ギタセレ(Guitar Selection)

島村楽器のギターが探せる!見つかる!情報発見サイト。

Inquiry Form - For Overseas Customers

G23-SRCT - Furch (Acoustic)

新品

G23-SRCT

税込販売価格

¥237,600

メーカー希望小売価格

オープン

ボディタイプ

フラットトップ

掲載店舗 このお店で試せます

仙台イービーンズ店

電話番号: 022-264-9333
このお店のHP別ウインドウで開きます。

購入・お問い合わせ

※店頭でも展示している商品ですので、作業のタイムラグ等で実際には売り切れてしまっている場合がございます。

商品の購入・お問い合わせについて

※こちらの商品は、最寄りの店舗にお取り寄せ、ご購入頂くことも可能です。

※©Shimamura Music All rights reserved.
掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

G23-SRCT

サムネイルをクリックして拡大
  • G23-SRCTの全体画像
  • G23-SRCTのボディトップ-アップ画像
  • G23-SRCTのボディバック-アップ画像
  • G23-SRCTのヘッド画像
  • G23-SRCTのヘッド裏-アップ画像

商品の説明・スペック

【Furch】
チェコスロバキア社会主義共和国時代の1981年に、ブルーグラスプレイヤーであったFrantisek Furch(フランティセク フォルヒ)氏は、自らとその仲間の為にギターを製作する。当時、共産主義体制下では輸入品ギターは高価で一般人には手の届かないもの、またギターメーカーとして開業する事は違法行為であり、それは自宅のガレージ程度のごく小規模なものでした。初めて製作したアコースティックギターは樹脂製のボウル形状のボディーバックを持っていた。
その後の試行錯誤により徐々に品質を高め、プロ・アマ問わず地元プレイヤーの高い評価を得るまでになる。そして1989年~93年にかけての民主化・独立運動の末にチェコ共和国となり、その93年時点で20名ほどのスタッフを抱えるギターメーカーになっており、本格的に市場へと参入する。

【商品紹介】
岡崎倫典・中川イサト等など、著名なソロギタープレイヤーに愛用されているチェコのギターメーカー「Furch(フォルヒ)」。
「G23-SRCT」は音の輪郭がはっきりと聴こえやすいスプルース材をトップ板に、艶があり低音域に深みがあるローズウッド材をサイド・バック板に使用した人気モデルである23シリーズの1本でグランド・オーディトリアム・カッタウェイシェイプのギターとなっております。
ソロギタープレイヤーに愛される理由はナット幅が45mmである事です。やや広めですが、フィンガー奏法の際、指同士が当たりにくく、運指がし易い絶妙な幅で演奏性に優れています。また、グランド・オーディトリアムボディも人気で低音域から高音域までのバランスが良く、音の立ち上がりも早いシェイプです。ハイフレット演奏にも優れているカッタウェイタイプは多くのプレイヤーに特に選ばれています。

【SPEC】
ボディサイズ:G/グランド・オーディトリアム・カッタウェイ(14フレットジョイント)
ボディトップ:Solid Sitka Spruce
ボディサイド:Solid Indian Rosewood
ボディバック:Solid Indian Rosewood
ネック:Mahogany
指板:Ebony
フレット:20フレット
スケール:650mm
ナット幅:45mm
ブリッジ:Ebony
ペグ:Schaller gold
カラー:Natural(ナチュラル)
ケース:ハードケース

付属品

ハードケース