【レビュー】超簡単!お手軽「プロジェクションマッピング」を試してみた

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

UMA2

こんにちはサカウエです。最近、プロジェクションマッピングという言葉をよく聞くようになりましたね。

「プロジェクションマッピングって何?」という方もこの映像を見れば「ああ、これね!」とお分かりいただけると思います。最近ではリオ五輪でも話題になっていました。

「東京駅プロジェクションマッピング」

これアイデアが良いですね。

「プロジェクションマッピング」というのはプロジェクション(=投影)とマッピング(何かに割り付けるという意味)が合わさった言葉で、単に平面に映像を投影するのではなく、投影する対象(立体の建造物など)に映像を張り合わせるという映写方法のことです。

欧米では「ビデオマッピング」「マッピングプロジェクション」建物に対しては「アーキテクチャルマッピング」、「3Dマッピング」「3Dプロジェクションマッピング」と呼び方はいろいろあるそうです。

実は手軽にできるプロジェクション・マッピング

さて、さすがに東京駅のイベントクラスになると大掛かりすぎてアマチュアには無理!なにしろ一千万円超!のプロジェクター40数台使っていたらしいですからね・・・

しかし!ベルギーのArKaos(アルカオス)社が開発を行っているプロジェクションマッピング&VJソフトウェア 「GrandVJ2 XT」があれば、パソコンと一台のプロジェクターだけで小規模ながらも立派なプロジェクション・マッピングを行うことができるのらしいのです~

img_p_gvjxt_690

というわけで早速ディリゲントさんに製品をお借りして試してみることにしましたよ~ワタクシプロジェクションマッピングは全く初めての体験ですがワクワクしますね~


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

立体物に映像を投影!プロジェクションマッピングが手軽に

まず準備するものは

ソフト:GrandVJ2 XT

パソコン:WindowsまたはMacintosh

プロジェクター:最近は小型軽量で数万円クラスのものも多いです

の3つ。投影する「動画ネタ」はビデオカメラで撮影したものを使うこともできますが、今回は「GrandVJ2 XT」をインストールすると使える動画ネタで試してみます。意外に多くのネタが使えるのでしばらくはそれだけでも結構楽しめそうです。

「GrandVJ2 XT」

img_p_gvj2_02-500x272

このGrandVJ2 XTというソフトは動画を色々な方法で投影するためのいわゆる「VJソフト」ですが、プロジェクションマッピングを行う場合は、GrandVJ2 XTに付属の「VideoMapper」モジュールというものを使用します。

手順としては以下の順番になります

  1. 「VideoMapper」を起動し投影する対象物に対するセッティングを行う
  2. GrandVJ2側で動画を編集、出力先を選択する。

できることが非常に多いのですが、考え方はわりとシンプル。この手のことは凝ろうと思ったら際限ないのでどんどん深みにハマってしまいそうですが、とりあえずチャレンジです。

パソコン上で映像ファイルを試す

なにはともあれまずはGrandVJ2で動画をパソコン上で再生してみます。動画ネタをLayerという場所にドラッグ・アンド・ドロップすれば自動で動画クリップが再生されます。

screenshot_315

Layerは複数の動画をどのように再生するか設定するところで。たとえばフェーダーを外部のMIDIコントローラーを使ってオーバーラップさせたり、切り替えたり・・・といったVJプレイを行うことが可能になるわけですね。このあたりは奥が深いので今回はさらっとご紹介のみ。

layer

なおSynth Modeというモードを使用すると、鍵盤画面に動画クリップを割り振り、外部MIDI鍵盤やパソコンのキーボードで動画を再生するというパフォーマンスも行うことができます。

また例えばAとBという画面の切り替え等の各種コントロールも、MIDIコントローラーのツマミやパソコンのキーボードで超カンタンにできてしまうわけですね。

screenshot_314

平面にプロジェクション(投影)してみる

では次にプロジェクターから平面に出力してみます。今回使用したのは400ルーメン(ルーメン:照明器具の明るさを示す単位)という超小型の「ミニプロジェクター」(左はiPhone5)

IMG_9885

パソコンはiMacで試したのですが、ワタクシのiMacの場合は、2つの画面を使って右がパソコン本体、左がプロジェクター出力という感じで使い分けすることができます。

screenshot_322

動画ファイルを選択するとプレビュー画面で内容を確認することができます。

screenshot_316

プロジェクターから投影するとこんな感じになるわけですね。iMacからは「Mini DV  ⇒ HDMI」ケーブルで接続しています。

IMG_9888

複数の動画を組み合わせて投影

ここまでは「平面に1種類の動画を投影」していたわけですが、では次に「VideoMapper」を使って複数の動画を投影してみました。出力画面の設定でsurface(サーフェス:動画の出力先)というものを増やすことで、1画面の中で複数の動画を自由に配置することができるのです。

初期設定画面(Preference)でディスプレイモードを「VideoMapper」に設定します。

screenshot_324

ここでは4つのsurfaceを使用し、Layerに放り込んだ4種類の動画をsurface1、2、3、4に割り振りました。

screenshot_326

Layerを4つに分け選択した動画をどこに出すかを設定できます。下の設定では4つのsurfaceに2種類ずつの動画を流すことができるのですね。

screenshot_327

ご覧のとおり分割されて4種類の動画が投影されるのです。わかりやすいですね~

IMG_9890

この状態はまだ単に「プロジェクション(投影)」なのですが、でもこれだけでも結構色々なことに使える様な気がします。

立体へ投影

では次にいよいよ「立体物にプロジェクション」してみることにします。今回は入門編ということでシンプルにいきたいと思います。

投影対象は白色の物が良いかと思い、部屋を物色すると・・・ありましたよ白い箱!

RED WITCH DELUXE MOON PHASER!・・・・ギター用エフェクター・・これでいってみましょう。

IMG_9894

早速セッティングです・・図工の時間的な手作り感満載で恐縮です。

IMG_9900

「VideoMapper」で合わせ込みますが・・これが結構地道な作業!でも楽しいです。この投影対象は3面あるので、こんな感じでイメージすればよいのです。

123

したがって「VideoMapper」側で3つのserfaceを用意すればOK

screenshot_329

それでは「合わせこみ~Synth ModeにしてMIDIキーボードで動画をリアルタイム投影」までの動画を御覧ください・・おもいっきり手ブレしています申し訳ございません。

続いて今度はこれにチャレンジです~

今年の干支鈴「午(うま)」(近所の神社で正月に購入)・・強敵です~素人にはハードルが高かったかもしれません・・・

IMG_9909

「VideoMapper」でコイツに投影を合わせこむのは根気と忍耐が必要なのです

IMG_9908

Edit Gridという機能を使って地道に合わせ込みます。グリッドというのは「格子」のことでこの線で輪郭を表現するのです。曲線とかも書けます。

curves

少々詰めが甘いのはご容赦ただくとして、動画撮影してみましたので御覧ください(暗がりなので画質は良くないですがご了承ください)

IMG_9910

なんちゃってVJをやってみた

最後にプロジェクションマッピングと演奏をリアルタイムで合わせてみることにしました。マッピングするのはこれ

IK Multimediaの「iRig KEYS PRO」

IMG_9934

このMIDIキーボードのボディーにsurface(出力先)を設定します。

iRIGKP

またしても合わせ込みは「地味で地道な作業」なのですがこれが結構楽しかったりするのです。

次にGrandVJ2のシンセモードで鍵盤に動画を割り振ります。

screenshot_330

これで「iRig KEYS PRO」の鍵盤を弾くと、動画がそれぞれのSurfaceに投影されるのです。ここでは5つのSurfaceを使っています。

iRIGKP2

GrandVJ2と同時に、Spectrasonicsのフラッグシップ・シンセサイザー「Omnisphere」をパソコンに立ち上げて「iRig KEYS PRO」で弾いてみましたので動画をごらんください・・・演奏というほどのものではありませんがまあイメージということでご笑納いただければ幸いです。

動画の激しいフラッシュ点滅にご注意ください

いかがでしょう?やってる本人が一番楽しいのかもしれませんが、さらに色々なものに投影したり、複数の動画を切り替えつコントロールしてVJを演ってみたくもなりました~

プロジェクターについて

今回使用したのはミニプロジェクター(400ルーメン)でしたが、小会議室などに設置されているプロジェクターは2000~3000ルーメン程度のようです(価格は4万~10万円程度)

オリンピックなどのイベントなどで建造物に投射する際に使用されるのは「業務モデル」で、20000~40000ルーメンクラス・・・一千万円超・・というスゴイ金額になってしまいますが、投射する対象の「形状、大きさ、周囲の明るさ等々」で必要なプロジェクターの性能や台数は変わってきます。

でもアイデア次第で今回使用した数万円のミニプロジェクターでも面白いことができるのではないかと思います。

というわけで最初は難しそうだなあ、と感じたプロジェクションマッピングですが、実際に試してみると実は意外とカンタン・・・まあ今回は非常に単純なプロジェクションだったので当然かも知れませんが・・・・しかし、コレとても楽しいのでなんだかハマりそうです。

なお GrandVJ2の詳しい使い方については「ディリゲントさんのwebページ」で非常に密度の濃いセミナー記事が公開されていますのでぜひそちらも御覧ください。VJワザの勉強になると思います。

プロモーション・ヴィデオやライブ等でも大活躍しそうなこのプロジェクションマッピングですが、可能性はまだまだ未知数。アイデア次第で他にも面白いことを演出できると思うので、これからも目が離せないジャンルですね。学校にもプロジェクターは一台くらいはあると思うので、文化祭などで演ってみるというのも面白いかもしれません。

「GrandVJ」には体験版も用意されているので、みなさんも試してみてはいかがでしょうか?それでは~

「GrandVJ」デモ版のダウンロードはこちら

GrandVJ主な機能

  • Windows / Macintosh両対応
  • 設定自在な外部フルスクリーン機能
  • ほぼ全ての映像フォーマットに対応
  • Quicktime、Mpeg2、Mpeg4、Mkv、Vob、Windows Media、Flash(ActionScript3対応)
  • 映像素材のインポートやハードディスク内の素材管理が簡単
  • シンセモードとミキサモードの2つのインターフェース
  • カスタマイズ可能なパネルレイアウト
  • アサイン可能な50種類のエフェクト
  • MIDIアサイン可能
  • OSCプロトコル対応
  • CoreAudio / ASIOの入出力に対応
  • VST / Rewire 対応
  • 音声トラック付きファイルも利用可能

【関連記事】ArKaos プロジェクションマッピング/ VJソフトウェア「GrandVJ2 XT」 発表!

最近のプロジェクションマッピングは進んでますね・・まるで魔法です

補足:「VideoMapper」が付属していない以前のGrandVJシリーズのユーザーの場合は、それだけでは「プロジェクションマッピング」は行うことができないので注意してください。この辺りは少々複雑なのでディリゲントさんのページを参照ください。

000

 


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

こちらの書籍もオススメです!

9784401639892

シンコーミュージックエンタテイメント / 分かる!できる!プロジェクション・マッピング

お問い合せの際は「【デジランド】を見た」とお伝えいただければ幸いです。

link_shop

「djvj」タグの関連記事

↑ページトップ