【2017年9月版】マイク担当がオススメするヒューマンビートボックス、ボイパ用マイクの選び方

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

こんにちは。梅田ロフト店スタッフの南です。

最近当店にヒューマンビートボクサーの方々がたくさんご来店いただきます。本当にありがとうございます!

私はまだまだビートボックスの世界がわからない素人です。最近は練習もしてはいるのですがなかなか上手くなりませんね。

テクニックは初心者に毛の生えたレベルですが、今回はマイク担当者としてこのヒューマンビートボックスに適したマイクの選び方をお話させていただきます。

そもそも皆さんマイクをどうやって選んでいますか?

よくご来店されるお客様はほぼ決まったマイクを手に取られることが多いです。

例えばエレクトロボイスN/D767aやゼンハイザー e945等。

それはなぜかと言うと、現在ヒューマンビートボックスの情報源はほぼYOUTUBEやSNS、口コミ等インターネットで広まることが多いからですね。

(実際私も最初ビートボクサーのお客様とお話する機会にどんなマイクが流行っているか教えていただきました)

その界隈で使用している方の情報を元にマイクの検討をしている方がほとんどではないでしょうか。

今回は、その一般的と言われているものから、更に踏み込んだビートボックスにも使えるマイクを含めご紹介致します。

まずはマイクの基本的なことから

ダイナミックマイク/コンデンサーマイクについて

構造等のお話は別リンクを貼っておきます。

まず最初に

実はヒューマンビートボックスに合わせて作られているマイクってあまりないんです。。

それはマイクにとって絶対やってはいけないことをするからなんですね。それは

  • 息を吹きかける

    ということです。

いろいろ理由はありますが本当は絶対やってはいけません!このことは基本的にしっかり頭の片隅においておきましょう。

ただそれではビートボックスなんてできないですよね。なのでしっかりと知識を得た上で最適なマイクを選びましょう。

ビートボクサーのマイクは通常のボーカルよりマイクを酷使するので寿命が短いため、マイク選びは非常に大事です。

選び方その1:ダイナミックマイクを選ぶ

なぜか?コンデンサーマイクだとすぐに潰れる可能性があるためです。

コンデンサーマイクは精密なため、吹いたり叩いたりするもんならレコーディングスタジオなんかでは出禁ものです。。

お店で試す際も一度店員さんに確認するといいと思います。

というわけでまず最初はダイナミックマイクを選びましょう。

ダイナミックマイクはその構造上コンデンサーマイクより丈夫に作られているため、ビートボックスによる酷使に耐えうるマイクです。

一般的なダイナミックマイクはSHURE SM-58と呼ばれるマイク。頑丈さがうりで比較的安価で購入できるマイクです。

後、コンデンサーマイクって

コンデンサー

こういうものをイメージしている方が多いと思いますが手で持つタイプのコンデンサーマイクが存在します。(ハンドヘルドコンデンサーマイク)

このマイクも通常ビートボックスでは使えません。見た目が通常のダイナミックマイクと同じで紛らわしいので気を付けてください。

選び方その2:どんなスタイルを求めるのか(大会参加、パフォーマンス、レコーディング等)

ダイナミックマイクならなんでもいいというわけではありません。それぞれ用途に適したマイクがあります。

例えば大会に参加したい場合、大会公認マイクというものがあります。国内最大のJAPAN BEATBOX CHAMPIONSHIPでは公式マイクとしてElectro Voice N/D767aと決まっているため、大会参加を目的にしているのに違うマイクを購入した結果参加できない。。なんてことも

そこで!

この後、その用途別にマイクをご紹介します。

大会公認マイク

Electro Voice N/D767a

ヒューマンビートボックスといえば一番有名なのがこのマイク!息遣いがきっちりと入る迫力のあるドンシャリサウンドなのでビートボックスにはもってこいです。どこの大会でも標準で使用している割合が高いためわからなければとりあえずコレ!

(現在は生産完了品のため、ゼンハイザーe 945が大会の主流になっているそうです)

ev_nd767ab

Electrovoice『N/D767a』

(税抜)¥11,800 (税込 ¥12,744)
JANコード:5060458750006


この商品をオンラインストアで購入する

 

パフォーマンス用マイク

SHURE SM58

ボーカル、スピーチ、なんでも使えるマイクです。耐久性はバツグンなので練習用としてもピッタリです。

まずマイクを使った練習したいという方にはオススメです。

shure_sm58a

SHURE『SM-58LCE』

(税抜)¥12,800(税込 ¥13,824)
JANコード:0042406071826


この商品をオンラインストアで購入する

SHURE『KSM-8』

『すべての音をベストな音で鳴らしたい』そんな方に向けたマイクがこのKSM8です。

かなり価格が高いので厳しいかもしれませんがこのマイク、どの音もちょうどいいアタック感と音圧で鳴らしてくれます。

低音から高音までバシッと決まりますし力を入れ過ぎても綺麗にコンプが掛かったように抑えてくれます。

SHURE『KSM8』(ニッケル、ブラック)

(税抜)¥59,800(税込 ¥64,584)
ブラック:JANコード:0042406403634

ニッケルJANコード:0042406464918

 

Audio Technica MGS129

ヒューマンビートボックス専用に開発されたマイク。入力のゲインが高く、アタックのあるパワーのあるサウンドが出せる。

手で包みやすく、軽く作られているのでビートボックスにはもってこい!

at_mgs129e

Audio Technica『MGS129』

(税抜)¥12,192 (税込 ¥13,168)
JANコード:4961310087302


この商品をオンラインストアで購入する

sennheiser e945

ヒューマンビートボクサーのDaichiさんも使っていることで有名なコチラのマイク。非常にカラッとしたサウンドです。

タイトといったほうがいいのでしょうか。パフォーマーの技量に左右されやすいマイクなので中~上級者向けなイメージです。

(現在は大会公認マイクとして使用されているそうです。)

sennheiser_e945a

SENNHEISER『e 945』

(税抜)¥19,314(税込 ¥20,860)
JANコード:4006087094228

 

AKG D5

こちらは世界大会でも使われているAKGのD5と呼ばれるマイクです。なぜパフォーマンス側で紹介しているかと言うと大会は専用のBBB-D5と呼ばれるものなんです。基本構造は同じなのだそうですが、現在日本では正規の取り扱いがないみたいです。

モコモコとした低音がない分、上品な空気感があるため一発一発の音が綺麗に鳴らせます。

他のマイクとは傾向が違うので試す機会があれば是非違いを体感してみてください。

akg_d5a

AKG『D5』

(税抜)¥8,500 (税込 ¥9180)
JANコード:5060458750006

AKG『D7』

最近巷で人気なのはこのAKG「D7」。今やゼンハイザーe 945と並ぶほど人気の高いモデルです!なんと!今梅田ロフト店に来店いただくほとんどのビートボクサーはこのD7を購入されます。

音の特徴としては完全にD5の上位互換。このマイクでしか出せない独特の空気感は感動すること間違いなしです。

また、音にメリハリがあるのでキックやスネアの音がすごく攻撃的です。

最近ではe 945よりこちらがいいという方もチラホラ。お好みになるので気になる方はお試しあれ。

AKG『D7』

(税抜)¥18,000 (税込 ¥19,440)
JANコード:9002761021417

 

beyerdynamic TG V70d

個人的にオススメするマイクはこのTG V70d。「聞いたこともない」という方がほとんどのこのマイク。

何人かのビートボクサーにお試しいただいたところ非常に好評でした。オススメする理由としては

  1. とりあえずパワーがある(MGS129よりも高いパワー)
  2. 自然な響き
  3. 低音から高音までまんべんなく拾ってくれる

あえて問題点を挙げるならちょっと重いくらいですね。ビートボックスはグリルを覆うことで低音の圧力を出そうとするのですが、このマイクはそれをしなくても近づけるだけで低音も拾います!

TG V70d

beyerdynamic『TG V70d』

(税抜)¥23,750(税込 ¥25,650)
JANコード:4589702690055

 

beyerdynamic TG V71d

こちらはTG V70dと基本スペックは同じなのですが低音成分が少なく、高音が出るマイクです。

バスドラムは軽く、スネアやハイハットの抜けはこちらのほうが強いです。こちらも同様にグリルを手で覆わなくてもしっかりとしたサウンドが出せます。しかしこちらのマイク、先日ディスコンとなったため、数が残りわずかです。。良いマイクだけに残念です

TG V71

beyerdynamic『TG V71d』

(税抜)¥23,750 (税込 ¥25,650)
JANコード:4010118707308

 

 

レコーディング用マイク

SHURE SM7B

sm7B

最近話題のコチラのマイク。ReepsOneさんがYoutubeの動画で使用、DaichiさんもYoutubeで音質比較の動画を上げていたりしていますね。

元々スピーチ用のマイクとして開発されたマイクのため、会話する時の周波数帯がクリアに聴こえるように設計されています。

通常のダイナミックマイクと違い、指向性が広く、綺麗に音が録れますがパフォーマンスとしては音の迫力がちょっと足りないです。

専用のウインドスクリーンもついているため、吹かれにも強くオススメです。

SHURE『SM7B』

(税抜)¥53,300 (税込 ¥57,564)
JANコード:5060458750006

※SHURE「SM7B」は13日までの展示となっております。お試しを希望の方はお早目にお越しください。

今回は簡単にマイクのご紹介とその音の傾向をお話ししました。この中から選べばまず間違いはないものばかりですので是非参考にしてみてください。

 


梅田ロフト店デジタル担当 南(みなみ)
この記事を書いた人
梅田ロフト店デジタル担当 南(みなみ)

現役ボカロPとしても活動している南です。ボカロ、作曲に関することならお任せ下さい。
DTMを始めるにあたって、あなたに合う作業環境の構築を全面的にバックアップ致します!

梅田ロフト店
梅田ロフト店

大阪府大阪市北区茶屋町16-7 梅田ロフト8F

電話番号:06-6292-7905

営業時間:10:30~21:00

HP:http://www.shimamura.co.jp/umeda/

「digiland-shop-umeda」タグの関連記事

「マイクロフォン」タグの関連記事

↑ページトップ