【シンセサイザー 定番プリセット音色と種類】シンセ音色編

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

NAMM_day4_57_

original 1967 R. A. Moog modular NAMM2016会場にて

この記事で知ることができるのは?

  • シンセサイザーの定番音色とは何か?
  • 「元ネタ」となる有名曲

のシンセ音色編です。

あの曲で使われているあの音!

こんにちわサカウエです。たとえばハード・ロックだったら歪んだオルガン、バラードだったら「FMエレピ」といった様に、「これが無いと始まらない」という使用頻度の高い定番音色というものがあります。

各メーカーのシンセには多くのプリセット音色が収録されていますが、特に「定番音色」の歴史は知っておきたいものですね。

音色名について

プリセット音色名のネーミングは各社特徴がありますが、主に以下の様なくくりでネーミングしてされているようです。

  • 製品・メーカー名:例)Jupiter-8(JP) 、Oberheim(OB)、DX、Mini Moog、Arp2600など
  • アルバム、曲名:例)「1984」「Cameleon」「Strawberry Fields Forever」「Separate Ways」など
  • アーティスト名:例)TOMITA(冨田勲)、Chick(チック・コリア)など

たとえば、

  • JP Brs ⇒ Roland 「JUPITER-8」のシンセブラスサウンド
  • FM EP ⇒ YAMAHAのFM音源シンセ「DX-7」のエレピサウンド
  • Jump Brs ⇒ OB Brs:ヴァン・ヘイレン「JUMP」のシンセブラス(Oberheim)
  • Thriller Bs ⇒ マイケル・ジャクソンのスリラーのシンセベース
  • Chick FM Lead ⇒ チック・コリアのFM音源リード
  • 2600sine ⇒Arp 2600のサイン波リード(要ポルタメント)
  • TB Bass ⇒ Roland TB-303のアシッド系ベース

まるで暗号のようですが、このページではシンセ系音色をご紹介していきます。とにかく多岐にわたるのですべてを記載することはできませんでした~「あれ忘れてるよー」というのがあったらこっそり教えていただければ幸いです(サカウエ)。

シンセブラス系

■Oberheim OB-Xa 風ブラス:キーワード「Jump」「1984」「OB brass」

Jump / Van Halen (アルバム・タイトルが1984)

■YAMAHA CS-80風ブラス:キーワード「Chariots」「CS」

CS80

Vangelis – Chariots of Fire(炎のランナー)

ヴァンゲリスは映画「ブレードランナー」でもCS-80を使っているようですが、下記はヴァンゲリスによるCS-80のデモ。ポリフォニックアフタータッチならではの表現力ですね、まさに「ブレードランナー」の世界!あいかわらずリバーブ深いです。

■Roland Jupiter-8風シンセ:キーワード「Separate」「Ways」「JP」

Roland_Jupiter-8_Synth,_1983_(2039658601) wikipedia

Journey – Separate Ways (Worlds Apart)

■キーワード「1999」

Prince – 1999 - PVではOberheimを弾いてますが実際のレコーディングで使用されたかどうかは不明

■ふわっとした感じのYAMAHA GX-1系ブラス:キーワード「Africa」「TOTO」「GS」

Toto Africa

■「ホワン!」というアタックの効いた「Stab」系ブラス:キーワード「Stab」「final」

Europe – The Final Countdown

これイメージかぶりますね・・「朝まで生テレビ」のOPで有名です。

Geoff Bastow – Positive Force


続きを読む: 1 2 3

↑ページトップ