【FAQ】マイクチェックでやってはいけないこと

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

マイクの扱いでやってはいけないこと

  • 息を吹きかける⇒マイクが、PA等のスピーカーが損傷
  • 叩く⇒マイク、PA等のスピーカーが損傷
  • ミキサーのフェーダー(ボリューム)が上がっているのにコードとマイクの抜き差しをおこなう⇒PA等のスピーカーが損傷
  • ファンタム電源(コンデンサマイクの場合)が通電しているのに、コードとマイクの抜き差しを行う⇒マイク、PA等のスピーカーが損傷
  • 単一指向性マイクでウィンドスクリーンを握ってマイクを持つ⇒ハウリングの原因。指向性の特長上、意図しない音まで集音してしまう。

ウインドスクリーン、グリルを爪で軽く引っ掻いて「ガリ」を出すのはOK

⇒FAQ:マイクに戻る

⇒FAQ:トップページに戻る

↑ページトップ