【作曲に役立つ「耳コピ」のコツ】 vol.1 作曲・コード進行・メロディー予備知識編

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

こんにちはサカウエです!作曲に役立つ「耳コピ」シリーズ始まりました!このシリーズは主にポップ、ロック、ダンス、ジャズ・・といったポピュラー・ミュージックを対象として「作曲に役立つ耳コピ」をご紹介していきたいと思います。第一回目は作曲、編曲、コード進行などの予備知識編です。

耳コピって何?

「耳コピ(耳コピー)」は俗語なので正式な定義はないのですが、ここでは演奏を耳で聞いて下記のような事をすることを「耳コピ」と呼ぶことにします。

  • 楽譜等を作る「採譜」・・・例)スコア・コード譜作成
  • DAWに記録「打ち込む」・・・例)曲・カラオケデータ制作
  • 演奏する「演奏」・・・例)ギターソロ弾いてみた

wikipediaでは「耳コピ」と「採譜」は区別されていますが、原曲のある部分(または全部)を耳で聞き取って、演奏したり、五線紙に書き留めたり、コード譜を作ったり、DAW等にデジタルデータとして記録していく行為の総称をここでは「耳コピ」と読んでいます。

昔はこんな機材使って耳コピしてたんですよ~カセットテープ知らない人も多いだろうなあ・・・

カセットMTR ティアック Portastudio 424MKII

Tascam_PortaStudio_424_MKII_cropby Wikipedia

耳コピに必要なもの

スマホで耳コピできるアプリも有りますが下記推奨環境です。

  1. 音楽再生装置:繰り返し同じ箇所を聞くことになるのでレスポンスの良い物。パソコン+DAW推奨
  2. 良いヘッドホン:スピーカーで聴くより聞き取りやすいです(個人差有り)
  3. 楽器:音を確認できる楽器・・できればシンセ。絶対音感は無くてもOKです。

耳コピ一連の流れは、

音楽を聞く⇒音を確認する⇒記録(楽譜を書く or 打ち込む)

以上の繰り返しになりますので、音楽と楽器をミックスして聴ける環境が必要です。

【Tips】耳コピしたい曲をDAWのオーディオトラックに貼り付けてやればリピート再生もラクラク。ソフトシンセ使って耳コピ出来ますからMIDIキーボードとオーディオ・インターフェースさえあればミキサー無しでも大丈夫。

screenshot_639

その他聴きとりやすくする裏ワザも盛りだくさんですが、これは今後詳しくお伝えしたいと思います。

さて冒頭に「作曲に役立つ耳コピ」を通して作曲に必要なノウハウやセンスを得ることがこのコーナーの目的と書きましたが、では次に「作曲」とは実際にどんなことをするのかおさらいしておきましょう。

作曲家と編曲家

クラシック(西洋音楽)では、和声や対位法、管弦楽法、楽式の技術によって音楽作品をつくること(スコアを書くまで)を主に「作曲」として位置づけています。ポピュラーの世界はどうでしょうか?

喜劇王とよばれるチャップリンは映画主題歌の「作曲者」としてもクレジットされています。

でも実際はチャップリンの鼻歌を採譜して、アレンジャーが小編成のオーケストラ用に編曲(アレンジ)したわけですね。なお編曲とはメロディーは変更せずにその他(コード進行含む)に手を加え曲のバリエーションを作ることです。

※JASRACで検索してみました・・・鼻歌で印税・・羨ましいです・・

00021-500x420

チャップリンは作曲者、アレンジャーは編曲者という立場。この曲が公の場で演奏される度に印税はチャップリンに支払われるのです(おそらく)※

ここでは「メロディーを作ること」=「作曲」となっていますね。

※日本国内の話です。また編曲家に印税が支払われる(契約にもよる)のは初めて音源化された際の編曲に対してのみ。「買い取り」契約だと印税は入りません。

コード進行

世の中には多くの楽器編成があります。たとえばポップ&ロックでは定番の「ボーカル、ドラム、ギター、ベース、キーボード」という編成、それにストリングス・セクションが加わったり、トランペット、トロンボーン、サックスを加えた大所帯のフルバンド・・などなど音楽ジャンルによっても千差万別ですね。

これはギター1本で弾き語りするスタイル

sayonara color / ハナレグミ

ここでは下記の3つで曲が成り立っています。

  • 歌唱(+歌詞)
  • コード進行
  • メロディー(歌だけでなく楽器も含む)

作詞・作曲は” 永積タカシ氏 “とクレジットされておりますので、おそらく「コード進行」も氏が考えたものでしょう。

なおギター弾き語りの際はこんな紙を見て演奏する人もいるでしょう(最近はiPadの方も増えてきましたね)

kashi

written by Souseki Natsume

このカンペには歌詞とコードだけでメロディーや奏法も書かれていません。これを見ながら気分次第でストローク、アルペジオというわけで、いわゆる「歌本」状態です(古)


続きを読む: 1 2 3

↑ページトップ