新プラット・フォーム Roland Cloud (beta)発表!

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Roland Cloud_01

Roland(ローランド)社がThe NAMM Show 2017において、新プラット・フォーム 「Roland Cloud」 を発表しました。現在はベータ版で同社が独自に開発した通信プロトコル「RainLink」を使用し、様々なソフトシンセ、ライブラリ等を提供していくとのことです。

※現時点では日本国内ではサービス開始はまだのようです。

2017/9/10追記:日本国内でもRoland Cloudへの登録が始まったようです。30日間無料体験できるようですね。

「Roland Cloud」を運営しているのは「Roland Virtual Sonics LLC」。「Roland Corporation」とシアトルにある「Virtual Sonics」社とのジョイントベンチャー企業です。

https://www.rolandcloud.com/

現時点では、サンプルベースのヴァーチャル・ピアノ音源「TERA PIANO」、Plug-out シンセサイザー「SH-01」「SH-2」「PROMARS」や、「ANTHOLOGY 1987」などのビンテージ系ソフトシンセがサブスクリプション方式で購入できるようになっています。

TERA PIANO

Roland Cloud_04

ソフトシンセ:Plug-out シンセサイザー

Roland Cloud_02

ANTHOLOGY 1987

Rolandの80年代シンセといえばアレですよね・・・

Roland Cloud_03

2017/9/11 追記:「LEGENDARY SERIES」に D-50も加わりました!

JUPITER-8

D-50

各種ソフトウエアはサブスクリプション方式で、クレジットカードで決済可能の模様です。

Roland Cloud_05

ローランド製品以外にも、会員同士のデータ交換(販売)等、ユーザー相互のコミュニケーションサイトとして機能していくのかもしれません。

今後の展開が楽しみですね。

2017/9/11 :

【関連記事】


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

「ソフトシンセ」タグの関連記事

「プラグイン・ソフト」タグの関連記事

↑ページトップ