Steinberg WaveLab Pro 9.5 登場!強力なオーディオ修復機能を搭載した波形編集・マスタリングソフト

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Steinberg ( スタインバーグ )がオーディオ編集&マスタリングの定番ソフトの最新バージョン「WaveLab Pro 9.5」「WaveLab Elements 9.5」を発売します。

WaveLab Pro 9.5は、マスタリングや編集の精度とワークフローを一段と高める様々な新機能を満載。マスタリングスタジオやサウンドクリエイター、音楽制作やポストプロダクション用DAW ユーザーといった必携のツールとなっています。

WaveLab」とは?

オーディオ編集、マスタリング、レストレーション(整音 / 修復 / ノイズ除去)といった機能を持つソフトウエアで、放送業界などでも使用されるSteinberg社のオーディオ統合ツールです。

新機能

スペクトラムエディター (Pro / Elements)

カスタム表示、カラープリセット、心理音響スケールなど充実した表示設定を装備

スペクトラム表示/編集機能が、ver.9.5 では一段と進化。周波数帯域分布を時間軸ごとに表示するスペクトログラムが改良され、視認性、操作性、表示速度が大きく向上。カスタマイズ可能なビュー、プリセット付きカラースキーム、心理音響スケールなど、目的の周波数帯域を素早く見つけて編集することができます。

ウェーブレット表示 (Pro)

オーディオファイルが含む音楽要素をより正確に表示します

オーディオファイルに含まれる音楽的なピッチの変動を解析し、音楽的要素をより正確に視覚化できるウェーブレット表示を新搭載。ウェーブレットはすべての周波数帯域からエネルギー分布を表示可能。スペクトログラムと同様ウェーブレットもカスタマイズ、プリセットの保存も可能です。

最先端のスペクトルエディター (Pro)

スペクトログラム表示において、さらに高度な編集を可能にする新しいツールセットが搭載

範囲を自由な形で選択できる「なげなわ」、選択箇所を描ける「ブラシ」、周囲の同様のレベルを持ったスペクトラム内容を自動分析して選択できる「自動選択」など、多くの選択ツールオプションが追加。

自動選択ツールでは選択箇所の基音に対する1つまたは複数の高調波倍音域を選択することも可能。またスペクトログラムにテキストや画像などのウォーターマークを追加する機能や、ファインチューン機能なども完備。

オーディオ修復 (Pro)

ノイズなど部分的に欠損のあるオーディオ素材を、該当箇所周囲のスペクトラル情報を用いて補完する技術を搭載

音源に含まれる不要なノイズを高いレベルで的確かつ簡単に除去し、またドロップアウト等で欠落してしまった部分を、周辺のスペクトラム情報の解析によって論理的に再現できる「Audio Inpainting(オーディオ・インペインティング) 」機能を搭載。

ライブスペクトログラム (Pro)

録音 / 再生中のオーディオにおけるスペクトラル情報をリアルタイムに表示

オーディオファイルの再生中にリアルタイムで周波数スペクトラムの遷移を表示可能。リアルタイムプラグインエフェクトを適用した場合は、エフェクトによる影響をスペクトログラムで即座に視認することができます。リアルタイム処理を行う際にファイルの全周波数帯域を効率良く確認することが可能で、録音中のオーディオの周波数成分のモニタリングにも役立ちます。

エラー修正機能の再設定 (Pro)

クリックやエラーなどの検出 / 修復をより素早く実現

「エラー修正」ツールセットに搭載されていたエラー修正機能を「修正」タブに変更。オーディオ修復アルゴリズムを搭載し、効果的なエラー除去が可能。

配布可能な「DDPプレーヤー」インストーラーを収録

マスタリングエンジニアにとって、DDPファイルをクライアントに聴いてもらう方法は常に悩みのタネでした。しかしこのDDPプレーヤーはライセンス無しで動作し、配布も可能という仕様。したがってDDPプレーヤーもクライアントに渡すことで、マスターCDのDDPイメージをチェックしてもらえるので、安心してCDプレス工場へ送ることができるようになりました。

DDP(Disc Description Protocol)ファイルとは?

記録媒体に依存しないCDマスタ用のファイル・フォーマット。1988 年に米国 DCA 社(Doug Carson & Associates, Inc.)が光ディスク・プレス業界向けの規格として開発したものであり,オープン・ライセンスとして提供されている。過去にはDAW同士間でDDPファイルの互換性上の問題が生じる場合もあったが、現在では社団法日本レコード協会により「DDPファイル互換性ガイドライン」が制定されている。

ノイズ除去プラグインスイート「RestoreRig」 (Pro / Elements)

DeClicker/DePopper/DeCrackler、DeNoiser、DeBuzzer を統合

Sonnox 製レストレーション(整音)用プラグイン3種に変わり、 Steinberg オリジナルのプラグインスイート「RestoreRig」を新搭載。ゲイン、レベル、スペクトロメーターにより正確かつ柔軟性に富んだ整音が可能。不要なノイズをリアルタイムに検出し取り除くことができます。それぞれのモジュールは独立したノイズリスニングモードを搭載。除去されるノイズ成分だけをモニターすることも可能。

強化されたプラグイン

MasterRig (Pro / Elements:一部機能)

Limiter モジュールの Maximizer に Modern モードアルゴリズムと Mixノブを追加。Equalizer モジュールの最初と最後の EQ バンドに 6 dB/oct と 96 dB/octのカットスロープ、また各バンドに独立したリニアフェーズモードを追加。

Tube Compressor (Pro / Elements)

温かみあるサウンドの Tube Compressor がデザイン一新。Character ノブは低域の基音を飽和させずに高調波倍音を加え、サウンドの輪郭と輝きを増すことができます。

Vintage Compressor mkIII (Pro / Elements)

アナログ感を増した GUI 。新たな Mix ノブは、コンプレッサー適用 / 非適用のシグナルバランスをコントロールできます。これにより1つのパラメーターでパラレルコンプレッションを得ることが可能。

Apple Touch Bar 対応 (Pro / Elements)

Apple MacBook に搭載される Touch Bar に対応。Touch Bar にさまざまなツールや動作を割り当て、指先でスピードアクセスすることが可能。

改良点 (Pro / Elements:一部機能)

  • メーター: マスターセクション内のエフェクトチェーンのどの位置にも入力ポイントを指定可能
  • レンダリング: 設定をプリセットとして保存
  • クリップゲイン: エフェクトチェーンの前後どちらにも適用可能。ダイナミクスやサチュレーション系エフェクトをクリップにより効果的に適用
  • メタノーマライザー: クリップエフェクトの前後どちらでもクリップゲインを解析可能。これによりラウドネスノーマライズをクリップエフェクトによるゲイン変更前に適用可能
  • マスターセクションのバイパス: 再生処理セクションをバイパスしない設定に。ルームの音場補正プラグイン使用時に有用
  • キューシートの読み込み: 44.1 kHz に限らずすべてのサンプリングレートに対応
  • マウスとカーソル位置のオフセットタイムを情報ラインに表示

追加機能 (Pro / Elements:一部機能)

  • マスターセクションプリセットの自動保存: レンダリングオプション
  • フォルダ名の変数指定: 保存メニューと命名スキープに追加
  • ギャップレス MP3 対応: 元の PCM ファイルの長さに適応した MP3ファイルの作成。たとえばオーディオループを MP3 フォーマットで作成する際などに有用
  • MP3 VBR ヘッダー対応: インデックスヘッダーを含めることが可能
  • 規制音生成: インタビューで収録された放送禁止用語にかぶせる、などの用途
  • メタデータ読み込みと再マッピング: iXML トラック名対応
  • 有効なヘッダーを持たないraw ファイルの読み込み時にサンプリングレートを再解釈して付加する一括処理オプション
  • 新しいスクリプト機能
  • オーディオファイル比較機能の強化
  • (Mac) レンダリング時に得書な文字を削除してネーミング
  • キーボードショートカットの追加
  • 高解像度 DPI 対応

動作環境

  • OS
    • Mac:MacWindowsOS X 10.11 / macOS Sierra (10.12)
    • Windows:Windows 7 / 8.1 / 10 (すべて 64ビット版のみ)
  • CPU:64ビット Intel / AMD マルチコアプロセッサー
  • RAM:4 GB 以上
  • ディスク容量:4 GB 以上
  • ディスプレイ解像度:1024 x 768 以上 – フルカラー
  • USB 端子:USB-eLicenser (コピープロテクトキー) 接続用
    • WaveLab Elements には USB-eLicenser は不要
  • OS 対応オーディオデバイス (ASIO 対応デバイス推奨)
  • インターネット環境
    • インストール、ライセンスアクティベーション、ユーザー登録等* インストール時にアプリケーションや関連データ等のダウンロードが必要です
    • 高速ブロードバンドインターネット環境を推奨いたします

発売日

近日公開

販売価格

WaveLab Pro 9.5(WAVELAB PRO 9/R)

(税抜)¥58,000 (税込 ¥62,640)
JANコード:4513744070810


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

WaveLab Elements 9.5(WAVELAB ELEMENTS 9/R)

(税抜)¥10,000 (税込 ¥10,800)
JANコード:4513744070834


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

※「WaveLab Pro/Elements 9.5」のインストーラーはダウンロードとなります。

※「WaveLab Pro/Elements 9」を10月24日以降にアクティベートされた場合は、無償にて「WaveLab Pro 9.5 / WaveLab Elements 9.5」にアップデート可能です。

※「WaveLab Pro / WaveLab / WaveLab Elements」を2017年9月27日以降にアクティベートされた場合は、無償にて 「WaveLab Pro 9.5 / WaveLab Elements 9.5」にアップデート可能です。

詳しくはこちら⇒WaveLab Pro 9.5 / WaveLab Elements 9.5 アップデートガイド

機能比較詳細(○=搭載、△=制限付き搭載)

全般
WaveLab Pro 9.5 WaveLab Elements 9.5
最大サンプリングレート 384 kHz 96 kHz
内部処理 32 ビット浮動小数点 32 ビット浮動小数点
最大オーディオトラック数 < 1000 3
マスターセクションスロット 12 5
クリップあたりのエフェクト数 10 2
リアルタイム VST 3 エフェクトプラグイン 41 18
高解像度ディスプレイ対応
Apple Touch Bar 対応
オーディオモンタージュワークスペース: 複数のオーディオファイルを並べてのアルバムマスタリング機能
オーディオレストレーション(整音)機能
オーディオファイルワークスペース: サンプル単位でのオーディオ編集 / 解析機能
トランスポートパネル
録音機能
モニター機能(メーターフリーズ含む)
一括処理ワークスペース(自動命名可能)
Mid/Side モニター / 編集 / 処理機能
RF64 対応(ファイル容量無制限)
Watch フォルダー: ドラッグ&ドロップによる自動オフライン処理
オーディオ解析
3D スペクトラム解析
スペクトロスコープ / オシロスコープ / レベルメーター
スペクトログラム表示
オーディオの全般解析
EBU 準拠ラウドネスメーター
オフラインラウドネス解析
ウェーブレット表示
ライブスペクトログラムメーター
スペクトロメーター / ビットメーター / フェーズスコープ / ウェーブスコープ
オーディオ解析ツール
コントロールウインドウ: 必要な解析ツールを一つのウインドウにまとめて表示
エンコーダーチェッカー
レストレーション(整音)
RestoreRig プラグインスイート
スペクトラムエディター
エラー訂正機能: オーディオファイル内のエラーを解析 / 修正
フォーマット / 書き出し
メタデータ対応 RIFF, ID3, BWAF, CART, iXML, AXML |  RIFF, ID3, BWAF, CART
WAV, BWF, SDII, MP3, RIFF, WMA を含む多くのフォーマットへの対応
AAC エンコーダー(AAC-HD, AAC-HE を含む)
Steinberg DAW とのファイル交換機能
CD オーディオ書き込みエンジン
DDP フォーマット対応
処理
オフライン処理の数 25 16
統合リアルタイムリサンプラー
標準ディザリング
規制音生成
タイムストレッチ / ピッチ修正
エフェクトセクション(クリップ / トラック / マスターエフェクト)
iZotope MBIT+™ マスターディザリング
EBU 準拠ラウドネス処理
パン / ラウドネスノーマライザー
一括処理 – オーディオミキサー
一括処理 – 次の処理のタイミング調整
スペクトラムエディター
オーディオ修復
ワークフロー
シングルウィンドウユーザーインターフェース
エフェクトチェーン表示: シングルウィンドウでのプラグイン管理
ウィンドウドッキングシステム
スタートアップダイアログ
オーディオファイルブラウザ
16 ビット浮動小数点高解像度波形ズーム
編集時の自動再生
ポッドキャスト機能
マーカー機能
ショートカット / リモートコントロール対応
スピーカーマネージメントシステム: 最大8種類のスピーカー構成切り替え
スーパークリップ: 複数のクリップをグループ管理
自動分割 / カスタムクリップ書き出し / 再生中の選択などプロ用編集機能
マルチフォーマットレンダリング
5.1 サラウンドレンダリング
マルチレンダリング(自動命名含む)
プロジェクトマネージャー
拡張メニュー
ファイル比較
タイムコード表示
クリッププラグインセンドオートメーション
シグナル / DTMF ジェネレーター

「波形編集」タグの関連記事

↑ページトップ