AKAI MPC発表会

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

AKAI_TOP

サンプラー機材のレジェンド的存在のAKAI MPCに待望の新製品が登場!ということでAKAIの発表会に行ってきました。

MPC_1

AKAIのアンディ氏が手に持っているのがMPC LIVEです

ケーブル無いけど電源ついてますね、そうバッテリー駆動します!

内蔵電池はリチウムイオン電池です。

重量は約2,4Kg

MPCLIVE

サイズはMPC LIVEと価格帯の近い旧製品MPC1000を横長にしたイメージでしょうか

mpc1000_top_lg_700x438

んー、こう見比べると見た目だけでもめちゃくちゃ進化してますね

MPCLIVE_2

ディスプレイはタッチパネル仕様です。

感度は反応も良くサクサク操作ができます。

MPC_LIVE_DYSPLAY

ディスプレイのサイズは7インチです。

MPCLIVE_PAD

PADはPGRバックライト搭載でPADサイズは上位機種のMPC Xと同じです。

MPC_LIVE_REAR

入力はLINE,MICそしてターンテーブルを直結できるPHONO端子も搭載。

USBドライブやMIDIキーボードなどをつなぐUSB3.0規格の端子が2つ搭載してます。

MPCX_KEYS

フラッグシップモデルのMPC X!ドーンと存在感あります。

MPCX_DYSPLAY

ディスプレイでかい!10.1インチのマルチタッチディスプレイです。MPCX_DYSPLAY_2

ディスプレイは角度をつけたり水平にもできますね

MPC_VEL

タッチの感度もとても良いです。写真にあるステップのベロシティも指先で直感的に操作できます

MPCX_PARA_1

DAWのプラグインの操作にも活躍しそうな16個のタッチセンシティブな360°アサイン可能なポットMPC_PARA_2

アサインされたパラメーターもポット上部に表示されて視認性も良いです

MPCX_button

往年のMPCスタイルを踏襲したカーソルなどボタンの配置

MPCX_ENC

MPCX_PAD MPCX_VINTAGE MPCX_REAR

簡単ですが発表会レポートでしたー。

機能的な部分やソフトウェアMPC2.0など詳しいレビューは後日公開予定です。お楽しみに!


「akai」タグの関連記事

「djvj」タグの関連記事

↑ページトップ