楽器ができなくても曲は作れる!をCubaseでやってみた

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

曲を作るときに楽器はできないといけないのでしょうか?

 

実は、日々接客させて頂いている中で一番多い質問です。

動画を見ればバリバリ鍵盤演奏して、見事に入力していく様を見ているとそう思ってもしようがありませんよね?サウンドクリエーターに興味はあっても「私は鍵盤ができない、ギターが弾けないから無理だな」と諦めるのはまだ早いです!

最近のDTMソフトでは何千というオーディオーループが標準装備されているのも珍しくありません。

そう、フレーズの組み合わせだけでも曲は作れるのです!!!

Cubase1

今回は実際にCubaseを使って全体で1分程度の長さ・3種類のタイプを作ってみました

・POPSの爽やか系サウンド

・エレクトロテイスト

・ラテンフレーバー

です。では実際の操作方法ですが、それも簡単。

cubase3

赤枠で囲った部分は楽器別にオーディオデータが収納されている場所なのですが、自分のセンスでこれと思ったフレーズをどんどん聞いていき・・・・

見つかったら・・・赤い矢印の部分にドロップするだけ!

cubase4

どんどん、入れていきます。

気にしないで入れていったのですが、最終20トラックぐらいになりました。

私の場合、ここまでの時間10分!

曲の構成やフレーズの兼ね合いを考慮していると物理的な時間はかかりますが、これから聞いていただくサウンドは一切楽器は弾いていないです本当に選んだだけでできあがり。

あとは、全体の音量・定位を調整して聞きやすいようにエフェクトをかけ完成しました。

Cubase2

そのサウンドはコチラです!

結論

世の中には、ピアノやギター・ベースができない人はたくさんいます。でも素晴らしい曲を作る人もたくさんいます!DJもその一つだと思います。確かに楽器はできることに越したことはありませんが、フレーズを選ぶセンスやアイデアだけなのです。そこから、オリジナルのフレーズも入れていって、よりオリジナリティを出してください。もちろん他のDTMソフトでも同じことが出来ますのでまずはLet’s DTM!

大阪にある梅田ロフト店にお越しいただければデジタル専門スタッフのやなぎが、ご説明致しますのでお気軽にご来店下さい。

この商品はオンラインストアでも絶賛発売中です!

梅田店 販売価格

steinberg Cubase Pro 8

(税抜)¥55,000 (税込 ¥59,400)

この商品をオンラインストアで購入する

梅田ロフト店デジタル担当 柳(やなぎ)
この記事を書いた人
梅田ロフト店デジタル担当 柳(やなぎ)
好きなジャンルはエレクトロやJ-POP。曲作りに関する事、録音機材やシンセサイザー、各種ソフト音源やプラグインエフェクトでわからない事があればレクチャー致します!さらにガイド本では分からないテクニックやノウハウ等もアドバイスさせて頂きますのでお気軽にお聞きください!
梅田ロフト店
梅田ロフト店

大阪府大阪市北区茶屋町16-7 梅田ロフト8F

電話番号:06-6292-7905

営業時間:10:30~21:00

HP:http://www.shimamura.co.jp/umeda/

↑ページトップ