタイアップに起用され、出演した夏フェスでは各地を沸かし、今秋、劇場版映画『自分の事ばかりで情けなくなるよ』も公開など、その勢いはとどまるところを知りません。 今特集では、クリープハイプのギタリストである小川幸慈さんが自宅で愛用するアンプ、Fender “Sup…
続きを読む»