EDM制作 パフォーマンスマシン ZOOM ARQ

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

TOWER

新製品の発表やワークショップの定番スポットとなりつつある青山のレッドブルスタジオにてZOOMの新製品「ARQ」の発表会がありました。

その様子をご紹介したいと思います。

開発者による商品説明

DSC00214

ARQはお掃除ロボットではありません。EDMクリエーターに向けたシーケンサー搭載のドラムマシン。

DSC00221

それ以外にシンセサイザーの演奏、ルーパー機能、エフェクトコントロールができるオールインワンマシンであると製品概要を説明。

DSC00220

ステップシーケンサーは蛍光灯のようなリングに搭載しています。リング状になっているのでシーケンスのループを可視化することができます。

独特なリングシェイプは、開発者がドライブ中にEDMを聴きながらハンドルをタップしている時に思いついたそうです。

DSC00225

DSC00229

自照式のライトは用途によって自在に設定ができます。例えばこのリングをタンバリンのように使う場合は3つの音色を割り当てて音色ごとにカラーの設定ができます。まさに光る楽器!

DSC00238

実機を少し触ってみました。

DSC00244

プリセットサウンドを一通りチェック。

サウンドは新規開発ものが多く、それぞれクォリティが高いのが印象的でした。音色数は467、加えてシンセ波形が70種類用意されているそうです。

DSC00248

個人的に「楽しい!」と思ったのはこのリングには加速度センサーが搭載していてリングの向きを変えることによりエフェクトのコントロールができるところ。握った感触は車のハンドルっぽいです。

DSC00241

ちょっと判りづらいですが、この画面で動かす向きでどのエフェクトをかけるかを設定できます。

DSC00245

ドラムマシン、シーケンサー、シンセサイザー、ルーパー、加速度センサーを使って楽器やエフェクトとして使うなどいろいろな機能が搭載されているのですべてを覚えるには時間がかかりそうですが、簡単な使い方を覚えるだけで今までにない感覚の機材・楽器であることが分かりました。

本格的なダンスミュージックの作成がパソコンなどを使わずARQのみで行えるのも魅力的ですね。

使い込んでいく中で新たな発見がありそうで、創造力をかきたてるマシンであることは間違いないと思います。

興味のあるかたは以下の店舗で実機がお試しいただけます。

福岡イムズ店

久留米店

福岡イオン店

長崎浜町店

※2016年8月1日時点の情報です。

※実機確認でご来店の際はあらかじめ店舗へご確認いただくと確実です。

この製品と一緒に使いたいおすすめ製品

『AR-96』用のキャリングバッグ『CBA-96』

CBA-96_02

『CBA-96』は、ARQ™ Aero RhythmTrak『AR-96』専用にデザインされたリュックスタイルのキャリングバッグです。ARQベースステーションとリングコントローラーと一緒に、ACアダプタ/ケーブル/SDカード/ヘッドフォン等のアクセサリを収納して、自宅やスタジオの外に快適に持ち運ぶことができます。

CBA-96_04

防水コーティングが施されたナイロン素材に、合成皮革で補強されたボトム、頑丈なハンドル、小物入れに便利なメッシュ仕様のサイドポケットを装備し、バッグ内部には15インチのラップトップやタブレットを収納できるスリーブも用意。ショルダーストラップと背面部分にはクッション性に優れたパッドを採用し、肩や背中にかかる負担を軽減します。

CBA-96_01

発売日

2016年11月

販売価格

(税抜)¥10,000 (税込 ¥10,800)

JANコード:4515260016860

【関連記事】

「ドラム音源」タグの関連記事

↑ページトップ