1台で2台分!?DENON SC5000Prime と PCが2台つながる X1800Prime レビュー

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

ついにDENONが本気を出した!何がすごいか?教えます。

こんにちはDJ機器レビュー担当の神戸三宮店ハギオです。

今回はDENONさんが長い沈黙を破って本気の機材をリリースしました。

2曲同時に再生可能な1台2役のデジタルDJプレーヤーと、Serato Club Kitにも対応したUSB端子2個搭載の、是非クラブに置いてほしいミキサーをご紹介します。

曲の事前解析不要、2曲の再生に対応、1台で2台分 SC5000 Prime

今回のSC5000Prime、緑のLEDが印象的ですが

本体の設定でいろんな色に変更ができますので、自分好みの色に光らせることができます。緑はあんまり好きじゃない。って方も、自分好みのカラーのプレーヤーでプレイできるのはうれしいですね。

手前を見てみると、CDドライブはついていません。CDは再生できませんが、代わりにSDカードと、USBデバイスを指すスロットがついています。

USBデバイスは上の方に刺す機材が多いんですが、こちらの方が挿しやすい上に、手が当たったり、服が引っかかったりしてUSBメモリなどが破損する。なんてこともないし、CDJってイメージですね(CDは入りませんが)

しかも、曲の入っているUSBを挿すだけ。事前の解析などの処理は必要ありません。曲を読み込むと機材内部で解析がスタートします(もちろん、事前に解析しておくと瞬時に解析された情報が表示されますので、便利ですよ。)

SOURCEと書いてあるボタンで、USBメモリ、SDカード、NETWORK(パソコン)と切り替えてデバイスを選択してプレイします。

JOGの真ん中にはジャケットが表示されます。

このSC5000Primeのポイントはここです!

お?

LINE OUTがLAYER AとLAYER Bと、2系統ありますね。

LAYER?そう言えば、3つ前の画像でLAYERってボタンがあったような???

ありました!!

今、SC5000にKamikaze1という曲を使用している状況で「LAYER」ボタンを押してみます。

曲がKamikaze13に変わりました。

そうなんです。

このSC5000 Prime、2曲同時にプレイすることができちゃいます。

と言うことは、通常は同じCDJを2台買う必要があるところを、1台買うだけでOKなのではないでしょうか??

いや、そういう買い方もあるけれども、最近は3台とか4台のCDJを使ってDJする方も増えて来ています。このSC5000 Primeを2台でセットすると、4台のCDJセットでプレイしていることと同じになるわけですね。これは凄い!!

SC5000 Primeの凄さはこれだけじゃない

プレーヤーの手前には8つのPADが配置されています。

昨今のDJコントローラー同様手前にあることで操作性がかなり良いですね。

HOTCUE、LOOP、ROLL、SLICERと切り替えて使用できます。

まずは、HOTCUE。ボタンが8つちゃんとついているプレーヤーってあんまりないのでポイント高いですね。

LOOPモードは、Serato DJで言うところのHOTCUE LOOPみたいな機能です。

LOOPを8つまで登録可能で、LOOPポイントに瞬時にジャンプします。

いかがでしょう?

1台で2台分の役割をこなして、8Padも搭載したプレーヤーSC5000 Prime

曲の事前解析も不要なので、いろんな人が使うところでも曲が入っているSDカードやUSBを持ってくればOKですので、運用が楽ですね。

Serato Club KIT内臓のパソコンが2台接続可能なX1800 Prime

ミキサーもすごいんです!

この通り、USB端子が2個搭載されていますので、パソコンが2台刺さります。

Serato DJ Club Kitが入っているパソコンでSeratoのDVS機能が使用可能です。

Seratoを使っているDJから、Seratoを使っているDJにスムーズに移行ができます。

次のSerato DJのバージョン1.97以降で対応予定で、8月中旬~下旬に対応可能との事です。(※ーちなみに、X1800 PrimeにはClubkitは付属していません。20%OFFで購入できるクーポンが付属しているようです。)

「Serato DJ Club Kit」とは、「Serato DJ」とDVSコントロール用拡張ソフト「Serato DVS」がセットになったキットです。

操作性もGOODで、ミキサーのINPUT SELECTをDVSにしておいて、その上のUSB1、USB2の切り替えスイッチを切り替えるだけの超簡単操作です。しかも、チャンネルごとに切り替えれるのが良いですね。

X1800 Primeの凄さもこれだけじゃない!

他に凄いな~と感じたのがまずはコレです。

よく使うFILTERと、それ以外のSWEEP FXというDJご用達のレイアウトなエフェクターが別系統で搭載されています。

個人的に気に入った音がこのWASH OUTっていうエフェクターです。

このエフェクトを掛けるとエコーが掛かって、曲がフェードアウトしていくような、いわゆるエコーアウトのような効果が得られます。曲のつなぎに、とっても便利ですね。

FILTERをかけながら、このWASH OUT掛けるってことができちゃうわけですね。

さらに、BEATに合わせてエフェクトがかかるBPM FXが12種類も搭載されています。

合計で3系統のエフェクターが同時に掛けることができますね。

BPMエフェクトは大型のリボンコントローラーで拍数の書いた場所をタッチするだけ。

リボンコントローラーにタッチするだけでエフェクトがONになります。

あとは、アイソレーターにもなるEQセクションもすごい。

UTILITY画面でクロスオーバーまで設定可能です。

クロスオーバーっていうのは、どの周波数からMIDとHIの音を分離するかってことです。デフォルトでは2200Hzに設定されているようです。

その他にEQとISOLATERを切り替えたり、FILTERのかかり具合(レゾナンス)を設定したりと、いろいろと設定が可能です。

入出力。

フェーダー周りもキレッキレですよ。

いかがでしょう?

X1800 Primeもすごいですね!

Serato DJのClubKitに対応して、パソコンが2台つながります!

エフェクターも直感的に使えて、クロスオーバーなども設定可能なハイスペックDJミキサーですね!!

【関連記事】


DJ.デジタル楽器アドバイザー 萩尾(はぎお)
この記事を書いた人
DJ.デジタル楽器アドバイザー 萩尾(はぎお)

2001年のDMCのビデオ映像に衝撃を受け、バトルDJを志す。
その後すぐDJバトルを企画し、10年以上定期的にDJバトルをプロデュース。
現在もいろんな大会を企画しています。DJ機材に関して日々追求を続けておりますので、DJ機材に関することなら何でもご相談ください。

「djvj」タグの関連記事

↑ページトップ