【FAQ】M/S処理、M/S録音とは?

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

EDMのミキシングなどでも再度注目を浴びているM/Sとは?

M/S方式とは?ステレオ信号方式の一つである Mid/Side 方式のこと。一般的な L/R 方式では左側(L)と右側(R)の音声信号を使用するが、M/S 方式では「Mid」と「Side」の音声信号を処理する。音の定位の「中央 付近のみ」、「左右の成分のみ」といった通常のステレオ処理では不可能だった処理が可能となる。センターに位置しているボーカルや楽器のみの調整や、ステレオの広がり具合などの調整を後から処理することができる。

【MS録音の方法】

単一指向性マイク(無指向性の場合もある)を録音対象にまっすぐに向け(Mid)、それと90度クロスするように双指向性マイクで左右に配置(Side)して録音する。

参考

【MS処理】

MidとSideの2つの信号を足しただけではモノラルであるが、DAWなどでSide信号をコピーして逆相にしたトラックを作成する。この3つのトラックを使いミックスを行う。MidとSide(正相)のパンをL、Side(逆相)をRに振りミックスすることでステレオ感が得られる(※)。ミックスの加減で広がりをコントロールできるので、通常のステレオ録音にはできないサウンドメイキングが行える。

  • L=M+S
  • R=M-S

最近のEDMなどではこのMS処理の仕組みを利用した音圧調整などが盛んに行われている。波形編集ソフトの中にはこのMS処理機能に対応している製品もある(Wavelab9など)またMS機能を搭載したプラグインなども発売されている(Waves CENTER等)。

【関連記事】

【今さら聞けない用語シリーズ】バイノーラル・立体音響とは(ヘッドホン推奨)

デジタル音から温かみのある音へ!アナログ感を出すミックスが可能になった iZotope Ozone 7 発表

⇒FAQ:DAW、DTM、コンピューターミュージックに戻る

⇒FAQ:トップページに戻る

↑ページトップ