今までのコンデンサーマイクの常識を覆す!SLATE DIGITAL『Virtual Microphone System』

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

こんにちは。梅田ロフト店マイク担当の南です。

かなり投稿が空いてしまいましたが、その間にとっても面白いものが梅田ロフト店に届きました。

それがコチラ!!SLATE DIGITALの『Virtual Microphone System』(以下VMS)です。

 

Virtual Microphone System(VMS)とは(メーカー抜粋)

究極の透明感を追求したラージダイアフラム・コンデンサー・マイクロフォン「ML-1」と、ニュートラルな音質でリニア特性を持つマイク・プリアンプ「VMS-ONE」の組み合わせで収録された音源に、Slate Digitalが誇る最先端のデジタル・テクノロジーに基づくソフトウェア・プロセッシングを施すことで歴史に名高いマイクロフォン及びプリアンプのクラシック・トーンを忠実に再現するハイブリッド・システムです。

ワールドクラスのヴィンテージ・ギアの中には1台数百万という価格が付けられるものもあります。VMS Virtual Microphone Systemは、そういったクラシック・マイクロフォンやプリアンプが持つ唯一無二のトーンを再現し、オーディオ・エンジニアの前に立ちはだかる高い壁を打ち破る夢のマイク・ロッカーです。

 

ひとことで言ってしまうと

この1台で色々なビンテージマイクのサウンドに早変わりしてしまうコンデンサーマイクなんです!

 

 

アタッシュケースの中にはコンデンサーマイク『ML-1』と専用のプリアンプ&DI『VMS-ONE』が付属。マイクと一緒にプリアンプも付属しています。

コンデンサーマイク『ML-1』

ラージダイアフラムに黒のシンプルなボディ。もちろん単体でもコンデンサーマイクとして使うことができます。

【ML-1音の傾向】

音は低音~高音までしっかりと拾っていて、ナチュラルな音がしました。同価格帯のNEWMANN TLM103、AKG C414と一緒に比較しましたがこの二つの中間ぐらいの印象です。TLM103のほうが艶感はありましたが抜けという面ではML-1のほうが上でした。C414と比べるとシャリシャリしたハイがなく、丸い音でまとまっている感じです。

正直このマイクだけでも十分すぎるクオリティだなと思いました!

 

専用プリアンプ&DI『VMS-ONE』

個人的に気になっているのが実はこの『VMS-ONE』。単体でもマイクプリとして使用でき、ML-1だけでなくギター、ベースを繋いでもOKというなんともステキな機材。

ノブ、レバーもしっかりとしたものになってます。

背面は本格的なアウトボードにも使われているDC電源を使用。インプットはコンボ端子にアウトプットはXLRとTRSの2種類が使用可能とハイエンド使用。ハード好きにはたまらないですね!性能の低めなオーディオインターフェースをお持ちの方はこれを掛けて通してあげるだけで質感も変化するのでオススメですよ。

『VMS-ONE』サウンドの傾向

聴いてみた感じでは『ガッツリプリアンプを通しました!』という音ではなく、『ちょっとプリアンプ通してるのかな?』という印象の音です。

クリアなタイプのマイクプリなので、安価なオーディオ・インターフェース等持っている方はこれを通してあげた方がいい音で録れますよ!

Virtual Mix Rack

SLATE DIGITALと言えば外せないのはやっぱりこのVirtual Mix Rackでしょうか。今回のVMSはなんと8種類のマイクシミュレーターと4種類のプリアンプモジュールが使用可能です。マイク、プリアンプと更にプラグインも付いてきます!これはお得ですね。

※注意!ソフトの起動、アクティベーションには別途i-lokが必要になります。

ライセンスカード(番号は伏せてます)

 

日本語のインストールマニュアルも付属!非常にわかりやすい内容になっていますので初めての方でも安心してセッティングができます。

こちらがVMRの画面です。好きなプリアンプ等を左から選んでドラッグ&ドロップするだけで使えるようになります。

通してみると少し音が膨らんだ感じになりました。

今回はLogicで使ってみましたが、当然VSTやAAXも対応しているので他のDAWでもOKです!

【まとめ】

ハード好きにもソフト好きにもたまらないこのVMS。

質の良いコンデンサーマイクにマイクプリ、プラグインもついてきて実は価格が135000円(税込み)と非常にお求めやすい価格になっています。スタジオで扱っているようなコンデンサーマイクだと30万円はかかってきます。そう考えるとこのVMSは手に入れられる範囲のマイクになるのではないかと思います。それに普通のマイクは本体だけですのでその辺りも考慮するとやっぱりお得です。

市場に出ている量も少なく、梅田ロフト店でも在庫が非常に少ないので気になった方はご連絡ください。

 

 

SLATE DIGITAL『Virtual Microphone System』

梅田ロフト店販売価格(税抜)¥125,000 (税込 ¥135,000)
JANコード:2370000329639


梅田ロフト店デジタル担当 南(みなみ)
この記事を書いた人
梅田ロフト店デジタル担当 南(みなみ)

現役ボカロPとしても活動している南です。ボカロ、作曲に関することならお任せ下さい。
DTMを始めるにあたって、あなたに合う作業環境の構築を全面的にバックアップ致します!

梅田ロフト店
梅田ロフト店

大阪府大阪市北区茶屋町16-7 梅田ロフト8F

電話番号:06-6292-7905

営業時間:10:30~21:00

HP:http://www.shimamura.co.jp/umeda/

↑ページトップ