すぐにDJが始められて、こんなに遊べる!GODJ PLUSのレビューと使い方。

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

GODJ PLUS販売開始!

DJ機器レビュー担当の神戸三宮店ハギオです!

最初に謝っておきます、この記事を書き終わって見返しました。

当初、すっごくシンプルにわかりやすくまとめようと思って取り掛かりましたが、GODJ PLUSがあまりにも多機能で面白いのでちょっと長くなってしまいました。。。

最後までお付き合いいただけると嬉しいです!

GODJは、宮城県仙台市にある企業が手がけた世界初の完全自律型ポータブルDJシステムとして発売され話題になりましたが、そのGODJのパワーアップバージョンのGODJ PLUSと、廉価版のGODJ-Cが資金をクラウドファンディングで募り、大成功を収めこのたび正式発売となりました!

GODJ PLUSって何?

今回発売になって、大人気のGODJ PLUS

バッテリー駆動で、約12時間連続再生に対応。

(LCD点灯時12時間、LCD消灯時24時間)

最大2TBまでのSDカードに曲を入れて刺すだけですぐにプレイができるようになります。(※SDカード内の曲は最大5000曲まで認識可能です。)

本体内蔵の記憶領域が16GBもあるので、これだけでも十分かもしれませんね。16GB(音楽データ領域約14GB、録音領域1GB、システム領域1GB)ちなみに、GODJ-Cは2GBくらいです。※本体表示では一般的なハードディスクの容量表記に準じています。

さらに

スピーカー内蔵。

これが思っていたよりもパワフルでびっくりです!

スペック的には5W+5Wとの事ですが、予想以上に迫力のある音が出ます。

バッテリー駆動、スピーカー内蔵ということで

こんな感じでちょっとしたパーティにこのGODJ PLUSとヘッドホンだけあれば、その空間の雰囲気が大きく変わること間違いなしです!!

PLUSで追加されたボタンやつまみ

スピーカー内蔵もPLUSのみの機能ですが、まず、劇的に使いやすくなったな~!と思ったのがこのEQ!

旧GODJやGODJ-Cでは、ページを切り替えてEQを操作しなくてはいけなかったのですが、PLUSだと画面のすぐ上にEQのつまみがあるので、ミックスがかなりやりやすくなりました!

これはDJをこれから始める人にとっても、明らかに使いやすくなったポイントですね。

それから、サンプラーパッド!

GODJ PLUSでは、左右で別々のサンプラーを鳴らすことができますので、同時に合計16個のパッドが使えます。

もちろん、サンプラーの音を追加することもできますので、バンクの切り替えでシチュエーションに応じていろんなサンプル音を鳴らすことができます。

では、まずはGODJに曲を入れて再生してみます。

一番右のページのシステムのタブのUSB接続をONにして

パソコンへUSBで接続するだけ。これでパソコンからGODJ PLUSへ曲をコピーすることができます。

パソコンにはこんな感じで表示されますので、ここへ曲をコピーするだけです。カテゴリーやジャンルごとにフォルダに分けて入れておくと使いやすいです。

GODJのディスプレイはタッチパネルになっています。

画面下部のこのあたりを左右にスワイプするとページが切り替わります。

細かくは後で説明しますが、大体こんな感じ。

一番左のページで曲を選べます。

こんな感じで曲が表示されます。

曲を取り込むと自動で解析が始まり、この画像だとDEMO_Cまで解析がされて、BPMが表示されている状況です。

SDカードなどにあらかじめ曲を入れておけば、GODJ PLUSが到着してすぐにDJプレイができちゃいます!(32GB以上のSDカードの場合、GODJ PLUS側でSDカードをフォーマットする必要があるそうです。)

GODJなら、曲を取り込むだけで簡単にDJがスタートできます!

パソコンが苦手な方も曲の取り込みさえできればあとはGODJを肌身離さず持っておけばOK!

入門者にこそお勧めしたい!楽しくなる機能の数々を紹介!

クロスフェーダーの操作だけでEQでのミックスができる!

クロスフェーダーのモードにEQモードなるものが!

クロスフェーダーを移動するにつれて、EQが自動的に切り替わっていきます!

DJプレイをやり始めてEQを使ってのミックスはちょっとした難関なんですが、GODJならクロスフェーダーを移動するだけだからとっても簡単!!

CUEポイントからの小節が表示されてミックスが簡単!

CUE1を設定したポイントにジャンプすると、右下に1:1と表示されます。

CUEポイントからの小節数が表示されます。

8:4まで進むと1:1に戻りますので、8の倍数のタイミングで次の曲に切り替えるとうまくミックスができますよ。

AUTO SYNCモード

このAUTO SYNCをONにすると、トラックのBPMとビート位置を自動調整し、反対側のトラックに合わせます。

至れり尽くせりな感じもしますが、テンポは自動で合わせてくれて、8小節のタイミングも表示されて、クロスフェーダーを移動するだけで、上級者なみのEQミックスができてしまいます!!

GODJでDJを始めるのもおススメです!

上級機種並みの高機能も搭載!

これだけミックスが簡単にできる上に、うん十万円する上級機種並みの機能がふんだんに搭載されているのにもビックリです!

HOTCUEは4つ、LOOP/ROLLももちろんできます!

押すと瞬時にそのポイントにジャンプする、HOTCUEは4つ搭載されています。GODJのFUNCTIONのつまみで操作します。

また、LOOPやROLLも当然搭載されています。

なかでもちょっと面白いのは、HOTCUE1-2、3-4のリピート再生なども行える点。

要するに、LOOPポイントを記録しておくこともできるんです。

エフェクターも6種類搭載!

このボタンを回して、ボタンを押すとエフェクターがかかります。その上のFX Levelのつまみでエフェクターのかかり具合も調整可能なんです!

選ばれているエフェクターの種類はここに表示されています。

画面の右上の場所をタップするとエフェクターのON/OFFができますので、左右のプレーヤーのエフェクターを掛けたい方だけONにすることもできます。

各エフェクターはこんな感じ。

  • BC(BitCrusher):音を粗くする。
  • RL(Roll):曲は進みながら、一部を繰り返し。
  • VCF(Filter):よく使う、ハイパス/ローパスのフィルターを掛けれます。
  • DL(Delay):エコーのような残響音がでます。
  • FL(Flanger):ジェット機の飛ぶような音になるエフェクター
  • PH(Phaser):回転スピーカーのような音

また、よく使う、フィルターのエフェクトは設定でGainのつまみをFilterのつまみに変更することも可能です。

FILTERを多用する方は是非お試しください。(後半のMotion LOOP機能の紹介動画で少し使っていますので、気になる方はそちらをご覧ください。)

オリジナル音の追加も可能なサンプラー搭載!

専用PADも搭載されたサンプラーですが、自分の好きな音も取り込めます。

取説の表記通り指定のフォルダにファイルを取り込んでみます。

「Pad」のフォルダに「TEST」というフォルダを作って、その中にサンプル音を指定の名前で並べてみました。

何と!すんなりさっき入れたサンプル音が表示されました!!

これで、自分好みのサンプラー音をすぐに鳴らすことができます!

サンプラーには、8小節のシーケンサーまで搭載!

さらに、サンプラーにはシーケンサーまで搭載されていますので、簡単な打ち込みを8小節分鳴らすこともできちゃいます!!

これ、かなり便利なんです!

2ch入力のミキサー機能まで搭載!

GODJ PLUSの入出力ですが、

出力は

  • LINE OUT(RCA)
  • PHONE(ヘッドホンアウト・ミニステレオ)

入力は

  • LINE IN(ミニステレオ)
  • MIC IN(ミニステレオ・LINE INに切り替え可能)

と、このサイズとは思えないような豊富な入出力を備えています!

この画像のように、LINE INに接続した音源を左右好きな方のプレーヤーに設定して、LINE INに入力されている音にもエフェクターを掛けたり、スクラッチすることもできます。

しかも、マイク入力もLINE INに変更可能ですので、2CH分のLINE入力のミキサー機能を搭載しているというわけです!

こんな機能まで?遊べる機能が多すぎ!!

簡単操作で、ちょ~カッコいい!MOTION LOOP!!

LOOP機能が面白いんですが、Functionのつまみで一番下のところに持って行くと、JOGの部分が 1、1/2、1/4、1/8、1/16、1/32 に分かれます。

1/2をタップすると1/2拍分ROLLがかかります。

そのまま左右に回してみると、ROLLがかかった部分の音程が上下します!

これがかなりカッコよいので、動画にしてみました。

どうでしょう?

私レベルの操作でも結構カッコよく聞こえませんか?

ちなみに、動画中FILTERの操作をGAINに設定して使ってます。GAINをそんなに使わない方にはこれが結構オススメ設定です。

ヘッドホンの切り替えはこの設定がオススメ

上の動画での、設定の話のついでにこれもご紹介しておきます。

標準で設定画面で「ステレオ→L→R→OFF」という設定になっていますが

シンプルに「ON/OFF」に設定するのがオススメです。

Gainのボタンがヘッドホンの切り替えになっているのですが、これだとこのボタンを押した方のプレーヤーの音がヘッドホンから聞こえますのでミックスがシンプルに行えます。

右のGainを押すと左のヘッドホンはOFFになります。

動画中のFILTERをGAINで使えるようにする設定と、このヘッドホンの切り替えの設定はやっておくのがオススメです。

スクラッチはオートスクラッチモードで!

オートでのスクラッチモードも搭載されています。

画面の左上をタッチすると、プレーヤーがこんな画面に切り替わります。

カーソルをCUEの位置に持って行ってスクラッチをやると、GATEが自動でかかり、スクラッチができます。

個人的にはスクラッチをやりたい方は、電池でも駆動して野外でもプレイ可能なポータブルターンテーブルを接続することをお勧めしますが、GODJ PLUSのオートスクラッチは是非試してみてください。

カフェのBGMに最適!AUTO DJ機能まで搭載!

オートDJをONにすると、最後に再生した曲のフォルダやプレイリストの中の曲がオートで切り替わります。カフェなどのBGMや、ドライブに最適ですね!

しかも、GODJ PLUSの裏には壁にかけれる穴まで用意されているという設計!

ドライブ用には、タイムアライメント

ドライブと言えばこれ、左右のスピーカーのタイミングを調整して、車の運転席でちょうどよく聞こえるように設定したりできますね。

ギター、ピアノ演奏モード?

キーボードや、ギターを弾くモードまで搭載されています!

コードパッドや、アルペジエイターまで!!

これ、DJ用の機材ですよね?って言いたくなりますよね。

ちょっとだけ鳴らしてみました。

GODJ PLUSがあれば、いつでもどこでも弾き語りや、セッションができちゃいますね!!

将来的にUSB-無線子機で定額制音楽配信サイトと直でつながる!?

このUSBポートが何用なのか気になったので、いろいろ試してみましたが、現状ではまだ使用できないようです。

ただ、将来的にUSB無線子機などを接続して、定額制音楽配信サイトなどの曲を直接使うことができるように開発中との事。

こちらもかなり期待したい機能ですね!!

機能比較表

最後に、現行のGODJシリーズの比較表を貼っておきます。参考にしてみてください。

GODJ PLUS GODJ-C GODJ
スピーカー × ×
EQノブ × ×
縦フェーダー × ×
AAC対応 × × ×
USB-A × ×
最大曲数(内蔵/SD) 5000/5000 1000/9000 1000/9000
ギター・キーボードモード ×
ハイレゾモード × ×
内蔵ドライブ 16GB(音楽データ領域14GB、録音領域1GB、システム領域1GB) 4GB(音楽データ領域2GB、録音領域1GB、システム領域1GB) 4GB(音楽データ領域2GB、録音領域1GB、システム領域1GB)
連続再生時間 LCD点灯時12時間、LCD消灯時24時間 LCD点灯時12時間、LCD消灯時24時間 LCD点灯時12時間、LCD消灯時24時間
重さ 1125g 286g 286g

以上。

発売以来、かなりの人気で、最近私がはまっている機材GODJ PLUSのご紹介でした!!

実機を体験できる店舗はこちら

展示店舗を確認する


※ 在庫状況はご利用店舗に必ずお電話にてご確認ください。


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗


DJ.デジタル楽器アドバイザー 萩尾(はぎお)
この記事を書いた人
DJ.デジタル楽器アドバイザー 萩尾(はぎお)

2001年のDMCのビデオ映像に衝撃を受け、バトルDJを志す。
その後すぐDJバトルを企画し、10年以上定期的にDJバトルをプロデュース。
現在もいろんな大会を企画しています。DJ機材に関して日々追求を続けておりますので、DJ機材に関することなら何でもご相談ください。

「djvj」タグの関連記事

↑ページトップ