yamahasynth.com がティーザー動画「reface」を公開!

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

logo-main

yamahasynth.com で謎の「reface」というティーザーページが公開されています。カウントダウン・カウンターから察するに「7月8日(水)午前5時」に何かが発表される模様です。

7/8追記:ついに公開!

YAMAHAのあの銘器が進化して復活! reface DX、CS、CP、YC 発表

7/8以前までは4種類のティーザー動画が公開されていました。

インタビューでは「テクノのメインシンセの一つ」「ピアノプレーヤーが作ったキー」「新しいクラシックコンセプト」・・等々語られているようです。中にはCS-80という単語も出てきますが、あのCSシリーズの「reface」なのでしょうか?

6/26追記:第二弾の動画が公開されています。

「なんて小さいんだ!」というコメントから、ミニ鍵盤の何か?かもしれませんね。

6/29追記:どうやらMIDI付き、見た目は玩具ライクだけど音は・・・といった感じのミニキーボードのようです・・

ヤマハミュージックベネルクスのFaceBookページのタイムラインは少々意味深です・・・・

https://nl-nl.facebook.com/Yamaha.Music.Benelux

benelux

CP8070(エレクトリック・グランドピアノ) / CS80(アナログ・ポリフォニック・シンセ) / YC10(コンボオルガン) / DX7 (FM音源シンセ)というヤマハの往年の銘器が紹介されていますが、refaceの関係は不明です。

参考までに、発売当時の価格(税抜)は下記のとおりです。

  • CS80・・¥1,280,000
  • DX7 ・・¥248,000
  • CP80 70・・¥600,000
  • YC10・・¥108,000

そういえば3番めの動画に一瞬こんな文字が

CSDXYCCP

CS DX CP YC・・・・うーん、何かの暗号なのかもしれませんね?

今後の動画公開は6/24、6/29、7/3に順次行われるらしいようですが、もしかしたら新製品のシンセサイザーが発表されるのかもしれません。「reface」というキャッチから、ヤマハが過去に発売したシンセのリイシューと推測されますが、真相は果たして?

楽しみに待ちましょう!

7/3 追記:ミニ鍵盤のキーボードというのはほぼ間違いなさそうです。またどうやら複数の機種が発売されるのではないかと思われます。

reface

7/8追記:CP80⇒CP70に変更しました

「synthesizer」タグの関連記事

↑ページトップ