Pioneer DJ / INTERFACE2レビュー&rekordbox dj DVSをSL3やDS1で使ってみた。

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

こんにちは。
津田沼パルコ店DJ担当の數面(スウメン)です。

今回、2017年7月14日(金)にPioneer DJより新たに発売されたrekordbox dj DVS専用インターフェイス「INTERFACE2」のレビューを書いていきたいと思います!!

今までDVS専用インターフェイスと言えば Scratch Live/Serato DJ用のRANEのSLシリーズや、コンパクトで持ち運びに便利なSerato DJ用DVSインターフェイスDENON DJのDS1、TRAKTOR DJ用のDVSインターフェイス Native InstrumentsのTRAKTOR SCRATCH A6/A10などがありました。

そこに今回、新たにrekordbox djの専用DVSインターフェイスとしてPioneer DJが仲間入りを果たしました!!

最近、勢力を拡大しつつあるrekordbox djにもとうとうDVSインターフェイスが登場したという事でその魅力をお伝えしていきたいと思います!!

INTERFACE2商品紹介

化粧箱は丁度12インチのサイズの大きさになっております。

早速、中を開けてみたいと思います。

中を開けるとrekordbox dj DVS用のコントロールバイナルがお出迎え。

カラーはブラックのコントロールバイナルが2枚付属となっております。

コントロールバイナルの下にはINTERFACE2本体と説明書、保証書などが入っております。

また、rekordbox djのソフト(税込¥16,200相当)rekordbox dj DVS(税込¥12,960相当)

ライセンスキーが書かれたカードが同梱しております。

総額(税込)¥29,160のライセンスが無料で付いてくるなんて…Pioneer DJさん太っ腹です!!

中身を全て取り出すとこのようになっております。

RCAピンケーブルが計4本、電源アダプターなども同梱されております。

電源アダプターはクラブなどの現場でも使いやすい様、長めのコードとなっております!!

電源アダプターを使わず、パソコンからの電源供給でも使用できますが、電源アダプターを使用した方が動作も安定しますので電源アダプターをしっかり使って頂く事を推奨します。

こちらがINTERFACE2本体になります。

大きさはDENON DJ / DS1の丁度2個分程の大きさでした。

持ち運びにも便利なサイズとなっております。

大きさ比較

他社DVSインターフェイスを並べて大きさを比較してみました。

左からDENON DJ/DS1、RANE/SL3、Native Instruments/TRAKTOR SCRATCH A10、Pioneer DJ/INTERFACE2となっております。

INPUT

INPUT側はこのようになっております。

電源アダプター、アース接続、PHONO/LINE切り替えスイッチとDECK1とDECK2のINPUT端子がそれぞれ付いております。

OUTPUT

こちらがOUTPUT側となります。

DECK1とDECK2のOUTPUT端子とUSBポートが1つ付いております。

rekordbox djを使ってみよう!!

それではrekordbox dj DVSの使用手順を簡単に説明していきたいと思います。

説明書のダウンロード手順に従い、rekordbox djのソフトのダウンロードと各種ライセンスキーの入力が終わったらINTERFACE2のドライバのインストールも忘れずに行いましょう。

ドライバのインストールが無事終了したらrekordbox djの設定画面(右上にある歯車のマーク)より、オーディオという項目をクリック。すると下のような画面になります。

現在、上の画像のオーディオという項目でINTERFACE2が選ばれている状態となっております。

ドライバのインストールが終わると、このようにINTERFACE2が選択できるようになるので、INTERFACE2を使用する時は必ずこちらを選択しましょう。

さらに下にあるミキサーモードという項目ですが、こちらは必ずエクスターナルを選択しましょう。

先程の設定画面は閉じてもらい、次は各DECKのモードを変更する必要があります。

上の画像の赤丸の部分をクリックすると3つのモードが選択可能となっており、

・RELモード(レラティブモード)

・ABSモード(アブソリュートモード)

・INTモード(インターナルモード)

こちらのモードが選択可能。

既にSerato DJやScratch Liveなどを使っている方には馴染みのある名前ですが、rekordbox djでも役割や機能は全く同じです。

DVS機能でDJをする殆どのDJはRELモードを使っています。

DJ機器との接続例

DJ機器との接続例は上記画像の様になっており、DJミキサーのLINE INに接続する形となっております。

後はターンテーブルにコントロールバイナルと針をセッティングしてDJプレイが可能となります!!

rekordbox dj DVSは反応も良く、スクラッチやジャグリングなどのプレイもスムーズです!!

rekordbox dj DVSをSL3やDS1で使ってみた。


ここからはちょっとした裏技?について書いていきたいと思います。

現在、DVS機能でDJプレイをする方の殆どはSerato DJやScratch Liveなどの使用率が多いです。
その次にTRAKTOR DJを使う方が多い印象です。

Serato DJ、Scratch LiveのDVSインターフェイスで人気の高いモデルとして RANE のSL1、SL2、SL3、SL4は有名で、クラブに常設されている所も多いです。
Serato DJ用DVSインターフェイス、DENON DJ / DS1も最もコンパクトなモデルとして人気が高いです。

実はこちらの他社DVSインターフェイスでもrekordbox dj DVSが使えるんです!!

今回は実際にRANE / SL3とDENON DJ / DS1を使ってrekordbox dj DVSを動作させてみたいと思います。

※今回、TRAKTOR DJ用のDVSインターフェイス、A10でも試しましたが上手く動作しませんでした…。

こちらは引き続き動作するか検証してみます。

DENON DJ/DS1、RANE/SL3でrekordbox dj DVSを使う手順。

まずはDS1での設定方法を説明します。パソコンはMac Book Proを使用します。

上の画像の様に、DS1のドライバのダウンロードが完了していれば rekordbox dj 設定画面のオーディオ(右上の歯車マーク→オーディオ)という項目でDS1が選択可能となります。

こちらでもエクスターナルを選択してチェックを入れ、Input Deck1、2の設定を画像の様にAnalogue 1、2、3、4と設定します。

Output DeckはInput Deckと同じになるように1、2、3、4と設定すればOKです。

後は同じようにRELモードにしてコントロールバイナルに針を置けばDS1でrekordbox dj DVSが使用可能になります!!

画像の針の信号を見てわかるように、正常に反応しております。

DS1でrekordbox dj DVSを使う場合ですが、初期の音量が小さめでしたのでrekordbox djのマスターレベルを上げるか、DJミキサーの方で音量を引き上げる必要がありそうです。

SL3も全く同じ手順で設定すればSL3でもrekordbox dj DVSが使用可能です。

rekordbox dj DVSで他のコントロールバイナルを使ってみた。

次は他社コントロールバイナルでもrekordbox dj DVSは動作するのか?という検証をしてみました。

最初にSerato DJ用コントロールバイナルで検証。

針の信号も正常で問題なく動作しました!!

スクラッチやジャグリングなどをやってチェックしましたが特に問題はありませんでした。

次はTRAKTOR DJ用コントロールバイナルで検証。

画像の針の信号を見る限り問題なさそうなのですが…。なぜか45回転の速さで再生されるという問題が発生。

やはりTRAKTOR DJとは相性が良くないみたいです…。

※今回案内した他社DVSインターフェイスでrekordbox dj DVSを使うというのは

あくまで使用例の一例です。rekordbox dj DVSを使用する際、

メーカーが推奨している使用機種はINTERFACE2となります。


まとめ

今回、INTERFACE2とrekordbox dj DVSについて書かせてもらいましたが、rekordbox djというソフトが凄い!!と改めて実感しました。

rekordbox djならCDJとの相性も抜群なので現場によってプレイスタイルが選べるのも良いです。
クラブなどの現場にSL3があればそれを使用してrekordbox dj DVSでのDJプレイも可能。

ちょっとDJソフトを乗り換えてみようかな…と考えている方には
INTERFACE2なら本来有償であるrekordbox djのソフトとrekordbox dj DVSも手に入るのでオススメです!!

Pioneer DJ INTERFACE2

(税抜)¥32,223 (税込 ¥34,800)

jan:4573201240941


この商品をオンラインストアで購入する


津田沼パルコ店デジタル担当 数面(すうめん)
この記事を書いた人
津田沼パルコ店デジタル担当 数面(すうめん)

Battle DJのスタイルを中心に2004年より活動する現役DJ。楽曲作品へのスクラッチでの参加やサンプリングミュージックの制作なども行っている。
DJ機器を中心に様々なデジタル機器のコーディネートをお手伝いさせていただきます!

津田沼パルコ店
津田沼パルコ店

千葉県船橋市前原西2-18-1 津田沼パルコ A館 5F

電話番号:047-474-7700

営業時間:10:00〜21:00

HP:http://www.shimamura.co.jp/tsudanuma/

「digiland-shop-tsudanuma」タグの関連記事

「djvj」タグの関連記事

↑ページトップ