【FAQ】フィルターの種類

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

フィルターは「コーヒーのフィルター」からもわかるように、あるモノを濾す(ろ過する)ことで特定の周波数成分を取り出すものです。逆に言えば「特定の周波数成分をカット」するものがフィルターです。

シンセサイザーに搭載されているフィルターで最も基本となるのはローパスフィルターです(中央に見える大きいノブがフィルター・カットオフ)

[jan-

フィルターの種類

特定の周波数成分をカットするのがフィルター。

フィルターの種類には

  • ローパス・フィルター(LPF)
  • ハイパス・フィルター(HPF)
  • バンドパス・フィルター(BPF)
  • ノッチ・フィルター

などがあります(他にも色々ある)

ローパス・フィルター(LPF)

周波数の低い方(ロー)を通す(パス)フィルター。つまり周波数の高い方をカットします。大部分のシンセサイザーには必需品といってよいでしょう。一番おなじみなのがこのローパス・フィルターだと思います。(カットする境界を「カットオフ」といいます)

ローパス

例)Daft Punk (祝グラミー受賞)- Around The World:イントロ部分

最初はこもった感じ(ハイをカット)から徐々にフィルターが開いていく「特殊な効果」がわかりますね。

レゾナンス(ピーク)

カットする帯域付近を持ち上げるのがレゾナンス(resonance)。シンセなどではくせのある「ビュワーン」「ビューン」といった音を作るのには必要不可欠なパラメータです。

reso

ハイパス・フィルター(HPF)

周波数の高い方(ハイ)を通す(パス)フィルター。今度は周波数の低い方をカットするわけですね。

ハイパス

ボーカルやアコースティック・ギター等の録音では「ローカット」が良く使われますね。

バンドパス・フィルター(BPF)

必要な周波数帯域(バンド)のみを通す(パス)、他の周波数は通さない(カット)するフィルター。逆はバンドストップフィルタ(ノッチ・フィルター)などと呼ばれます。

バンドパス

なんとなく個々のフィルターの雰囲気がわかっていただければよいかと思います。音色の補正がEQの主な目的だとして、フィルターは「音色に変化を与えてサウンド表現する」といった使い方が多いです。

イコライザー(EQ)とフィルター

EQとフィルターは、どちらも特定の周波数を調整するという点では似ており、EQはフィルターの一種であるといえます。EQは「帯域別に細かく増減する」ものであり、フィルターは「ある帯域より上(または下、周囲等)をカットする」ものという特徴があります。

ステレオやギターアンプに付いている「トーンコントロール」と基本的には同様の機能を持ちますが、イコライザーは(一般的には)トーンコントロールよりも「更に細かい設定ができる」様になっています。

EQは元々は電話の話し声を「聴きやすくするため」に音質を補正する目的で開発されたものです(等価装置と呼ばれていました)

【関連記事】

⇒FAQ:シンセサイザーへ戻る

⇒FAQトップページへ戻る

↑ページトップ