【ウインドシンセ】ギター、ベース以外の楽器をワイヤレス化できるか検証してみました

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

こんにちは。梅田ロフト店の南です。

以前お客様より『シンセサイザーをワイヤレス化』できないか?という質問をいただきましたので、今日はその検証をしてみようと思います。ギター、ベース、ボーカル以外はあまり想像がつきませんがもしこれができたらシンセを使う方でもちょっとしたパフォーマンスができそうですね。

検証に使うものは一番需要のありそうなウインドシンセを使っていきたいと思います。

 

【使用機材】

AKAI EWI5000

EWI5000は一番有名なAKAIのウインドシンセですね。5000はワイヤレスの機能がついていて専用の受信機があるのですが、今回は検証のため有線で使用します。

AKAI『EWI-5000』

(税抜)¥73,889 (税込 ¥79,800)
JANコード:0694318015254

 

Roland AE-10

こちらはRolandのエアロフォンですね。ワイヤレス機能はついていませんが、スピーカーを内蔵しているためどこでも演奏が可能です。

Roland『AE-10』

(税抜)¥78,000(税込 ¥84,240)
JANコード:4957054507336

 

そして今回使用するワイヤレスの機材がコチラ

Xvive(エックスバイブ)XV-U2

今までのギターワイヤレスはどうしてもケーブルを繋いだりレシーバーがかさばってしまうため気軽に使うことが難しかったのですがコチラのXV-U2なら差し込んで電源を入れるだけで簡単にワイヤレス接続ができるようになっています。リチウムイオンバッテリー内蔵でUSB接続することで充電ができるようになっています。

X-Vive『XV-U2』

(税抜)¥13,241 (税込 ¥14,300)
シルバー:JANコード:6946042200005

ブラック:JANコード:6946042200128

 

 

接続の方法

接続方法はとても簡単です。トランスミッターをシンセに、アンプ側にレシーバーを接続して電源を入れるだけで準備完了。

後は音を鳴らすだけです。

ウインドシンセは私全く演奏できません。今回は検証動画ということでご勘弁願います。

【検証結果】

EWI5000:〇

AE-10(エアロフォン)〇

でした!動作チェックは問題なしという結果に。これはかなり期待が高いです。

他の機材で検証

Line6『Relay G10』

(税抜)¥13,241 (税込 ¥14,300)
シルバー:JANコード:0614252304825

動画は都合上掲載できませんでしたが、Line6 Relay G10でも検証してみました。

こちらでも結果は

EWI5000:〇

AE-10(エアロフォン)〇

と動作に関しては特に問題なしという結果に。

【総評】

※今回はあくまで検証です。機材によっては使用できない可能性もあるため自己責任でお願い致します。

全てが使えるわけではないとは思いますが、ショルダーキーボードを使って駆け回りたい方は検討してみるのもいいかと思います。

手持ちの機材をワイヤレスで使いたいとお考えの方、梅田ロフト店に機材を持ち込んでお試しすることも可能ですのでご来店時にスタッフの南をお呼びください。

動作チェックもさせていただきます。


【関連記事】電子管楽器ポータルサイト


梅田ロフト店デジタル担当 南(みなみ)
この記事を書いた人
梅田ロフト店デジタル担当 南(みなみ)

現役ボカロPとしても活動している南です。ボカロ、作曲に関することならお任せ下さい。
DTMを始めるにあたって、あなたに合う作業環境の構築を全面的にバックアップ致します!

梅田ロフト店
梅田ロフト店

大阪府大阪市北区茶屋町16-7 梅田ロフト8F

電話番号:06-6292-7905

営業時間:10:30~21:00

HP:http://www.shimamura.co.jp/umeda/

「digiland-shop-umeda」タグの関連記事

↑ページトップ